2018年03月16日

つまようじを素材に建築物の模型をつくる「ようじアート」。展示場「ようじアート館」で見学可能

 皆さん、「ようじアート」ってご存知ですか? 私は初めて知りました。

 八王子市上川町水野文男さん(66)の趣味は、つまようじを素材に建築物の模型などを作ること。50年間、多いものは1作品に8万本を費やし、精密な作品をつくられています。

 その貴重な作品は、西東京バス・戸沢バス停近くの水野文男さんの自宅併設の展示場「ようじアート館」に陳列しており、見学することができるそうです。

 八王子には本当にいろいろな才能のある方がいらっしゃいますね。ぜひ一度、訪ねてみたいです(^^)


【記事】
ようじアート コツコツ50年…八王子の水野さん
(2018年3月16日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/news/20180316-OYTNT50117.html

完成間近となった西洋のお城に手を入れる水野さん
完成間近となった西洋のお城に手を入れる水野さん.jpg

つまようじ4万本を使った大作「大坂城」(自宅併設の展示場「ようじアート館」で)
つまようじ4万本を使った大作「大坂城」(自宅併設の展示場「ようじアート館」で).jpg

数万本で「五重の塔」「大坂城」

 八王子市上川町、水野文男さん(66)の趣味は、つまようじを素材に建築物の模型などを作ること。50年間、多いものは1作品に8万本を費やし、精密な作品を残してきた。西東京バス・戸沢バス停近くの自宅庭先の自作展示場に陳列しており、「近くに来た際には見てほしい」と話している。

 水野さんが作品を初めて手がけたのは、高校1年生の夏休み。あまりにも暇だったため、マッチを使い、見よう見まねで高さ30センチほどの三重の塔を作った。思いのほか立派なものができあがり、模型づくりにはまることになった。

 子どもが小さい頃は壊される恐れがあるので一時中断したが、電機部品メーカーなどに勤務しつつ、コツコツと作り上げてきた。

 大作では、「五重の塔」(高さ1・2メートル、8万本使用)、「大坂城」(同0・9メートル、4万本使用)がある。中型のものでは「夢殿」「金閣寺」。八王子まつりの山車だしも各種並んでいる。

 娘の結婚式には3か月かけて作ったつまようじのウェディングケーキを贈った。娘夫婦が家を新築した際には新居のモデルも。

 最新作は、豪華な西洋のお城。3万本を使い、高さは1メートル。東京ディズニーランドのシンボル「シンデレラ城」を意識したもので、複雑な構造や曲線などをつまようじと木工用接着剤で絶妙に表現している。昨年9月から7か月かけてようやく完成間近になったという。

 水野さんは昨年から、使用するつまようじをネット通販で購入するようになったが、それまでの調達役は妻の光代さん(63)。製造元によって微妙に寸法や形などが違うそうで、光代さんは「どかっと買わないといけないので、スーパーの店頭にあるのをありったけ買わされるので恥ずかしかった」と振り返る。

 6年前に退職した後も、テレビを見て過ごすことなく、毎晩2、3時間は製作に没頭する水野さん。「まだ大作に挑戦しますよ」と意欲を燃やしている。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | アート・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

コニカミノルタサイエンスドーム(八王子市大横町)が、7月22日、リニューアルオープン

 コニカミノルタサイエンスドーム八王子市大横町)が、2017年7月22日リニューアルオープンしました(^^)

 2016年10月から長期休館し、展示室や首都圏で最大級を誇るプラネタリウムなどの改修を行い、外構整備なども合わせた総事業費は11億4,000万円。

 1階は「遊び」の要素を採り入れた展示を導入し、未就学児も楽しめるように工夫。2階には国際宇宙ステーション(ISS)の10分の1サイズの模型を設置、船内活動などを模擬体験できる装置もあります(^^)

 ちょうど夏休みに入りましたので、保護者の皆さんは、ぜひお子さんをお連れになり、コニカミノルタサイエンスドームを楽しんでくださいね。特にプラネタリウムは必見です(^^)

コニカミノルタ サイエンスドーム(八王子市こども科学館)
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/shisetsu/003/p011705.html


【記事@】
八王子「サイエンスドーム」が改装オープン ご当地キャラ「みどリ〜」が出迎え
(2017年07月24日 八王子経済新聞)
https://hachioji.keizai.biz/headline/2353/

石森孝志八王子市長らがテープカットやくす玉を開破しリニューアルオープンを祝した
コニカミノルタサイエンスドーム.jpg

 コニカミノルタサイエンスドーム(八王子市大横町)が7月22日、リニューアルオープンした。

 1989年に開館した同館。正式名称は「八王子市こども科学館」で、2013年にコニカミノルタ(千代田区)がネーミングライツを取得し現在の愛称となった。

 今回は市制100周年を記念し、開館以来初となる大規模改修を実施。昨年10月から長期休館し展示室や首都圏で最大級を誇るプラネタリウムなどの改修を行った。外構整備なども合わせた総事業費は11億4,000万円。

 当日は、10時の開館を前に入場者が行列を作った。オープニングセレモニーでは、鑓水小学校金管バンドの子どもたちが演奏で盛り上げる中、石森孝志八王子市長や地元選出の萩生田光一衆議院議員らがテープカットやくす玉割りを行い、リニューアルオープンを祝った。会場には9月16日から行われる「全国都市緑化はちおうじフェア」のPRキャラクター「みどリ〜」も駆け付け、入場者とハイタッチするなどして出迎えた。

 入館料は、子ども=100円、大人=200円。プラネタリウム観覧料は、子ども=150円、大人=500円。入館料とプラネタリウムの観覧をセットにした料金は、子ども=200円、大人=650円。3歳以下無料。

 開館時間は、火曜〜金曜=12時〜17時、土曜・日曜・祝日と学校長期休業期間=10時〜17時。月曜休館。


【記事A】
東京)八王子の科学館 宇宙「体験」充実
(2017年7月21日 朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/CMTW1707211300002.html

内覧会でISSの模擬体験をする子どもたち=八王子市
コニカミノルタサイエンスドーム2.jpg

◆あすリニューアル
 八王子市のコニカミノルタサイエンスドーム(こども科学館)が22日のリニューアルオープンを前に20日、市内の子どもたちや報道関係者らを対象に内覧会を開いた。

 同館によると、館全体の本格的な改修は初めて。市制100周年記念事業の一つとして、約10億円をかけて改修作業を進めてきた。

 1階は「遊び」の要素を採り入れた展示を導入し、未就学児も楽しめるように工夫。2階には国際宇宙ステーション(ISS)の10分の1サイズの模型を設置、船内活動などを模擬体験できる装置も置いた。プラネタリウムも座席をより幅広くするなどした。

 内覧会に参加した市内の小学6年、鈴木瑛仁くん(11)はISSの模擬体験に挑戦した。「操作は難しかったけど、楽しかったし、ISSの模型もあってワクワクしました」
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | アート・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

八王子で作られた刀剣類の「武州下原刀展III-後藤安孝コレクション-」が、10月1日より福生市ではじまる

 武州下原刀は、下原(したはら)鍛冶と言われる現東京都八王子市内の武蔵国多摩郡恩方村横川村慈根寺村などに散在した、山本姓を名乗る一族の刀工群の人々が製作した刀剣類の通称です。

 その刀剣類の展示会「武州下原刀展III-後藤安孝コレクション-」が、2016年10月1日より福生市郷土資料室ではじまります。

 ぜひ八王子でも開催してほしい展示会ですね(^^)

下原刀(したはらとう)鍛冶発祥の地(八王子市HP)
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kyoiku/rekishibunkazai/bunkazai/shiseki/8218/008244.html
下原刀(したはらとう)鍛冶発祥の地.jpg


【記事】
〜多摩の郷土刀〜 武州下原刀展III-後藤安孝コレクション-を開催します!
(2016年9月27日 福生市役所)
https://www.atpress.ne.jp/news/112563

 東京・福生市では2016年10月1日(土)から多摩の郷土刀である「武州下原刀」の展示会を開催します。3回目を迎える今回の展示会では「武州下原刀」の研究の第一人者で、元財団法人日本美術刀剣保存協会事務局長であった故 後藤安孝氏が所蔵していた図録未発表の資料を展示します。また、開催にあたり記念講演会などの関連事業も多数設けています。

武州下原刀展IIIポスター
武州下原刀展III-後藤安孝コレクション-.jpg

■背景
 福生市ではこれまでに、平成10(1998)年に特別展示「武州下原刀展」と、平成22(2010)年に福生市制40周年記念特別展示「武州下原刀展II」を開催しました。
 福生市では武州下原刀を多数所蔵しており、平成11(1999)年に、文化庁より「赤羽刀」といわれる刀剣類を中心に、97振の譲渡を受けました。このうち約40振が「武州下原刀」です。
 譲与以来十数年にわたり、郷土資料室では「武州下原刀」の収集や調査研究、資料の公開普及を実施してまいりました。
 その過程で「武州下原刀」の研究の第一人者で元財団法人日本美術刀剣保存協会事務局長であった故 後藤安孝先生に展示資料の研究や展示図録の作成などに対し、多大なご協力、ご教授をいただいてまいりました。
 平成26(2014)年4月、後藤先生は他界されましたが、郷土資料室の「武州下原刀」に関する情報や資料の蓄積、展示の手法などは、長年にわたる後藤先生のご指導の賜物です。
 今回の特別展示では、後藤先生の業績をたたえ、先生が所蔵していた「武州下原刀」のうち、これまで図録未発表の資料を中心に展示します。

■武州下原刀とは
 下原鍛冶と言われる現東京都八王子市内の武蔵国多摩郡の恩方村、横川村、慈根寺村などに散在した、山本姓を名乗る一族の刀工群の人々が製作した刀剣類の通称です。

■武州下原刀展III-後藤安孝コレクション- 概要
◆展示期間:10月1日(土)〜11月27日(日)まで
【前期】10月1日〜30日 【後期】11月1日〜27日
※期間中、一部展示替えを行います。

◆場所
福生市郷土資料室(東京都福生市熊川850-1)
【開催期間中休館日】毎週月曜日(祝日の場合は翌日の火曜日)
【開館時間】午前10時〜午後5時まで
【入館料】無料

◆主な展示資料
・脇指   銘 武州住周重
・槍    銘 武州下原住康重
・脇指   銘 但馬守藤原國重
・十文字槍 銘 外記利長
・刀    銘 武州住照重作
・脇指   銘 武州下原住廣重
・脇指   銘 武蔵太郎安國 他

◆関連事業のお知らせ
(1)記念講演会「日本刀のみかた」
 【講師】大井岳氏(財団法人日本美術刀剣保存協会学芸員)
 【日時】11月5日(土)午後2時〜4時
 【場所】福生市立図書館2階学習室(東京都福生市熊川850-1)
 【定員】40人

(2)刀剣研磨実演会
刀剣研磨師 春藤秀樹氏による刀剣研磨の実演会を行います。
 【日時】10月20日(木)午後2時〜4時
 【場所】福生市立図書館2階会議室
 【定員】30人

(3)下原刀製作工房見学会
下原刀の現代刀工 佐藤重利氏の工房をバスで見学します。
 【日時】10月22日(土)午後1時30分〜5時
 【集合】福生市郷土資料室
 【定員】15人

※(1)・(2)・(3)ともに福生市郷土資料室までお申し込みください。
 10月7日(金)午前10時より先着順にて受付いたします。

◆アクセス
【電車でお越しの方】
JR青梅線牛浜駅下車徒歩7分です。
【自動車でお越しの方】
国道16号線から横田基地第五ゲート前交差点を曲がり、五日市街道に入ります。JR八高線の踏切を越え、最初の信号を左折します。直進し、突き当たり左側が福生市郷土資料室となります。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アート・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする