2016年10月30日

八王子市出身の肥沼信次医師が縁で、八王子市とドイツ・ウリーツェン市が海外友好交流都市の協定締結へ

 以前ブログで【八王子市出身の肥沼信次(こえぬま のぶつぐ)医師とドイツのヴリーツェン市の絆が絵本に。『ヴリーツェンの風のなかで』出版】を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/427446631.html

 八王子市出身の肥沼信次医師の縁で、八王子市は、2016年11月3〜7日の日程で中村敬副市長を団長とする訪問団をドイツ・ウリーツェン市に派遣、八王子市ドイツ・ウリーツェン市海外友好交流都市の協定締結に向けた協議をはじめます(^^)

〜肥沼 信次(こえぬま のぶつぐ)医師について〜
 肥沼信次氏は、広く人類の役に立つ医学研究者を志して日本医科大学卒業後にドイツへ留学。東洋人では初めてベルリン大学の正教授資格を取得した。第二次世界大戦中もドイツに留まり、終戦後、荒廃したヴリーツェンという町で発疹チフスの治療にあたり、その後、自身も病にかかり37歳の若さでこの世を去った。
 ヴリーツェンの人々は、博士の献身的な人命救助活動を決して忘れることなく、その功績を讃え、1994年7月にはヴリーツェン市の名誉市民として「記念銘板」に刻まれ、今なお人々から敬われている。

 八王子市は、これまで中国・泰安市台湾・高雄市韓国・始興(しふん)市海外友好交流都市の協定を結んでいます。

 八王子市は、ドイツ・ウリーツェン市との海外友好交流都市の締結を2017年の市制施行百周年の記念事業と位置付け、2016年12月に市議会に諮り、2017年7月ごろに協定締結、10月の百周年式典にウリーツェン市長を招く予定だそうです。

 実現すると、八王子市にとって初めてのヨーロッパ海外友好交流都市となりますね(^^)


【記事】
八王子市、独・ウリーツェン市と友好締結へ 市出身・肥沼医師が縁
(2016年10月28日 東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201610/CK2016102802000153.html

八王子市から贈られた千羽鶴を手に、肥沼医師の墓前で行われた慰霊式に出席する人たち=今年3月、独ウリーツェン市で(八王子市提供)
八王子市、独・ウリーツェン市と友好締結へ 市出身・肥沼医師が縁.jpg

 八王子市は、十一月三〜七日の日程で中村敬副市長を団長とする訪問団をドイツ・ウリーツェン市に派遣し、海外友好交流都市の協定締結に向けた協議を始める。八王子市出身の肥沼信次(こえぬまのぶつぐ)医師(一九〇八〜四六年)が第二次世界大戦後にウリーツェンで治療に当たった縁で、これまでも交流を続けてきた。 (村松権主麿)

 ウリーツェンはドイツ北東部のベルリン近郊にあり、ポーランド国境まで約十五キロ。昨年十二月末の人口は約七千三百人。

 肥沼医師は一九三七年からベルリン大に留学し、大戦末期にウリーツェンに移った。ドイツ敗戦後、医師が極端に不足する中で感染症がまん延。肥沼医師は現地の伝染病医療センターの責任者に任命され、多くの患者を治療したが、自らも発疹チフスにかかって亡くなった。

 東西冷戦下、東ドイツにあったウリーツェンでの肥沼医師の活動は日本に伝わらなかったが、八九年の「ベルリンの壁」崩壊後、現地と日本でその功績に光が当たった。ウリーツェンは九四年に名誉市民とし、毎年三月八日の命日には市内の墓前で慰霊式を開いている。

 八王子市では昨年、市民団体「Dr.肥沼の偉業を後世に伝える会」が発足し、今年の命日に合わせて千羽鶴を作製。市を通じてウリーツェンに贈り、医師の墓前に手向けられた。その際、両市長が手紙を送り合っている。

 訪問団は、担当部長や議会関係者、ウリーツェンの高校と姉妹校となっている八王子高校教諭ら六人。協議開始を提案する石森孝志市長の親書を持参、今後の交流について意見交換する。市は、締結を来年の市制施行百周年の記念事業と位置付けており、今年十二月に市議会に諮り、来年七月ごろに協定締結、十月の百周年式典にウリーツェン市長を招く予定。石森市長は「百周年は八王子の歴史を振り返る節目。肥沼医師の活躍を多くの市民に知ってもらい、さまざまな交流を深め、ドイツ文化を味わってほしい」と話した。

 八王子市は、中国・泰安市、台湾・高雄市、韓国・始興(しふん)市と海外友好交流都市の協定を結んでいる。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

西東京最大級うたうハロウィーンイベント「はちおうじハロウィン」が、10月30日開催

 西東京最大級うたうハロウィーンイベントはちおうじハロウィン」が、2016年10月30日八王子の中心市街地で開催されます。

 皆さん、ぜひ参加してみてください。仮装して参加すると、さらに楽しそうですね(^^)

はちおうじハロウィン http://8hallo.com/


【記事】
西東京最大うたう「はちおうじハロウィン」開催へ 140店で「トリック・オア・トリート」
(2016年10月26日 八王子経済新聞)
http://hachioji.keizai.biz/headline/2176/

実行委員長の小磯さん(右)とpeco*さん(左)
はちおうじハロウィン.jpg

 八王子の中心市街地で10月30日、ハロウィーンイベント「はちおうじハロウィン」が行われる。

 昨年まで八王子駅北口で親子連れをターゲットに行われてきた「はちおうじハッピーハロウィン」と、八王子駅南口周辺の子安町地区で行われてきたハロウィーンイベント「Honey's Garden(ハニーズ・ガーデン)」を統合した今回の催し。飲食店をはじめ地元店140店が参加。京王八王子駅から八幡町までの約2キロにわたって展開し、「西東京最大級のハロウィーンイベント」をうたう。

 参加店で菓子をもらいながら街を巡る催しに加え、旅行ギフト券5万円分などが当たるスタンプラリーなどの企画を用意。横山町公園(八王子市横山町)の特設ステージでは、子どもたちを対象とした仮装コンテストや地元のダンススタジオ「舞Fam Dance Studio」などによるダンスパフォーマンスの披露などでイベントを盛り上げる。

 南口エリアでは、駅前を通る野猿街道の一部を通行止めにし、テントブースを展開。飛び入り参加もできる民踊流しが行われるほか、地元の商店会・八王子南口商栄会の婦人会による特製だんごや、イベントに合わせて生まれた八王子オリジナルのハイボール「88ビームハイ」なども提供される。このほか、デザイナーユニット「TRICKY(トリッキー)」(子安町1)のアトリエでは、東京造形大学メディアデザイン専攻領域の学生が手掛ける工作ワークショップを開催。

 八王子北口の駅ビル「CELEO(セレオ)八王子」や八王子駅前のショッピングセンター「八王子東急スクエア」、京王線・京王八王子駅の上に位置する「京王八王子ショッピングセンター」といった大型商業施設も参加。セレオ八王子や京王八王子ショッピングセンターでは、ハロウィーンに合わせたワークショップなどを行うほか、八王子東急スクエアでは、先着1000人にフェースペインティングのサービスを行う予定。

 昨年、「ハニーズガーデン」を手掛け、今回のイベントにも携わるイラストレーターのpeco*さんは「南口がやっと中心市街地として認められた」と笑いながら、「街の人がつくる手づくりのイベント。北口と南口が一緒になったことで、参加店舗数が増えたので、今まで行かなかったエリアに行くようになれば面白い。あっという間の8時間になるといい」と期待を込める。

 イベントの実行委員長で地元の商店有志による団体「あきんど倶楽部」の会長も務める、梅干し専門店「うめ八」(本町)の小磯道夫社長は「事故なく楽しんでもらえれば」と呼び掛ける。

 イベントの開催に合わせ、参加店などを紹介するガイドブック「ハロウィンブック」を八王子北口駅前の観光案内所「八王子インフォメーションセンター」(八王子市旭町)などで配布。ホームページからダウンロードもできる。開催時間は10時〜18時。雨天決行。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

NPO法人「八王子乳がんを知る会」が10月14日、八王子市学園都市センターで講演会「乳がんの検診と治療」を開催

 NPO法人「八王子乳がんを知る会」が、2016年10月14日、八王子駅北口の八王子市学園都市センター(八王子東急スクエア12F)で講演会「乳がんの検診と治療」を開催します。入場無料。

 日本乳がん検診の受診率が欧米と比べて驚くほど低いそうです。ぜひ皆さん関心を持ちましょう。

 八王子市では、2011年度に八王子市医師会の協力のもと、がん精検対象者が医療機関で検査を受けた結果が八王子市へ戻る仕組みを構築。この取り組みの効果もあり八王子市乳がんにおける精密検査受診率は「97%」と、住民規模を含め全国トップクラスの実績だそうです。

 また八王子市は、この精度管理について国から高い評価を得ており、それを受けて子宮頸がん検診におけるHPV検査の有効性を評価する国の検査検証事業に都内の自治体で唯一参加しています。

 今後も、受診率、精密検査受診率を上げて、市民のがんによる死亡を少しでも減らしていきたいですね。


【記事】
10月14日講演会
「乳がんを知る」
(2016年9月22日号 八王子版)
http://www.townnews.co.jp/0305/2016/09/22/349391.html

NPO法人八王子乳がんを知る会.jpg

 NPO法人八王子乳がんを知る会(坂本永子代表=写真)による講演会が10月14日(金)に行われる。会場は八王子市学園都市センター(東急スクエア12F)。午後7時開演。

 講師は右田病院(暁町)・右田健診クリニック乳腺外科(本町)の鴨宣之医師。内容は「乳がんの検診と治療」について。坂本さんは「正しい知識を身に付け、自分で判断、対応できるようになれば」と来場を呼び掛ける。入場無料(先着280人)。問い合わせは坂本さん【携帯電話】090・2658・3687へ。

 坂本さんは2007年、日本の乳がん検診の受診率が欧米と比べて驚くほど低いことを知り(アメリカは80%ほど)、受診を呼び掛ける啓発活動をはじめた。活動が発展していく中で、09年にNPO化。現在は年に1回企画する専門家を招いた講演会を柱とし、地域の女性が集まる会などに足を運び知識を広めている。同会の会員は30人程度。男性も多い。


【記事A】
品質管理で死亡率減少へ
市、がん検診 独自の仕組み
(2016年9月22日号 八王子版)
http://www.townnews.co.jp/0305/2016/09/22/349387.html

市によるがん検診の案内通知(見本)
八王子市によるがん検診の案内通知.jpg

 10月は乳がん予防月間としてピンクリボン運動をはじめ全国で様々な乳がん検診の普及啓発活動が行われる。八王子市の乳がん検診受診率は20・39%。市では乳がんに限らずその後の精密検査の受診率アップにも力を入れている。担当課では「国の定めた検診を確かな品質で実施してこそ、受診率を高める意味があり、市民の死亡率減少につながります」と話している。 

 八王子市の乳がん検診の受診率は右肩上がり。2011年度の14・73%から年々上昇し15年度には20・39%になった(市の検診受診者)。市民レベルの活動やピンクリボン運動、行政の事業などが盛んになり、検診の認知度が高まったことなどが背景にあるとみられる。

 乳がん検診の結果、精密検査が必要とされる人は100人に6人程度と言われている。「大切なのは『要精密検査』とされた人が確実に検査を受けること」と、市医療保険部成人健診課は話す。

 「『精密検査が必要』と判定された場合、それは『がんの可能性がある』ということです。精密検査の結果、がんと判定される方は、およそ7人。逆に言えば、93人はがんではありません」(同課)。がんの早期発見とともに、がんでないとはっきりさせ安心するためにも精密検査を受けることが重要となる。市ではその精検受診率をあげるため、独自の取り組みを行っている。

医師会が協力

 11年度に八王子市医師会の協力のもと、がん精検対象者が医療機関で検査を受けた結果が市へ戻る仕組みを構築。結果が届かない場合は、本人へのアンケートや直接電話をすることで、受診状況を確認している。この取り組みの効果もあり市の乳がんにおける精密検査受診率は「97%」と、住民規模を含め全国トップクラスの実績という。医師会は「市と連携し、市民の健康維持・増進を図るべく、市の検診に協力する体制ができています。マンモグラフィ、肺がん検診のX線検査のフィルムは、全て検診機関で読影後、医師会に集められます。それを再度複数の専門医の目でチェックし結果判定をしています。職場等で受診機会のない方は、是非、安心して市のがん検診を受けてもらいたい」と話した。

 「目的は市民のがんによる死を減らすこと。もちろん受診率は大切ですが精度管理も重要です」(同課)。精度管理とは確かな品質でがん検診をしているかどうかの指標。「要精検率」「陽性反応的中度」「がん発見率」という国が設定した項目に対し、行政の数値が適正であるか否かで判断される。八王子市はこの精度管理について国から高い評価を得ており、それを受けて子宮頸がん検診におけるHPV検査の有効性を評価する国の検査検証事業に都内の自治体で唯一参加している。同課では「我々の役割は『要精検率』などのプロセス指標を国の許容値内に収めていくこと。結果として死亡率を減らすことができる」と話した。

対応する同課の新藤健さん.jpg
対応する同課の新藤健さん
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする