2020年01月10日

高級レストランスタジオ「デルフィオーレ八王子」に生まれ変わった旧イタリアンレストラン「ダノイ八王子」

 地中海リゾートを思わせるイタリアンレストラン「ダノイ八王子」(八王子市大谷町)が、sun studioの高級レストランスタジオデルフィオーレ八王子」に生まれ変わっていました!

 まったく知らなかったです。とても豪奢なつくりなので、「デルフィオーレ八王子」で、ぜひテレビドラマや映画などを撮影してほしいですね(^^)


sun studioの「デルフィオーレ八王子」
http://sunstudio333.com/hachioji/index.html
スタジオ「デルフィオーレ八王子」.jpg
スタジオ「デルフィオーレ八王子」1.jpg
スタジオ「デルフィオーレ八王子」2.jpg
スタジオ「デルフィオーレ八王子」3.jpg
スタジオ「デルフィオーレ八王子」4.jpg
スタジオ「デルフィオーレ八王子」5.jpg
スタジオ「デルフィオーレ八王子」6.jpg
スタジオ「デルフィオーレ八王子」7.jpg

---------------------------------------------------

※2018年10月1日より、ブログで紹介した八王子市内の町名を覚えることを推奨しています。
今回は「大谷町(オオヤマチ)」です。

紹介した町名:
「旭町(アサヒチョウ)」「東町(アズマチョウ)」「石川町(イシカワマチ)」「打越町(ウチコシマチ)」「宇津木町(ウツキマチ)」「裏高尾町(ウラタカオマチ)」「大塚(オオツカ)」「大横町(オオヨコチョウ)」「大和田町(オオワダマチ)」「小門町(オカドマチ)」「片倉町(カタクラマチ)」「上壱分方町(カミイチブカタマチ)」「上川町(カミカワマチ)」「北野町(キタノマチ)」「椚田町(クヌギダマチ)」「子安町(コヤスマチ)」「散田町(サンダマチ)」「下恩方町(シモオンガタマチ)」「新町(シンチョウ)」「千人町(センニンチョウ)」「高尾町(タカオマチ)」「館町(タテマチ)」「台町(ダイマチ)」「寺町(テラマチ)」「中町(ナカチョウ)」「中野町(ナカノマチ)」「長房町(ナガブサマチ)」「七国(ナナクニ)」「並木町(ナミキチョウ)」「楢原町(ナラハラマチ)」「狭間町(ハザママチ)」「初沢町(ハツザワマチ)」「東浅川町(ヒガシアサカワマチ)」「東中野(ヒガシナカノ)」「兵衛(ヒョウエ)」「別所(ベッショ)」「堀之内(ホリノウチ)」「本町(ホンチョウ)」「松木(マツギ)」「三崎町(ミサキチョウ)」「緑町(ミドリチョウ)」「南大沢(ミナミオオサワ)」「みなみ野(ミナミノ)」「明神町(ミョウジンチョウ)」「めじろ台店(メジロダイ)」「元八王子町(モトハチオウジマチ)」「元本郷町(モトホンゴウチョウ)」「元横山町(モトヨコヤマチョウ)」「鑓水(ヤリミズ)」「八日町(ヨウカマチ)」「横山町(ヨコヤマチョウ)」「万町(ヨロズチョウ)」
posted by 銀河流星 at 01:00| Comment(0) | アート・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

甲州街道沿いに、コレクションギャラリー「茶論DO神邊(サロンドカンベ)」(八王子市新町)が、10月オープン

 甲州街道沿いに、コレクションギャラリー茶論DO神邊サロンドカンベ)」 (八王子市新町)が、2019年10月オープンしました(^^) 観覧無料です。

 場所は「八王子駅入口東」交差点角、ビル1階は生花店。ギャラリーが増えるは文化的に良いですね。皆さん、ぜひお立ち寄りください(^^)


【記事】
神邊さん ギャラリーオープン
(2019年11月21日号 タウンニュース八王子版)
https://www.townnews.co.jp/0305/2019/11/21/506950.html

【上】ギャラリーでお気に入りの「美人画」(鏑木作)を持つ神邊さん/【下】明治時代の文芸倶楽部
コレクションギャラリー「茶論DO神邊(サロンドカンベ)」.jpg


11月は美人画

 甲州街道沿いに10月、コレクションギャラリー「茶論DO神邊(サロンドカンベ)」(新町1の8かんべビル4階)がオープンした。観覧無料。

 11月30日(土)までは物故作家シリーズ第2弾「口絵でみる【1】」として鏑木清方(かぶらききよかた)、水野年方、伊東深水の3人の師弟関係の作品およそ80点を展示している。鏑木は美人画の第一人者と知られる。

 また、明治28年に創刊された雑誌「文芸倶楽部」は第1巻から大正5年までのもの、300点も揃えている。

 展示物はギャラリーを運営する神邊一善さん((株)かんべ会長)の所有。次回(第3回)は12月13日(金)から来年1月22日(水)(年末年始休みあり)に「口絵でみる【2】」として梶田半古を中心とした作品を披露する。

 ギャラリーは「八王子駅入口東」交差点角。ビルの1階は生花店。(問)神邊さん【携帯電話】090・3472・9725

---------------------------------------------------

※2018年10月1日より、ブログで紹介した八王子市内の町名を覚えることを推奨しています。
今回は「新町(シンチョウ)」です。

紹介した町名:
「旭町(アサヒチョウ)」「東町(アズマチョウ)」「石川町(イシカワマチ)」「打越町(ウチコシマチ)」「宇津木町(ウツキマチ)」「裏高尾町(ウラタカオマチ)」「大横町(オオヨコチョウ)」「大和田町(オオワダマチ)」「小門町(オカドマチ)」「片倉町(カタクラマチ)」「上壱分方町(カミイチブカタマチ)」「上川町(カミカワマチ)」「北野町(キタノマチ)」「椚田町(クヌギダマチ)」「子安町(コヤスマチ)」「散田町(サンダマチ)」「下恩方町(シモオンガタマチ)」「千人町(センニンチョウ)」「高尾町(タカオマチ)」「館町(タテマチ)」「台町(ダイマチ)」「中町(ナカチョウ)」「中野町(ナカノマチ)」「長房町(ナガブサマチ)」「七国(ナナクニ)」「楢原町(ナラハラマチ)」「狭間町(ハザママチ)」「初沢町(ハツザワマチ)」「東浅川町(ヒガシアサカワマチ)」「東中野(ヒガシナカノ)」「兵衛(ヒョウエ)」「別所(ベッショ)」「堀之内(ホリノウチ)」「松木(マツギ)」「三崎町(ミサキチョウ)」「緑町(ミドリチョウ)」「南大沢(ミナミオオサワ)」「みなみ野(ミナミノ)」「明神町(ミョウジンチョウ)」「めじろ台店(メジロダイ)」「元八王子町(モトハチオウジマチ)」「元横山町(モトヨコヤマチョウ)」「鑓水(ヤリミズ)」「八日町(ヨウカマチ)」「横山町(ヨコヤマチョウ)」「万町(ヨロズチョウ)」
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | アート・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

アートショップ「ちいさなたね」(八王子市八日町)が、10月4日オープン。八王子市夢美術館近くに

 八王子市夢美術館近くに、アートショップちいさなたね」(八王子市八日町)が、2019年10月4日オープンしました(^^)

 同ショップは、障がい者を対象とした就労支援作業所などを手掛けるNPO法人「しあわせのたね」(みつい台1)が運営。

 八王子市夢美術館などが入るビュータワー八王子の1階に新たに展開するもので、デザイン性の高い商品を製作・販売する拠点とするそうです。

 皆さん、ぜひお立ち寄りください。

しあわせのたね
https://shiminkatudo-hachioji.org/wp/group29/npo%e6%b3%95%e4%ba%ba%e3%81%97%e3%81%82%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%81%ad/

たねカフェ https://www.facebook.com/happytanecafe/


【記事】
八王子市夢美術館近くにアートショップ クリエーターが障がい者の創作活動サポート
(2019年10月29日 八王子経済新聞)
https://hachioji.keizai.biz/headline/2875/

「ちいさなたね」の店内の様子
アートショップ「ちいさなたね」 八王子.jpg

 八王子市夢美術館近くに10月4日、アートショップ「ちいさなたね」(八王子市八日町)がオープンした。

 障がい者を対象とした就労支援作業所などを手掛けるNPO法人「しあわせのたね」(みつい台1)が運営する同ショップ。夢美術館などが入るビュータワー八王子の1階に新たに展開するもので、デザイン性の高い商品を製作・販売する拠点となることを狙う。

 作品展の開催など、さまざま事業を行っているNPO法人「AKITEN」が内装などを含めたアートディレクションを担当。アーティストなどクリエーターのサポートの下、障がいを持つ人ならではのクリエーティビティーを生かした作品をオリジナルグッズにして製作・販売するプロジェクトも進めている。

 オープンに合わせて、高尾山の植物をモチーフに障がいを持つ人たちが描いたイラストをアーティストのYORIKOさんがデザインし店の壁に飾ったほか、そのイラストを使ったクリアファイルやポーチなどのグッズも作り上げた。

 「しあわせのたね」は、カフェ「たねカフェ」(八日町)を2016(平成28年)に立ち上げており、同所は作業所利用者の就労の場所になっている。今回のショップについて、理事の比良弘之さんは「利用者の作ったものを売る場所にしたいという思いと就労に向かって前に進んでほしいという思いがあり、ここを作った」と話す。

 同店についても、作業所利用者が中心となって接客などを行うことにしており、「ここで売ることを体験させることで自立にもつながると思う」。今後はワークショップの開催なども見込んでいるほか、「素材からオリジナリティーを出したい。それをやって売れたら、うれしくなると思う。喜びを感じてもらいたい」と意気込む。

 「AKITEN」代表の及川賢一さんは、「『しあわせのたね』のコンセプトは障がいは種であって、個性であるというもの。その芽を出させて、花を咲かせる場所になればいいと思ってやっている。種のまま出しても売れてはいかないので、そこにデザインと素材というサポートが入ることで、種を育ててあげることができればいい。障がいを抱えていてもクリエーティブなことがしたい人が来てくれたら」と話し、「人が多く通るところに障がいを持った人たちが活躍できる空間を作ることでコミュニケーションが生まれ、共生する社会につながっていったらいい」と期待を込める。

 営業時間は11時〜17時。日曜・月曜定休。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | アート・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする