2018年01月31日

ヘアサロン「ル・ジャルダン(le jardin)八王子店」2階の医療美容サロン「illumiere(イルミエール)」が毎週木曜日開店。医療美容師が、がん患者を支える

 八王子駅北口から徒歩6分。ヘアサロン「ル・ジャルダン八王子店」(八王子市横山町)。

 同店2階には、医療美容師尾熊英一氏が、がん患者等を専門とする美容室、医療美容サロンイルミエール」を毎週木曜日オープンしています。

 医療美容師とは、抗がん剤治療の影響で髪の毛が抜けてしまった人のためにウィッグのカットなどを行う民間の資格。

 イルミエールでは、がん患者が、人目を気にすることに配慮して個室にしているそうです。医療美容師という資格を初めて知りましたが、素敵な資格ですね。

「医療美容師」ル・ジャルダン尾熊英一のオフィシャルブログin 八王子
https://ameblo.jp/sicoguma777/

ル・ジャルダン(le jardin)八王子店
ル・ジャルダン(le jardin)八王子店.jpg

医療美容サロン illumiere(イルミエール)
https://www.ljd.jp/salon/salondetail106
医療美容サロン illumiere(イルミエール).jpg


【日本テレビ】
がん患者支える“医療美容師” 抱く夢は…
(2018年1月29日 19:01 「OHA!4」)
http://www.news24.jp/articles/2018/01/29/07384256.html

抗がん剤治療の影響で髪の毛が抜けてしまったがん患者をケアする“医療美容師”。一体どんな仕事なのか。取材した。

■外見変化の不安解消「精神的に楽になる」

医療美容師の尾熊英一さんがいる、東京・八王子市にある美容室を訪れた。尾熊さんは毎週木曜日だけ、店舗の2階を利用して“がん患者専門の美容室”を経営している。がん患者が、人目を気にすることに配慮して個室にしている。

そもそも、医療美容師とは、脱毛してしまった人のためにウィッグのカットなどを行う民間の資格だ。

今回、1年前から通っているというAさんに来ていただき、撮影させてもらった。まずは、10分の念入りなマッサージを行う。髪の毛が抜けると毛穴が締まり、縮れた毛などが生えやすくなるため、頭皮をほぐす。

Aさんは、2年前に子宮にがんが見つかり、抗がん剤治療を受けていた。当時、毛は抜け落ち、ウィッグを使用していたが、20年ほど通っていた美容室ではウィッグのカットができないと言われたという。似合わないウィッグをつけることが苦痛だったとき、Aさんは尾熊さんの存在を知った。

自然に見せるため、あえて不揃いにする尾熊さんのテクニック。さらに、カールをかける場合は、ポリエステル製などのウィッグだと元に戻りやすいため、熱を加えたあと、形を整えたまま冷ます。

人の目が気になっていたというAさんはこう話す。

「ショートって今までできなかった。今は、これくらいでもずっといいかな。本当にありだなと思って。見かけが変わる不安が解消することは、本当に精神的に楽になる」

木曜日にお店を訪ねてくる人は、月に13人ほど。約8割ががん患者で、時間をかけて静岡県から足を運ぶ人もいるそうだ。

■きっかけは“喜びの涙”

尾熊さんが医療美容師になるきっかけは、9年前の出来事だった。尾熊さんはこう語る。

「学生時代の先輩から連絡をもらった。家族が病気になり、美容院に行けなくなったので、家に来てウィッグのカットを頼まれた。終わった時に、涙を流して喜んでいた」

美容師として悩んでいた時期でもあり、仕事を見つめ直すことができたそうだ。


■日本中に医療美容師を

小学生の頃から尾熊さんにカットしてもらっていたという草間美里さんは、14歳のころにがんが見つかり、治療のため3年前まで通えなかった。今回、特別にこちらのサロンでカットしてもらった。草間さんはこう話す。

「(個室なので)安心して髪の毛がなくても、周りの目を気にせず美容室に来られる。自分も病気のときに知っていたら100パーセント来ていた」

今月、自分の髪で成人式にでられたことがうれしかったという。

尾熊さんは、いま抱く夢をこう語ってくれた。

「僕の夢はひとつで、日本中の美容師を医療美容師にして、社会問題を解決すること」
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | 八王子タウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

八王子市打越町出身の矢島輝一(きいち)選手が、Jリーグ「FC東京」へ入団

 このブログでは、これまで何人もの八王子市出身のJリーガーを紹介してきましたが、また新たに八王子市出身のJリーガー誕生です(^^)

 八王子市打越町出身の矢島輝一選手(22・FW)が、Jリーグ1部・FC東京へ入団することが、2018年1月13日発表されました(^^)

 矢島輝一選手は、由井第一小学校のときに「八王子CBXフットボールクラブ」所属。打越中学校入学と同時期に「FC東京」の下部チームに入団。中央大学(八王子市東中野)のエースとして活躍しました(^^)

 身長186センチの万能型ストライカーの矢島輝一選手。八王子市民の皆さん、ぜひ応援しましょう(^^)


【記事】
打越町出身矢島さん Jリーグ「FC東京」入り
万能FWとして期待
(2018年1月25日号 タウンニュース八王子版)
https://www.townnews.co.jp/0305/2018/01/25/416425.html

「まずはレギュラーを」と話す矢島さん
「まずはレギュラーを」と話す矢島さん.jpg

 打越町出身で、東中野を拠点とする中央大学学友会サッカー部に所属する矢島輝一(きいち)さん(22・FW)のJリーグ1部・FC東京への入団が13日、発表された。矢島さんは「FC東京の選手になるという、小さな頃からの夢が叶いうれしい。家族など、お世話になった方々に感謝の気持ちを伝えたい」と話している。

 186センチの長身と身体の強さを生かし、自ら得点をあげるだけでなく、相手ゴール前で攻撃の起点となり、味方のゴールをアシストするプレーも「強み」とする万能型ストライカーの矢島さん。

 昨シーズン、得点不足に泣き、18チーム中13位と低迷した「東京」で、来季の上位進出の鍵を握る存在として期待がかかる。

 現役時代は矢島さんと同じFWで日本代表だった中大の手塚聡監督は「足元のボールの使い方が優れているので、バランスを崩した状態から相手の予測不能なシュートを打ち、得点をあげることができる選手」と矢島さんを評し、新天地では1試合でも多く試合に出場し、1点でも多くゴールを決めてもらいたい、と檄を飛ばしている。

サッカーでは「負けたくない」

 根っからの負けず嫌いだ。小学校時代(由井第一小)に所属した「八王子CBXフットボールクラブ」では、その「武勇伝」が多く残る。そのひとつが卒業する6年生を送る催しでのエピソード。

 矢島さんともう1人の選手と下級生11人が対戦するゲームが行われ、矢島さんのチームが敗戦すると「2人対11人じゃ、勝てるわけないだろ」と、余興として行われたにも関わらず、悔しくて泣きながら帰宅してしまったという。「サッカーで負けるのは本当に嫌なんです。勉強とかはそう思わないんですが」

 それは、打越中学校入学と同時期に入団した「東京」の下部チームに所属してからも変わらなかった。勝ち負けを決めるためではなく、技術向上を目的に少人数で行う練習ゲームでも常に勝ちを意識し、試合の流れについていけない選手には怒りをあらわにしたことも。

 背景にあるのが、サッカーが好きという思い。3歳上の姉の友人に誘われ、5歳の時に初参加したサッカークラブの体験会の後、顔にボールを当て鼻血を出しながらも「楽しい。またやりたい」と母親に訴えた。「それについて私は覚えていないんですが。子どもの頃はサッカーか鬼ごっこか、という感じでしたね。得点を決めるのが何よりも好きでした」。それは今も続く原動力だという。

チームを「J」王座に

 目指すは「東京」をJリーグ王座に導くこと。試合終了のホイッスルをピッチの上で聞き、心から喜びたい、と話す。「プロに憧れるというよりも、FC東京の選手になりたかった」と公言するほどの”FC東京愛”をもつ。

 他チームからプロ契約の話があっても、「東京」でないのなら、同チームのジュニア育成部門で、子どもたちにサッカーを教える道を選んでいたかもと、その思いを語るほどだ。

 幼少期に生まれて初めてJリーグの試合を観戦したのが、味の素スタジアム(調布市)でのFC東京戦だった。選手と観客が一体となり、勝利を目指す姿に魅了された。「サポーターと一緒に戦う、あの瞬間を味わいたいんです」

 昨年の約1年間、大きな怪我をし、長くプレーできなかった自分を信じ、獲得に動いてくれたチームに恩返ししたいという思いも強い。そのためには、まずは身内を「倒し」、レギュラーを獲得しなければならないと包み隠さず公言する。

 「憧れの選手というのはいない。自分を信じていくだけです」

中大のエースとして活躍
矢島輝一 中大のエースとして活躍.jpg

2018年01月20日

帝京大学八王子キャンパスの「SORATIO SQUARE(6階)」のU期工事が、2017年11月完了。2018年4月利用開始へ

 以前ブログで【帝京大学八王子キャンパス新校舎棟「SORATIO SQUARE(ソラティオスクエア)」 開館記念式典が9月7日挙行】(2015年09月28日)を紹介しました(^^)
http://welovehachioji.seesaa.net/article/426772444.html

帝京大学SORATIO SQUARE(ソラティオスクエア).jpg

 2015年の新校舎棟(地上22階・地下2階)「SORATIO SQUARE(ソラティオスクエア)」T期工事完了・利用開始に続き、2017年11月「SORATIO SQUARE(6階)」のU期工事が完了しました(^^) 

 U期工事で完成した低層棟には一般教室をはじめ、食堂や1000人が収容できる大ホールアリーナが設置されています。

 これから建物内の備品の搬入などが始まり、2018年4月の利用開始。帝京大学八王子キャンパスは、どんどん立派に大きくなっていきますね(^^)


帝京大学八王子キャンパス
https://www.teikyo-u.ac.jp/hatioji_newcampus/index.html
帝京大学八王子キャンパス SORATIO SQUARE(ソラティオスクエア).jpg
posted by 銀河流星 at 07:00| Comment(0) | 学園都市 「八王子」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする