2019年12月28日

銀河流星が独断で選ぶ、2019年の八王子3大ニュース

 いつもご訪問くださっている皆様、ありがとうございます。2019年ももうすぐ終わりです。皆様にとって、2019年はどのような年だったでしょうか。

 新しく迎える2020年が皆様にとりまして、素晴らしい年になりますように祈念いたします。

 それでは、恒例となっている銀河流星が独断で選ぶ、2019年八王子3大ニュースを振り返ってみたいと思います。

第1位
川口土地区画整理事業の着工式が12月1日開催される。2,500人規模の雇用創出も】(2019年12月07日)
http://welovehachioji.seesaa.net/article/472042220.html

 今年の第1位は、川口土地区画整理事業が本格着工したことです。流通・産業拠点をつくる大規模事業となっており、雇用、税収の面からも八王子市に大きな貢献をしてくれます。

 特に八王子市北西部の発展の起爆剤として期待できる一大事業です。

関連ブログに下記もあります。
ついに川口土地区画整理事業(172・3 ha)が着工へ。工事期間は2019年3月14日〜2022年11月30日】(2019年12月07日)
http://welovehachioji.seesaa.net/article/472042220.html


第2位
「八王子市長房地区まちづくりプロジェクト」(敷地面積3・1ha)に、ホームセンター「カインズ」参画へ。2021 年4 月末オープン】(2019年10月07日)
http://welovehachioji.seesaa.net/article/470673529.html

 第2位は、八王子市長房町に大型商業施設ができるニュースです。核テナントは食品スーパーのスーパーアルプスとホームセンターのカインズです。すでに着工しています。

 特にカインズの出店は、私が個人的に望んでいたことだったので嬉しかったです。八王子市初出店となります(^^)
 
これに関連して下記にも紹介があります。
大型商業複合施設「八王子市長房地区まちづくりプロジェクト」(八王子市長房町)が、12月着工へ】(2019年09月23日)
http://welovehachioji.seesaa.net/article/470426642.html


第3位
ダイエーが、「イオンフードスタイル八王子店」を、ダイエー八王子店跡地に再出店。3月28日オープン】(2019年04月08日)
http://welovehachioji.seesaa.net/article/465034621.html

 第3位は、「イオンフードスタイル八王子店」の開業です。

 ダイエーが、イオンフードスタイル八王子店として再出店し、中心市街地の活性化にも役立っています。近隣住民は、より便利になりましたね(^^)

これに関連して下記にも紹介があります。
ダイエー八王子店跡地(八王子市横山町)に、「AEON FOOD STYLE by daiei 八王子店」が、2019年3月下旬オープン】(2019年01月20日)
http://welovehachioji.seesaa.net/archives/20190120-1.html


 以上が、銀河流星が独断で選ぶ、2019年の八王子3大ニュースでした。こうして振り返ってみると今年も、商業・産業とバランスの良い発展を遂げた八王子市の1年だったように思います。 

皆様、良いお年をお迎えください!
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | 八王子ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

2019年12月14日、本ブログ「WE LOVE HACHIOJI 八王子ナビ」の1日のアクセス数が、過去最大の43,843アクセスに

 2019年12月14日、本ブログ「WE LOVE HACHIOJI 八王子ナビ」の1日アクセス数が、過去最大の43,843アクセスに達しました(^^) ご訪問者の皆様に感謝申しあげます。

 これまで1日アクセス数で最大だったのは、2015年12月6日に記録した13,996アクセスでしたので、一挙に3.1倍に伸びました。今後ともよろしくお願いいたします。


43,843アクセス(撮影:銀河流星)
アクセス数.JPG
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | 八王子ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

Jタウンネットの【東京の「24区目」にふさわしい街はどこ?】で、八王子市が第3位に!

 Jタウンネットの面白いアンケート調査がありました。【東京の「24区目」にふさわしい街はどこ?】で、八王子市第3位になりました!

 第1位は武蔵野市、第2位は三鷹市です。この両市は23区に隣接しているので「24区組」になるのわかるのですが、23区から距離が離れている八王子市第3位というのは、東京都での八王子市の存在感を感じさせますね(^^)

 実際、八王子市東京都唯一の中核市。またミシュランガイド三ツ星の観光地で年間登山者数300万人と世界一を誇る国際的な観光地「高尾山」を有し、大学数が20を超え国内屈指の学園都市であるなど、非常に特徴的な自治体となっています。

 天皇陵である「武蔵陵墓地」や、日本100名城の「八王子城址」、多摩地区唯一の花街が存在するなど、東京都の中でもかなり独自性の高い市です。八王子の全国的な知名度も、第3位に押し上げた要因かもしれませんね(^^)


【記事】
東京の「24区目」にふさわしい街はどこ? 3位八王子、2位三鷹、圧倒的1位は...
(2019年11月29日 Jタウンネット)
https://news.livedoor.com/article/detail/17451580/

東京都は、特別区23区からなる「東京都区部」と、その西側に広がる「多摩地域」、伊豆諸島と小笠原諸島からなる「島しょ部」にわけられる。

多摩地域には26の市と3つの町、1つの村があり、中には多くの人から「住みたい」と思われる、23区に引けを取らない「憧れの街」も存在する。

もしも、多摩地域の26市の中から、24番目の「区」を選ぶとしたら、どこになるだろうか。

Jタウンネットでは2019年8月6日〜11月26日にかけて、「東京24区になるなら、どの市が区にふさわしいと思う?」というテーマでアンケート調査を実施した。

投票総数は4081票。多くの読者が多摩地域最大だと認める街が明らかになった。

1位は断トツであの街
東京の「24区目」にふさわしい街はどこ?.jpg

こちらは、26市の中で比較的多くの票を集めた8市。いわば多摩地域ベスト8だ。

とはいっても、圧倒的なのは1位の武蔵野市(1295票、31.7%)。2位以下に倍以上の票差を付け、揺るぎない1位の座に輝いた。

東京都のほぼ中央にある武蔵野市は、練馬区・杉並区に隣接し、公式ウェブサイトでは「23区と多摩地区を結ぶ東京の『芯』」と表現されている。

交通の便が良いだけでなく、商業施設なども豊富で、住みたい街ランキング上位常連の「吉祥寺」を有するなど、人気の街だ。

2位の三鷹市(574票、14.1%)は、武蔵野市の南に位置し、世田谷区・杉並区に隣接している。太宰治や武者小路実篤、三木露風など著名な作家が暮らした街で、文化的雰囲気のある街並みが目指されている。

武蔵野市と三鷹市にまたがる井の頭恩賜公園や、「三鷹の森ジブリ美術館」などが有名だ。

3位の八王子市(339票、8.3%)は26市の中で人口・面積ともに最大の都市。東京都で唯一の中核市に指定されている。

わずか1票差で4位になったのは町田市(338票、8.3%)。神奈川県に食い込む形で突き出ているため、「神奈川県町田市」とネタにされることも多いが、歴とした東京の街だ。

その後に、5位調布市(329票、8.1%)、6位狛江市(297票、7.3%)、7位立川市(237票、5.8%)、8位西東京市(226票、5.5%)が続く。

いずれも23区に隣接していたり、商業施設が充実していたりする街で、予想通りの結果と言えるだろう。

200票以上を獲得したのはこの8市のみ。9位以下の結果は以下の通りだ。

東京の「24区目」にふさわしい街はどこ?1.jpg

神奈川県民の1位はもちろん...

と、全国の読者からの結果を見ていただいたが、正直この問題、東京都民以外にはあまり関係がない。

当然、地方の読者からの関心は薄く、4081票中3259票が東京都からの投票で、結果も全国ランキングとあまり変わらなかった。

東京の「24区目」にふさわしい街はどこ?2.jpg

東京以外で比較的投票数が多かったのは、東京都に隣接する神奈川県(140票)、埼玉県(64票)、千葉県(58票)。なお、同じく東京に隣接する山梨県からは9票しか集まらなかった。

特徴的だったのが、神奈川県のランキングだ。

東京の「24区目」にふさわしい街はどこ?3.jpg

そう、町田市が1位なのだ。

埼玉・千葉の結果では「1位武蔵野・2位三鷹」は不動で、町田は埼玉では1票、千葉では2票のみだった。

やはり神奈川県民は、町田に対し、並々ならぬ思いを抱いているようだ。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | 八王子ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする