2016年10月04日

NPO法人「八王子乳がんを知る会」が10月14日、八王子市学園都市センターで講演会「乳がんの検診と治療」を開催

 NPO法人「八王子乳がんを知る会」が、2016年10月14日、八王子駅北口の八王子市学園都市センター(八王子東急スクエア12F)で講演会「乳がんの検診と治療」を開催します。入場無料。

 日本乳がん検診の受診率が欧米と比べて驚くほど低いそうです。ぜひ皆さん関心を持ちましょう。

 八王子市では、2011年度に八王子市医師会の協力のもと、がん精検対象者が医療機関で検査を受けた結果が八王子市へ戻る仕組みを構築。この取り組みの効果もあり八王子市乳がんにおける精密検査受診率は「97%」と、住民規模を含め全国トップクラスの実績だそうです。

 また八王子市は、この精度管理について国から高い評価を得ており、それを受けて子宮頸がん検診におけるHPV検査の有効性を評価する国の検査検証事業に都内の自治体で唯一参加しています。

 今後も、受診率、精密検査受診率を上げて、市民のがんによる死亡を少しでも減らしていきたいですね。


【記事】
10月14日講演会
「乳がんを知る」
(2016年9月22日号 八王子版)
http://www.townnews.co.jp/0305/2016/09/22/349391.html

NPO法人八王子乳がんを知る会.jpg

 NPO法人八王子乳がんを知る会(坂本永子代表=写真)による講演会が10月14日(金)に行われる。会場は八王子市学園都市センター(東急スクエア12F)。午後7時開演。

 講師は右田病院(暁町)・右田健診クリニック乳腺外科(本町)の鴨宣之医師。内容は「乳がんの検診と治療」について。坂本さんは「正しい知識を身に付け、自分で判断、対応できるようになれば」と来場を呼び掛ける。入場無料(先着280人)。問い合わせは坂本さん【携帯電話】090・2658・3687へ。

 坂本さんは2007年、日本の乳がん検診の受診率が欧米と比べて驚くほど低いことを知り(アメリカは80%ほど)、受診を呼び掛ける啓発活動をはじめた。活動が発展していく中で、09年にNPO化。現在は年に1回企画する専門家を招いた講演会を柱とし、地域の女性が集まる会などに足を運び知識を広めている。同会の会員は30人程度。男性も多い。


【記事A】
品質管理で死亡率減少へ
市、がん検診 独自の仕組み
(2016年9月22日号 八王子版)
http://www.townnews.co.jp/0305/2016/09/22/349387.html

市によるがん検診の案内通知(見本)
八王子市によるがん検診の案内通知.jpg

 10月は乳がん予防月間としてピンクリボン運動をはじめ全国で様々な乳がん検診の普及啓発活動が行われる。八王子市の乳がん検診受診率は20・39%。市では乳がんに限らずその後の精密検査の受診率アップにも力を入れている。担当課では「国の定めた検診を確かな品質で実施してこそ、受診率を高める意味があり、市民の死亡率減少につながります」と話している。 

 八王子市の乳がん検診の受診率は右肩上がり。2011年度の14・73%から年々上昇し15年度には20・39%になった(市の検診受診者)。市民レベルの活動やピンクリボン運動、行政の事業などが盛んになり、検診の認知度が高まったことなどが背景にあるとみられる。

 乳がん検診の結果、精密検査が必要とされる人は100人に6人程度と言われている。「大切なのは『要精密検査』とされた人が確実に検査を受けること」と、市医療保険部成人健診課は話す。

 「『精密検査が必要』と判定された場合、それは『がんの可能性がある』ということです。精密検査の結果、がんと判定される方は、およそ7人。逆に言えば、93人はがんではありません」(同課)。がんの早期発見とともに、がんでないとはっきりさせ安心するためにも精密検査を受けることが重要となる。市ではその精検受診率をあげるため、独自の取り組みを行っている。

医師会が協力

 11年度に八王子市医師会の協力のもと、がん精検対象者が医療機関で検査を受けた結果が市へ戻る仕組みを構築。結果が届かない場合は、本人へのアンケートや直接電話をすることで、受診状況を確認している。この取り組みの効果もあり市の乳がんにおける精密検査受診率は「97%」と、住民規模を含め全国トップクラスの実績という。医師会は「市と連携し、市民の健康維持・増進を図るべく、市の検診に協力する体制ができています。マンモグラフィ、肺がん検診のX線検査のフィルムは、全て検診機関で読影後、医師会に集められます。それを再度複数の専門医の目でチェックし結果判定をしています。職場等で受診機会のない方は、是非、安心して市のがん検診を受けてもらいたい」と話した。

 「目的は市民のがんによる死を減らすこと。もちろん受診率は大切ですが精度管理も重要です」(同課)。精度管理とは確かな品質でがん検診をしているかどうかの指標。「要精検率」「陽性反応的中度」「がん発見率」という国が設定した項目に対し、行政の数値が適正であるか否かで判断される。八王子市はこの精度管理について国から高い評価を得ており、それを受けて子宮頸がん検診におけるHPV検査の有効性を評価する国の検査検証事業に都内の自治体で唯一参加している。同課では「我々の役割は『要精検率』などのプロセス指標を国の許容値内に収めていくこと。結果として死亡率を減らすことができる」と話した。

対応する同課の新藤健さん.jpg
対応する同課の新藤健さん
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

八王子市が10月1日、北条氏の3兄弟の縁で、小田原市・寄居町と姉妹都市盟約を締結

 八王子市が2016年10月1日神奈川県小田原市埼玉県寄居町姉妹都市盟約を締結します(^^)

 2市1町は、戦国時代関東地方に勢力を誇った北条氏の3人の兄弟がを持っていた場所という歴史的経緯があります。

 来年、市制施行100年を迎える八王子市の次世代に向けた取り組みの一環で、市制施行記念日の10月1日に締結式を行うことになりました(^^) 

 余談ですが、ぜひNHKで「北条五代」の大河ドラマを企画・放送してはいかがでしょうか? 面白い内容になると思います。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/hojo/p09272.html

 これで、八王子市姉妹都市は、北海道苫小牧市栃木県日光市に次いで、神奈川県小田原市埼玉県寄居町が加わり4都市となりますね(^^)

八王子市の概要 http://www.city.hachioji.tokyo.jp/profile/gaiyo/


【記事】
兄弟を縁に姉妹都市へ
小田原と八王子市・寄居町
(2016年9月17日号 タウンニュース小田原版)
http://www.townnews.co.jp/0607/2016/09/17/349176.html

八王子市のいちょう祭り
八王子市のいちょう祭り.jpg

 小田原市は八王子市(東京都)・寄居町(埼玉県)と、10月1日に姉妹都市盟約を締結する。北条氏を縁に親交を深めてきた3市町が、締結を機にさらなる交流を図る。

 親子兄弟でも争う戦国時代において、氏政(小田原城)、氏照(八王子城)、氏邦(鉢形城)の北条三兄弟はともに支えあい、それぞれの地を発展させた歴史がある。この史実にあやかり、来年、市制100周年を迎える八王子市が相互のさらなる発展をめざし、姉妹都市締結を提案した。

 3市町間では、1994年の各観光協会による「北條三兄弟三領共同宣言」を受け、長年にわたって観光イベントを通じた市民交流が行われている。すでに馴染み深い間柄ということもあって話はトントン拍子で進み、10月1日の締結式を迎えるに至った。

 小田原市は9月8日、この案件を市議会へ報告。異論はなく、締結後は姉妹都市で買い物をすれば割引が受けられるなど、市民が具体的なメリットを得られる仕組みについて提案もあった。市担当者は「北条氏の歴史を実感し、郷土への誇りを感じる機会にもなれば」と期待を込める。

 締結に向けて音頭をとった八王子市は、「圏央道の開通で相互に行き来しやすくなった。スポーツイベントへの参加などを通じて交流人口を増やし、地域活性化につなげたい」と話した。

寄居町の北條まつり
寄居町の北條まつり.jpg


【記事A】
姉妹都市盟約
北条氏3都市 氏照にちなみ八王子市 兄氏政が城主、神奈川県小田原市 弟氏邦が治めた埼玉県寄居町/東京
(2016年9月13日 毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20160913/ddl/k13/010/104000c

 八王子市は12日、神奈川県小田原市と埼玉県寄居町と姉妹都市盟約を結ぶと発表した。2市1町は戦国時代に関東地方に勢力を誇った北条氏の3人の兄弟が城を持っていた場所という歴史的経緯がある。来年、市制施行100年を迎える八王子市の次世代に向けた取り組みの一環で、市制施行記念日の10月1日に締結式を行う。

 八王子市によると、戦国時代の1580年代、北条氏照が、市名の由来となった「八王子城」を築城し始めたとされる。氏照の兄が「小田原城」の城主・氏政で、弟が寄居町の「鉢形城」の城主・氏邦だった。3人は兄弟間で争わず、協力しあったとされ、三つの城の領地がその後、2市1町に発展するきっかけとなった。

 2市1町の観光協会は1994年に共同宣言も出し、北条氏にまつわる観光イベントなどで長年、市民交流が続いてきた。【野倉恵】


--------------------------------------------------

【八王子市イベント情報】
☆2016年9月29日(木)〜10月3日(月)
2016年全国大陶器市 第15回八王子値切り市
https://hachi-navi.com/event_detail/122

☆2016年10月7日(金)〜 11日(火)
2016年秋「八王子古本まつり第15回」
http://blog.hachiojiusedbookfestival.com/

☆2016年10月8日(土),9日(日),10日(月祝) 10時〜17時(会場クローズ18:00)
八王子フードフェスティバル2016 (会場:八王子保健所裏特設会場)
https://ja-jp.facebook.com/hachiojifoodfestival/

☆2016年10月23日(日)
「お十夜(じゅうや)」 於・大善寺内
http://www.hachioji-kankokyokai.or.jp/osusume/detail.php?q=osusume5243ef12b0de5

☆2016年11月5日(土)
「八王子天狗祭2016」 於・エスフォルタアリーナ八王子
http://hachiten.com/

☆2016年11月23日(水祝) 開場18:30 開演19:00
「よしもとお笑いまつりin八王子」 於・オリンパスホール八王子  
http://www.syumatsu.jp/pc/east/tokyo
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

「フードバンク八王子えがお」が、NPO法人化を目指した総会を9月11日に開催

 このブログで以前【フードバンクTAMA(八王子市中町)など今年、八王子市で、フードバンク団体が相次ぎ新設】を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/441548819.html

 フードバンクとは、企業などから寄贈された食品を、生活困窮者などに無償提供する活動で、社会のセーフティーネットの役割を果たします。

 今回は「フードバンク八王子えがお」の紹介です。フードバンク八王子えがおは、NPO法人化を目指した総会を2016年9月11日八王子駅近くのアミダステーションで開催しました。

 総会では、役員を決定しましたが、毎日新聞に紹介されたこともあって、資料が不足するほど人が集まったそうです。
 
 以前ブログでも紹介した【貧困児童のための無料学習塾「八王子つばめ塾」(八王子市元横山町)
http://welovehachioji.seesaa.net/article/440095411.html

 にもフードバンク八王子えがおの食料が届けられています。

 フードバンクの設立が相次ぐ八王子市八王子市域を超え、周辺の自治体・人を巻き込んで、支援の輪が広がっています。人に優しい街はとても魅力的です(^^)

フードバンク八王子えがお Facebook https://www.facebook.com/foodbank8smile/


【記事】
フードバンク八王子えがお
きょう総会 NPO法人化、申請へ 中高生支援、高齢者にも/東京
(2016年9月11日 毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20160911/ddl/k13/040/076000c

 豊かな食生活が送りにくい人々を地域の力で支えようと、八王子市内で活動する「フードバンク八王子えがお」が11日、NPO法人化を目指した総会を開く。これまで民間の無料塾の子供たちにパンを届けてきたが、支援の輪を高齢者などさらに広げることが目標。10月にも都にNPO法人の認可申請をする予定だ。【野倉恵】


 えがおによると、活動のきっかけは昨秋、市内の集会で、白梅学園大元教授で社会福祉を教えていた佐野英司さん(77)が子供の貧困について講演した際、「自分たちにも何かできないか」と参加者から声が上がったこと。今年3月、元教員や主婦ら約30人が任意団体「えがお」を結成した。

 さっそく、メンバーは7月までスーパーや米販売店などを回り、食品の譲り受けを頼み続けたが、調達は難航した。たとえば、古くなった米はパンや麺類の材料に転用され、提供が難しいというのだ。

 窮地を救ったのは、市内のパン製造販売店「ファリーヌ」経営者の松尾秀隆さん(60)からの冷凍パン提供の申し出だった。パンは冷凍すれば保存しやすいものが多く、解凍後もおいしく食べられるからだ。その後、経済的に厳しい家庭の中高生も多数通う市内の無料塾「八王子つばめ塾」(小宮位之(たかゆき)事務局長)の生徒に、この冷凍パンを提供することになった。

 7月から現在まで、週1度、家族分も含め計130個を2教室に届けた。「おいしい」。無添加の手作りパンは好評で、7月末の塾の合宿で昼食にも提供され、子供たちのエネルギー源になった。松尾さんは「うちのような小さな店が協力できるか心配だったが、おいしいと食べてもらえてうれしい」と話す。

「えがお」は10月からは、地元生協の協力も得て、一般家庭などからも、食品を持ち寄る催しを始める。仕事をかけもちし、子供に手をかけにくい一人親家庭や生活費を得るアルバイトで疲れ切った学生を多く見てきたという佐野さんは「生活に困った人たちに、心を寄せる人間が地域にいることを伝えたい」と期待している。

 総会は11日午後2時から、同市東町3の4のアミダステーションで開く。メンバー以外も参加可能で交流会も実施する。支援希望などの問い合わせはフードバンク八王子えがお(Eメール=f.bank8@gmail.comか佐野さん(電話080・5643・4050)。

--------------------------------------------------

【八王子市イベント情報】
☆2016年9月14日(水)じゅん散歩|テレビ朝日 午前9時55分〜10時30分
高田純次が「高尾」を散歩
http://dimora.jp/digital-program/276721-8228/2E04/?areaId=03

☆2016年9月15日(木)じゅん散歩|テレビ朝日 午前9時55分〜10時30分
高田純次が「西八王子」を散歩
http://dimora.jp/digital-program/276721-8228/2F04/?areaId=03

☆2016年9月17日(土)
越中八尾おわら風の舞 in 八王子
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/sangyo/shogyo/event/030875.html

☆2016年9月17日(土)ブラタモリ NHK総合 午後7時30分〜8時15分
#47 高尾山 〜高尾山はナンバーワンの山!?〜
https://www.nhk.or.jp/buratamori/yokoku.html

☆2016年9月29日(木)〜10月3日(月)
2016年全国大陶器市 第15回八王子値切り市
https://hachi-navi.com/event_detail/122

☆2016年10月23日(日)
「お十夜(じゅうや)」 於・大善寺内
http://www.hachioji-kankokyokai.or.jp/osusume/detail.php?q=osusume5243ef12b0de5

☆2016年11月5日(土)
「八王子天狗祭2016」 於・エスフォルタアリーナ八王子
http://hachiten.com/

☆2016年11月23日(水祝) 開場18:30 開演19:00
「よしもとお笑いまつりin八王子」 於・オリンパスホール八王子  
http://www.syumatsu.jp/pc/east/tokyo/
posted by 銀河流星 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする