2018年07月03日

八王子市に建設した「月舞台」を住居兼事務所とする建築家の落合俊也氏が、日本で発展した学問分野「森林医学」を建築に応用することを提案

 2007年、八王子市に建設した「月舞台」を住居兼事務所とする建築家落合俊也氏が、日本で発展した学問分野「森林医学」を建築に応用することを提案しています。

 木材の「生きている素材」としての価値に着目した活動を展開している同氏。

 最近、多摩産の木材「多摩産材」なども最近注目されるようになりましたから、ぜひ多摩産材を利用した建築物を見てみたいですね(^^)

森林・環境建築研究所(八王子市絹ケ丘) https://www.fb-studio.jp/


【記事】
建築へ/建築家・落合俊也氏に聞く/木造建築に「森林医学」の視点
(2018年6月29日 日刊建設工業新聞)
https://www.decn.co.jp/onlineservice/News/detail/3201806291801

◇木が持つ本来の良さを生かす

 木造建築を再評価する機運が高まる中、建築家の落合俊也氏が木材の「生きている素材」としての価値に着目した活動を展開している。CLT(直交集成板)の普及促進など、現在の木材利用を「工業化の側面が大きすぎる」と指摘。木が持つ本来の良さを生かすためにも、日本で発展した学問分野「森林医学」を建築に応用することを提案している。(企画部・沼沢善一郎)

マンションではバルコニーの緑化が効果的だ
建築家・落合俊也氏1.jpg

 落合氏は、学生時代から伝統木構造や大工技能を学び、卒業後は木造建築の第一人者として知られる杉坂智男氏に師事。14年に杉坂建築事務所から独立し、設計事務所「森林・環境建築研究所」を立ち上げた。

 07年に建設した「月舞台」(東京都八王子市)は、伝統軸組み工法と高断熱高気密化の両立を目指した自身の住居兼事務所。自然乾燥させた杉材の柱や梁(はり)がむき出しになった真壁仕上げの空間に、多くの「パッシブ設計」の要素を盛り込んだ。季節や時間帯に応じて日差しの取り入れ量を調節できるよう建具を配置し、室内の温度差を利用した換気・通風、地熱を伝える土間床などを採用。無駄なエネルギーを使わずとも一年を通じて快適な環境が維持できる空間を生みだした。

 落合氏は「太陽のエネルギー(太陽光、太陽熱)を利用するだけではなく、太陽が持つリズムを利用するべきだ」と主張する。太陽の周期が生むサーカディアンリズム(概日リズム)は、自然界に作用して人間の生理現象に欠かせないとされる。そのリズムに同調するように設計された建物であれば、安眠やストレス軽減の効果が得られ、人間の健康向上に寄与できると考えた。

 そうした考えを突き詰めたのが、「建築に森林の構造を取り入れる」という発想だ。背景にはスリランカの熱帯雨林での強烈な経験があるという。

熱帯雨林ではその環境の中に建築がある
建築家・落合俊也氏2.jpg

 「熱帯雨林は五感を刺激する信号であふれている。あらゆる生物がすさまじい騒音を発しているはずなのに、それが不思議と快感だった。生物の多様性の中でリズムの同調を感じ取り、人間は心地よさを味わうのだと実感できた」

 自然界のリズムと同調するには、天然の木材が最適な材料だ。木材には、品質が一定せず施工後も変形しやすいという欠点があるが、それを工業材料として加工して覆い隠してしまえば、天然素材としてのポテンシャルは引き出せない。「木には年輪や節、凹凸があり、香りもある。それらは森の中で遺伝子を進化させた人類にとって必須のもの。視覚や触覚、嗅覚といった人体への刺激信号を損なわずに仕上げることが大切だ」と強調する。

 落合氏は建築設計に当たって、「森林共生」というコンセプトを掲げる。科学的な根拠として森林医学の知見をフル活用する。例えば、木材の木口からは良質な成分が分泌されることが分かっているため、一般的な軸組構法ではふさがってしまう木口をわざと露出させて組んでいる。

落合氏が設計を手掛けた木造住宅
建築家・落合俊也氏3.jpg

 森林医学の国際学会の理事を務め、建築物や都市計画に生かす方法も模索する。「森林医学には(予防医学的な効果が認められた)森林セラピー基地を認定するためのノウハウが蓄積されている。それを街づくりの実証などに生かせるのではないか」と思い描く。

 ここ数年、木造建築物の不燃化や大規模化の要請を受け、CLTをはじめとした集成材の利用拡大が急速に進んでいる。落合氏も木材の工業材料としての発展を歓迎はしているものの、他方で「木材の可能性を一つに絞ってしまえば、木が本来持つ生命としての機能を使わない文化になってしまう」と危機感を抱いている。木材利用のもうひとつの可能性を開くため、あくまで天然素材としての価値向上にこだわる。

 「森林共生」という考え方には、さまざまな応用可能性がある。現在は個人住宅を中心に設計を手掛けているが、都市型マンションのリフォームの相談も多い。落合氏によると、スケルトン状態であれば、バルコニーの全面緑化や天然素材による内装の木質化が比較的容易だという。リゾート地にある自然環境を「究極の観光資源」と考えれば、森林浴に近い効果を引き出すようなリゾート施設づくりも可能だとみる。

落合俊也氏
建築家・落合俊也氏4.jpg

 落合氏自身、草の根レベルでの賛同者の広がりに手応えをつかんでいる。「森林共生」への理解を広げるため、森林浴を体験してもらう一般向けイベントも頻繁に主催する。「建築をやっていると、実現できるかどうかばかりにとらわれ、理想を考えることを放棄していると感じることがある。まずは何が理想なのかに目を向けることが必要だ」と落合氏は語る。

 木材の価値に着目した「森林共生」が木造建築の新たな潮流となる可能性を秘めているといえそうだ。
posted by 銀河流星 at 23:00| Comment(0) | アート・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

八王子市出身の航空写真家「ルーク・オザワ」氏の個展「ルーク・オザワ 写真展 JETLINER ZERO GLORIOUS−神業−」が、4月13日〜5月26日まで

 八王子市出身の航空写真家「ルーク・オザワ」氏の個展「ルーク・オザワ 写真展 JETLINER ZERO GLORIOUSGLORIOUS−神業−」が、2018年4月13日〜5月26日まで、キヤノンギャラリーS(東京都港区港南2)で開催されます(^^)

 入場無料。午前10時〜午後5時半で日曜・祝日は休館。問い合わせは電話03・6719・9021。

 とても美しい写真です。最近4〜5年のものを中心に過去10年の作品約150点が展示されるそうなので、興味のある方は、ぜひ足をお運びください(^^)

ルーク・オザワ http://luke-ozawa.jp/


【記事】
<航空写真家>ルーク・オザワ氏が個展 神がかった色や光を
(2018年4月8日 毎日新聞)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00000014-mai-soci

ルーク・オザワ 写真展 JETLINER ZERO GLORIOUS−神業−より=ルーク・オザワ氏撮影
ルーク・オザワ 写真展 JETLINER ZERO GLORIOUS−神業−より.jpg

 航空写真家のルーク・オザワさん(59)が、13日からキヤノンギャラリーS(東京都港区港南2)で、「ルーク・オザワ 写真展 JETLINER ZERO GLORIOUS−神業−」を開催する。5月26日まで。ルークさんが、空港など航空関連の施設以外で個展を行うのは初めて。最近4〜5年のものを中心に過去10年の作品約150点を展示する。【米田堅持】

 ルークさんは、東京都八王子市出身。中学生だった1973年、羽田空港(東京都大田区)から北海道・函館へ向かうときに初めて乗った飛行機が空に舞い上がった瞬間、飛行機の魅力にとりつかれた。「機内から見た景色が地図と一緒だった」と、今も当時の感動を鮮明に覚えている。それ以来、コンパクトカメラを手に羽田空港へ通い、飛行機を撮影し続けた。コンパクトカメラには望遠レンズはなく、離陸する飛行機は小さいため、もっぱら、駐機している飛行機が被写体だったが、目の前に来たジャンボジェット機が大きすぎてフレームに入りきらないこともあった。

 大学生になると、アルバイトをして一眼レフと標準と望遠のズームレンズを買い、羽田空港近くの京浜島などへ行くようになった。「当時はインターネットもないので、飛行機を撮影するために参考となる情報が少なかった」と振り返る。それでも、誰かと群れて撮るのではなく、1人で自分なりの写真を撮ることが多かったという。そんな中で人生の転機となる1枚はその後の作品の方向性を決定づけるものにもなった。「夕方の成田で、西の空が黄色くなったところに着陸するジャンボ機を撮った。十何時間もかけて異国の地から飛んできた姿に旅情を感じた」と語る。

 大学卒業後は、大手宅配業者に入社し、1日に100件以上の顧客を回る日々が続いた。卒業後に親しくなったプロカメラマンのつてで、長崎にコンコルドが飛来する姿を撮影することができた。当時は、説明的な写真でないと買い手がつかず、旅情や風景を取り入れた航空写真への需要が少なかった時代。それでも「自分ならではの表現で飛行機を撮りたい」「航空写真家になりたい」という思いは抑えきれず、91年に周囲の反対を押し切って、フリーの写真家として独立した。

 独立後は、1カ月ほどハワイへ行って撮影した風景写真を出版社に売り込んで歩き、旅行雑誌に掲載されるようになった。「頂いた仕事で、海外に行くようになり、基礎を作ることができた。その合間に作品を撮り続けた」という。飛行機に関連する取材であれば、他の写真家が「割に合わない」と断るような仕事もこなした。そんな中で、92年秋からANA(全日本空輸)の社内報の仕事をするようになり、1日に行われた入社式の記念撮影も担当した。98年からはANAのカレンダーも手がけて多方面から評価され、航空写真家として不動の評価を受けるようになった。

 写真展にはカレンダーで使われた作品や、航空会社がわかる写真は少ない。「空や雲の表情、神がかった色や光、同じ場所で二度と撮れない写真をセレクトした」と意気込みを見せる。「日本らしさや季節感、こんな飛行機写真もあるんだということを感じてほしい」とアピールする。入場無料。午前10時〜午後5時半で日曜・祝日は休館。問い合わせは電話03・6719・9021。
posted by 銀河流星 at 01:00| Comment(0) | アート・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

つまようじを素材に建築物の模型をつくる「ようじアート」。展示場「ようじアート館」で見学可能

 皆さん、「ようじアート」ってご存知ですか? 私は初めて知りました。

 八王子市上川町水野文男さん(66)の趣味は、つまようじを素材に建築物の模型などを作ること。50年間、多いものは1作品に8万本を費やし、精密な作品をつくられています。

 その貴重な作品は、西東京バス・戸沢バス停近くの水野文男さんの自宅併設の展示場「ようじアート館」に陳列しており、見学することができるそうです。

 八王子には本当にいろいろな才能のある方がいらっしゃいますね。ぜひ一度、訪ねてみたいです(^^)


【記事】
ようじアート コツコツ50年…八王子の水野さん
(2018年3月16日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/news/20180316-OYTNT50117.html

完成間近となった西洋のお城に手を入れる水野さん
完成間近となった西洋のお城に手を入れる水野さん.jpg

つまようじ4万本を使った大作「大坂城」(自宅併設の展示場「ようじアート館」で)
つまようじ4万本を使った大作「大坂城」(自宅併設の展示場「ようじアート館」で).jpg

数万本で「五重の塔」「大坂城」

 八王子市上川町、水野文男さん(66)の趣味は、つまようじを素材に建築物の模型などを作ること。50年間、多いものは1作品に8万本を費やし、精密な作品を残してきた。西東京バス・戸沢バス停近くの自宅庭先の自作展示場に陳列しており、「近くに来た際には見てほしい」と話している。

 水野さんが作品を初めて手がけたのは、高校1年生の夏休み。あまりにも暇だったため、マッチを使い、見よう見まねで高さ30センチほどの三重の塔を作った。思いのほか立派なものができあがり、模型づくりにはまることになった。

 子どもが小さい頃は壊される恐れがあるので一時中断したが、電機部品メーカーなどに勤務しつつ、コツコツと作り上げてきた。

 大作では、「五重の塔」(高さ1・2メートル、8万本使用)、「大坂城」(同0・9メートル、4万本使用)がある。中型のものでは「夢殿」「金閣寺」。八王子まつりの山車だしも各種並んでいる。

 娘の結婚式には3か月かけて作ったつまようじのウェディングケーキを贈った。娘夫婦が家を新築した際には新居のモデルも。

 最新作は、豪華な西洋のお城。3万本を使い、高さは1メートル。東京ディズニーランドのシンボル「シンデレラ城」を意識したもので、複雑な構造や曲線などをつまようじと木工用接着剤で絶妙に表現している。昨年9月から7か月かけてようやく完成間近になったという。

 水野さんは昨年から、使用するつまようじをネット通販で購入するようになったが、それまでの調達役は妻の光代さん(63)。製造元によって微妙に寸法や形などが違うそうで、光代さんは「どかっと買わないといけないので、スーパーの店頭にあるのをありったけ買わされるので恥ずかしかった」と振り返る。

 6年前に退職した後も、テレビを見て過ごすことなく、毎晩2、3時間は製作に没頭する水野さん。「まだ大作に挑戦しますよ」と意欲を燃やしている。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | アート・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする