2018年03月16日

つまようじを素材に建築物の模型をつくる「ようじアート」。展示場「ようじアート館」で見学可能

 皆さん、「ようじアート」ってご存知ですか? 私は初めて知りました。

 八王子市上川町水野文男さん(66)の趣味は、つまようじを素材に建築物の模型などを作ること。50年間、多いものは1作品に8万本を費やし、精密な作品をつくられています。

 その貴重な作品は、西東京バス・戸沢バス停近くの水野文男さんの自宅併設の展示場「ようじアート館」に陳列しており、見学することができるそうです。

 八王子には本当にいろいろな才能のある方がいらっしゃいますね。ぜひ一度、訪ねてみたいです(^^)


【記事】
ようじアート コツコツ50年…八王子の水野さん
(2018年3月16日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/news/20180316-OYTNT50117.html

完成間近となった西洋のお城に手を入れる水野さん
完成間近となった西洋のお城に手を入れる水野さん.jpg

つまようじ4万本を使った大作「大坂城」(自宅併設の展示場「ようじアート館」で)
つまようじ4万本を使った大作「大坂城」(自宅併設の展示場「ようじアート館」で).jpg

数万本で「五重の塔」「大坂城」

 八王子市上川町、水野文男さん(66)の趣味は、つまようじを素材に建築物の模型などを作ること。50年間、多いものは1作品に8万本を費やし、精密な作品を残してきた。西東京バス・戸沢バス停近くの自宅庭先の自作展示場に陳列しており、「近くに来た際には見てほしい」と話している。

 水野さんが作品を初めて手がけたのは、高校1年生の夏休み。あまりにも暇だったため、マッチを使い、見よう見まねで高さ30センチほどの三重の塔を作った。思いのほか立派なものができあがり、模型づくりにはまることになった。

 子どもが小さい頃は壊される恐れがあるので一時中断したが、電機部品メーカーなどに勤務しつつ、コツコツと作り上げてきた。

 大作では、「五重の塔」(高さ1・2メートル、8万本使用)、「大坂城」(同0・9メートル、4万本使用)がある。中型のものでは「夢殿」「金閣寺」。八王子まつりの山車だしも各種並んでいる。

 娘の結婚式には3か月かけて作ったつまようじのウェディングケーキを贈った。娘夫婦が家を新築した際には新居のモデルも。

 最新作は、豪華な西洋のお城。3万本を使い、高さは1メートル。東京ディズニーランドのシンボル「シンデレラ城」を意識したもので、複雑な構造や曲線などをつまようじと木工用接着剤で絶妙に表現している。昨年9月から7か月かけてようやく完成間近になったという。

 水野さんは昨年から、使用するつまようじをネット通販で購入するようになったが、それまでの調達役は妻の光代さん(63)。製造元によって微妙に寸法や形などが違うそうで、光代さんは「どかっと買わないといけないので、スーパーの店頭にあるのをありったけ買わされるので恥ずかしかった」と振り返る。

 6年前に退職した後も、テレビを見て過ごすことなく、毎晩2、3時間は製作に没頭する水野さん。「まだ大作に挑戦しますよ」と意欲を燃やしている。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | アート・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

男子プロバスケットチーム「東京八王子トレインズ」へのB2ライセンス交付が3月14日、Bリーグ理事会で決定!

 男子プロバスケットチーム東京八王子トレインズ」へのB2ライセンス交付が2018年3月14日Bリーグ理事会で決定しました(^^)

 現在、B3リーグでトップを走る東京八王子トレインズB2ライセンスを取得したので、俄然、来季からのB2昇格が見えてきました!

 皆さん、ぜひ応援しましょう(^^) 地元にプロスポーツチームがあるっていいですね(^^)

 東京八王子トレインズでは、Twitterのフォロワーも募集しているので、ぜひご協力ください。

東京八王子トレインズTwitter https://twitter.com/hachiojitrains
※フォロワーお願いします。

東京八王子トレインズHP http://trains.co.jp/ex-info/4021/


【記事】
Bリーグのクラブライセンス、第1回判定でB1ではA東京、三遠、西宮が継続審議に
(2018年3月15日 バスケット・カウント)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00000002-basket-spo

八王子と埼玉のB2ライセンス交付が決定
八王子と埼玉のB2ライセンス交付が決定.jpg

 Bリーグは昨日の理事会終了後に会見を開き、2018-19シーズンのクラブライセンス交付の第1回判定結果を発表した。

 クラブライセンスはリーグが定めた参加資格で、B1ライセンスとB2ライセンスの2つがあり、それぞれ基準が違う。有効期間は1年限りで、つまりはすべてのクラブが毎年、この時期にライセンスの交付を受けなければ、秋に開幕する翌シーズンのリーグに参加ができない。

 昨年度からの変更点としては、B1に限り債務超過の解消が義務付けられたこと。6月決算のクラブであれば今年6月期の決算で債務超過を解消している、あるいはその見込みを立てておく必要がある。また同じくB1ライセンスではU-15ユースクラブの保有、株式会社の必須化・取締役会の設置が追加された。

 現在B1に属する18クラブ中、15クラブがB1ライセンスを交付された中で、アルバルク東京、三遠ネオフェニックス、西宮ストークスの3クラブが『アリーナの進捗の細部を確認中』との理由で来月の第2回判定に結論が持ち越されることになった。

 大河正明チェアマンはA東京について「ほぼ合格点」、三遠については「新しいアリーナの対外発表は行われているが、2月終わりに予定していた事業公募がずれ、豊橋市の動向を見たい」、西宮には「概要はある程度確認している。計画確認事項の提出の部分を詰めている最中」と説明。いずれもライセンス交付が認められない事態ではなさそうだ。

 また仙台89ERSと秋田ノーザンハピネッツ、茨城ロボッツ、広島ドラゴンフライズ、熊本ヴォルターズについてはB1ライセンスが交付された。その一方で現時点でB2中地区首位のFイーグルス名古屋、西地区首位のライジングゼファーフクオカについては継続審議。来シーズンにB1を戦うには、コート上で昇格を勝ち取るだけでなく、ライセンスの交付を受ける必要もある。

 そしてB3に目を向けると、東京八王子トレインズと埼玉ブロンコスがB2ライセンスを交付されている。昨年はクラブライセンスの関係で東京エクセレンスと鹿児島レブナイズがB3へ自動降格したため、金沢武士団と福岡が自動的にB2へと昇格したが、今年はB2・B3の入れ替え戦が行われることになりそうだ。

2018年03月14日

「医療法人社団 愛友会」が、八王子市遣水に、医療・介護・保育園の複合施設を5月オープン

 「医療法人社団 愛友会」が、八王子市鑓水医療・介護・保育園の複合施設(中濱クリニック・歯科ヴィエナ・やすらぎの森治療院・デイサービス鑓水・あいあい保育園)を2018年5月オープンさせます(^^) 

 場所は、鑓水交差点すぐ、フィットハウスさん隣です。駐車場も50台完備されています。

 八王子市鑓水といえば、東京消防庁南多摩総合防災施設ができたり、このブログでも紹介しましたが、大型商業施設がオープン予定の注目のエリア(^^)

日本商業開発が、八王子市鑓水に大型商業施設(4万5656u)と物流施設(4万5785u)を建設へ】(2018年02月12日)
http://welovehachioji.seesaa.net/article/456848558.html

 今後もどんどん発展して行きそうですね(^^)

中濱クリニック http://nakahama-clinic.com/


医療法人社団 愛友会|求人情報 タウンワーク
https://townwork.net/detail/clc_0314023045/joid_51771248/
医療法人社団 愛友会 八王子市鑓水.png
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | ニューオープン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする