2016年12月20日

圏央道茨城県区間が2017年2月26日、全線開通。東名高速・中央道・関越道・東北道・常磐道・東関東道が、圏央道で結ばれる

 圏央道茨城県区間2017年2月26日、全線開通することになりました(^^) 今回の開通により東名高速・中央道・関越道・東北道・常磐道・東関東道の6つの道路が、圏央道で接続されます。

 これまで八王子は、圏央道により、東名高速・中央道・関越道・東北道まで繋がっていました。新たに常磐道・東関東道が接続します(^^)

 ますます便利になることで、八王子から関東各地の観光地へのアクセス向上や、反対に関東各地から高尾山に代表される八王子への観光客増加、また八王子への企業進出なども促進されると思います。

 八王子市内にある圏央道のインターは、高尾山インター八王子西インターの二つ。圏央道八王子にとって、未来を広げるとても重要な道路と言えますね(^^)


【記事】
圏央道茨城県区間が全線開通…外環道は対距離制料金へ移行 2017年2月26日
(2016年12日20日 レスポンス)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000035-rps-bus_all

圏央道 茨城県区間の全体図
圏央道 茨城県区間の全体図.jpg

 NEXCO東日本は、圏央道 茨城県区間の工事が進み、2017年2月26日に全線開通すると発表した。

 開通するのは境古河IC(茨城県猿島郡境町)〜つくば中央IC(茨城県つくば市)の28.5km。車線数は暫定2車線で、区間内の坂東ICと常総ICもあわせて開通。今回の開通により、東名高速、中央道、関越道、東北道、常磐道、東関東道の6つの放射道路が圏央道に接続。関東各地の観光地へのアクセス向上や、沿線大型物流施設の生産性向上が期待される。

 なお、圏央道 茨城県区間の全線開通に伴い、東京外環自動車道(大泉IC・JCT〜三郷南IC)を2017年2月26日より、他の首都圏高速道路同様、対距離制料金へ移行する。当面の間は、下限料金(270円)及び上限料金(750円)を設定し、また、大泉JCT〜川口JCT、川口JCT〜三郷JCTの料金は現行の510円に据え置く。《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

2016年12月02日

圏央道・八王子西インターチェンジが、12月24日(土)15時よりフル化。関越道方面も出入り可能に

 圏央道八王子西インターチェンジが、2016年12月24日(土)15時、これまでの「ハーフIC」から「フルIC」になります(^^)

 今まで中央道方面しか出入りできなかったですが、新たに関越道方面でも出入りができるようになります(^^)

 以前ブログで【大規模流通・産業拠点となる「川口土地区画整理事業」の業務代行予定者が、大和ハウス工業・フジタ企業連合に決定
http://welovehachioji.seesaa.net/article/441649889.html

 を紹介しましたが、八王子西ICの「フル化」で開発に拍車がかかりそうですね(^^)

 一方、八王子市のホームページでは、開通に先立ち、2016年12月18日(日)に「開通直前イベント」を告知してます。開通後は決して歩くことができない高速道路ランプ(乗り口)の上を歩くことが出来ます。

 皆さん、ぜひご参加ください(^^) 八王子、どんどん便利になっていきますね(^^)

八王子市ホームページ
圏央道八王子西インターチェンジ関越道方面開通
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/seisaku/machidukuri/39130/50332/039131.html


【記事@】
圏央道八王子西IC/関越道方面出入口、12月24日開通
(2016年11月22日 LNEWS)
http://lnews.jp/2016/11/i112211.html

 中日本高速道路(NEXCO中日本)と八王子市は11月22日、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)八王子西ICの関越道方面出入口工事が完成し、12月24日午後3時から利用できると発表した。

<詳細図>
圏央道八王子西IC/関越道方面出入口、12月24日開通1.jpg

<広域図>
圏央道八王子西IC/関越道方面出入口、12月24日開通2.jpg

 開通により期待できる効果として、高速道路ネットワークとの連携強化により、広域的な移動の利便性が向上するため、IC周辺の産業活動がより活性化することが期待される。

 関越道方面の開通により、IC間距離が短縮され、更に八王子西部地域からの埼玉方面への利用可能圏域が拡大し、交通の利便性が向上する。

 八王子市と圏央道沿線の姉妹都市・中核市の相互応援体制の強化や、病院施設との連携が可能となり、救援物資等の搬入出路として地域の防災機能が更に向上する。


【記事A】
圏央道・八王子西ICが12月にフルIC化 関越道方面も出入り可能に
(2016年11月24日 乗りものニュース編集部)
http://trafficnews.jp/post/60402/

 圏央道・八王子西ICの関越道方面出入口が完成する運びになり、使用開始日が決定しました。ただし関越道方面への入口は、既設の中央道方面出入口とは異なる位置に設けられるため、注意が必要です。

現在利用できる出入りは中央道方面のみ

 八王子市とNEXCO中日本は2016年11月22日(火)、圏央道・八王子西IC(東京都八王子市)の関越道方面出入口が12月24日(土)15時から使用できるようになると発表しました。

圏央道・八王子西ICの位置(画像出典:NEXCO中日本).jpg
圏央道・八王子西ICの位置(画像出典:NEXCO中日本)。

 八王子西ICは現在、中央道方面しか出入りができない「ハーフIC」ですが、新たに関越道方面でも出入りができる「フルIC」に変わります。ただし関越道方面への入口は、既設の中央道方面出入口とは異なる位置に設けられるため、注意が必要です。

 通行料金は、普通車の場合、圏央道の境古河IC(茨城県境町)まで2800円、関越道の前橋IC(群馬県前橋市、高崎市)まで3070円、東北道の宇都宮IC(栃木県宇都宮市)まで4320円です。

2016年09月09日

大規模流通・産業拠点となる「川口土地区画整理事業」の業務代行予定者が、大和ハウス工業・フジタ企業連合に決定

 以前ブログで【川口土地区画整理事業(八王子西IC周辺)の物流拠点整備に企業が強い関心、企業立地勉強会に90社が参加の熱気】を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/398938418.html

 2016年8月29日、石森孝志八王子市長が定例会見で、「川口土地区画整理事業」の業務代行予定者が、大和ハウス工業・フジタ企業連合に決まったことを明らかにしました(^^)

 川口土地区画整理事業は、多摩地域の物流が東京23区に依存している非効率な状況を解消し、30年以内に70%の確率で起こると言われている首都圏直下型地震で、東京の都心部(埋立地である沿岸部の物流拠点)が打撃を受けた際の「物流の担保」、災害・防災面のバックアップ機能を備えた物流拠点となります。

 それゆえ、ある種の国家的な事業だと、認識しています。

 同区画整理事業は、圏央道の整備効果を生かした都内初の大規模流通・産業拠点であり、対象地は、圏央道八王子西インターチェンジ(IC)に近い川口町、上川町、美山町と西寺方町にまたがる約172.3haの広大な土地。

 ただし流通業務用地は、地区の南西部側29.2haだけとし、その他は、公園(93.6ha)、公園管理施設用地(3.2ha)などの公共施設として確保、また緑地も保全します。

 対象地172.3haのうち約70%もが、公園・緑地として整備・保存され、非常に自然環境に配慮した開発となります。

 同事業は、企業の関心も高く、また八王子市内でも開発が遅れていた市北西部経済の起爆剤としても期待されています。

 市北西部は、交通が不便で、目立った産業もなく、老齢化と人口減少が進んでいます。このまま推移していくと数十年後にはバスも通らない限界集落となっていく危険性もありましたが、同事業により今後、企業進出と人口増加が見込まれ、地域活性化が大いに期待できます。
 
 事業後は、八王子西インターチェンジのフル機能化とともに、大型店舗などの出店も可能となるでしょう。利便性が大きく向上することは間違いありません。

 2018年度、造成工事に着手し、工事期間は約45カ月。2021年度の完成を目指します。ぜひ早期実現してほしいですね(^^)


【記事】
大和ハウス・フジタに決定/17年度組合設立目指す/川口区画整理業務代行予定者
(2016年8月30日 建設通信新聞)
http://www.kensetsunews.com/?p=71556

八王子市の石森孝志市長.jpg

 川口土地区画整理組合設立準備会(東京都八王子市、会長・中山恒夫同市まちづくり公社理事長)が進めている、同区画整理事業の業務代行予定者が大和ハウス工業・フジタ企業連合に決まったことが明らかになった。同準備会は都市計画案と環境影響評価(アセス)準備書をまとめた。八王子市の石森孝志市長は、29日の定例会見で「業務代行予定者が決まり、一歩前進した」と述べるとともに、「物流関連企業の誘致に向けて、周辺の環境整備を進めていくことが重要」とし、市としても早期完成に向けて積極的に支援する考えを示した。

 都市計画案と環境アセス準備書は、9月1日に市の広報を通じて公表する。両手続きは5日に公告し、10月5日まで縦覧する。説明会も開き、19日まで意見書を求める。2017年度の都市計画決定と、組合設立を目指す。造成工事は、18年度に着手し、工事期間は約45カ月。21年度の完成を目指す。

 同区画整理事業は、自然に配慮しながら、圏央道の整備効果を生かした都内初の大規模流通・産業拠点の基盤を整備する。対象地は、圏央道の八王子西インターチェンジ(IC)に近い川口町、上川町、美山町と西寺方町にまたがる約172.3ha。このうち、約140haは同市まちづくり公社が所有している。

 流通業務用地は、地区の南西部側29.2haに計画し、広域物流センター、地域配送センター、倉庫や流通加工機能を持つ物流施設などの立地を想定している。調整池(1.5ha)を始め、公園(93.6ha)、公園管理施設用地(3.2ha)などの公共施設も確保する。雨水排水は調整池に集積後、放流する。汚水排水は公共下水道に接続する。

 物流拠点の交通量を処理するため、計画地南側の都市計画道路3・3・74号左入美山線(北西部幹線道路)と北側の主要地方道61号山田宮の前線を接続し、北西から南東へ縦断する区画道路1号(幅16m)と都道山田宮の前線のバイパスとして区画道路2号(幅10−16.25m)を配置する。道路面積は2.8ha。

 工事は、計画地の南西側斜面に、流通業務用地、法面、道路、調整池を造成する。北側は、公園・緑地として保全し、管理棟の新築や散策路などを整備する。切土・盛土工事は、切土量と盛土量を計画地内でバランスさせる計画だ。


【記事A】
18年度に造成着手/切土盛土各300万m3 ドーム2.5杯分/川口土地区画整理
(2016年9月8日 建設通信新聞)
http://www.kensetsunews.com/?p=71953

八王子 川口土地区画整理事業1.jpg
八王子 川口土地区画整理事業2.jpg

 川口土地区画整理組合設立準備会(東京都八王子市、会長・中山恒夫同市まちづくり公社理事長)が計画している、同区画整理事業の工事概要や施工スケジュールなどが明らかになった。流通・産業拠点の基盤整備で想定している切土量・盛土量は、各約300万m3。東京ドーム2.5杯分に相当、都内でも有数の大規模造成プロジェクトになる。2017年度から準備工事に入り、18年度から造成工事に着手する予定だ。19年度から3段階に分けて施工・供用し、21年度の全体供用開始を目指している。

 同事業は、地域経済の振興や首都圏物流の効率化を目的に、自然環境に配慮しながら首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の整備効果を生かした流通・産業拠点の基盤を整備する。

 計画地は、圏央道の八王子西インターチェンジ(IC)に近接する八王子市川口町、上川町、美山町と西寺方町の各一部にまたがる山林を中心とした約172.3ha。

 組合設立準備会は、都市計画案と環境影響評価(アセス)準備書をまとめ、5日に公表するなど、同手続きに入った。17年度の都市計画決定と、組合設立を目指す。業務代行予定者は、大和ハウス工業・フジタ企業連合。

 土地利用は、天合峰に続く主尾根を境に、南側地区は「流通業務ゾーン」(産業業務複合地区)とし、南側に流通業務用地を始め法面、道路、調整池などを整備する。北側地区は「自然環境保全ゾーン」(公園緑地地区)で、公園・緑地として保全するとともに、管理棟、散策路などを新築、整備する。

 法面緑化を加えた45.9haのうち、流通業務用地は29.2ha。これを、0.4haから最大10haの計10区画に整備する。また、公共施設として、流通業務用地を北西から南東へ縦断する幅16m、全長約1480mの区画道路1号を整備し、計画地北側の主要地方道61号山田宮の前線と南側の都市計画道路3・3・74号左入美山線(北西部幹線道路)に接続する。区画道路2号(幅10−16.25m、長さ約260m)も整備する。調節池は、4カ所合わせて面積1万5559u、容量4万5245m3を計画している。

 計画地の一部が土砂災害特別警戒区域に指定されているため、必要な対策工事を実施する。
 切土量・盛土量は、それぞれ約299万8000m3。切土・盛土工事は、造成地盤高を調整することによって、切土量と盛土量を計画地内でバランスさせる。

 工事予定は、17年9月から準備工に入り、伐採工、仮設道路工を進める。地盤改良、防災工などの造成工事を18年4月から着手する。19年度には主要地方道61号山田宮の前線との接続工事と「区画1」(0.4ha)、20年度に「同2」(10ha)の完成・供用開始を予定。

 21年度には、道路工事と「同3」から「同10」(8区画計18.8ha)を始め、公園管理施設の完成・供用開始など全体完成・供用開始を目指す。工期は約45カ月を予定している。


【記事B】
首都圏Look at/東京・多摩地域/物流拠点づくりが進行中
(2016年11月21日 日刊建設工業新聞)
https://www.decn.co.jp/onlineservice/News/detail/3201611210402

八王子 川口土地区画整理事業.jpg

◇地域活性化の起爆剤に

 東京の都心から半径40〜60キロの位置を環状に取り巻く首都圏中央連絡自動車道(圏央道)。整備が進展するのに合わせて、沿線地域では大型物流拠点を整備する動きが活発化している。先行する北関東エリアに続き、東京・多摩地域でも物流施設を核とした開発事業が目立ってきた。低迷する地域経済を活性化させる起爆剤として期待が高まっている。

 圏央道の東京都内区間にある八王子西インターチェンジ(IC、八王子市)、青梅IC(青梅市)、日の出IC(あきる野市)付近では、土地区画整理事業によって物流拠点を創出する計画が進んでいる。

 八王子西IC周辺で事業を検討している「川口土地区画整理組合設立準備会」(会長・中山恒夫八王子市まちづくり公社理事長)は、施行予定区域172・3ヘクタールのうち29・2ヘクタールを物流拠点の整備用地に充てる。都市計画公園(93・6ヘクタール)や緑地(25・3ヘクタール)も整備し、自然環境に配慮した開発事業に取り組む。基盤整備と上物開発を担う業務代行予定者には大和ハウス工業・フジタJVを選定済み。17年12月の都市計画決定を目指している。

 石森孝志八王子市長は「物流企業の立地が進むことで街の活性化につながる。(物流拠点)周辺の環境整備を進めていくことも重要だ」と強調。事業の早期具体化に向けて積極的に支援する方針を掲げる。

 青梅IC北側の約49ヘクタールの敷地で、物流機能を核とした商業・工業などの複合型開発事業を検討しているのは「今井土地区画整理組合設立準備会」(高橋正行会長)。事業協力者には鹿島を選定している。早期の組合設立に向け、市や関係機関などと協力しながら、農業振興地域・農用地区域の指定解除や市街化区域への編入などの手続きを進めている。

 日の出IC付近では、あきるの市施行による「武蔵引田駅北口土地区画整理事業」(区域面積19・5ヘクタール)が行われている。4地区に分けて住宅、商業、産業、農業といった機能を導入し、「職住近接型」のバランスの取れた街づくりを目指す。区域内の約3ヘクタールの敷地には物流施設を配置したい考え。施設を整備・運営する民間事業者を来年度に募集する。周辺では、9月に閉鎖した富士通の「あきる野テクノロジセンター」跡地(12・2ヘクタール)を大和ハウス工業が取得し、物流施設を整備する計画も進んでいる。

 圏央道開通による多摩地域での物資流通量の増加を見据え、東京都都市整備局は08年5月に「東京都西南部の流通業務施設に関する整備方針」をまとめた。多摩地域には物流施設が少ないため、都区部や近隣他県に依存している流通機能を向上させる必要があると指摘。都区部で中継している広域物流機能の一部を多摩地域に移せば、配送距離の短縮によるコストダウンや二酸化炭素の排出削減、一般道の貨物車両の減少に伴う渋滞緩和といった効果が見込めるとしている。

 多摩地域は、大企業の工場が相次ぎ撤退するなどして地域経済の活力低下も懸念されている。人口の高齢化も急速に進む。地域と経済の再生に向け、物流拠点を核とした新たな市街地整備の動きが一段と加速しそうだ。