2019年08月16日

石井忠明氏の『ポチとター坊と焼夷弾 八王子空襲体験記』が8月15日発行。市内各書店で購入も

 八王子市内在住の石井忠明氏が、戦争について自身の体験をもとに小説仕立てのドキュメンタリーを書き上げました。

 『ポチとター坊と焼夷弾 八王子空襲体験記』が2019年8月15日清水工房(八王子市追分町)から発刊、市内各書店でも購入購入できます。

 著者の石井忠明氏自身が、八王子空襲を体験されています。平和を考えるきっかに一読いかがですか。

ポチとター坊と焼夷弾 八王子空襲体験記(清水工房)
https://www.simizukobo.com/news/1808
ポチとター坊と焼夷弾 八王子空襲体験記(清水工房).jpg


【記事】
石井さん 空襲体験 きょう発刊
父伝言 「みんなに知らせて」
(2019年8月15日号 タウンニュース八王子版)
https://www.townnews.co.jp/0305/2019/08/15/493191.html

書き終えたばかりの原稿を前に話す石井さん
ポチとター坊と焼夷弾 八王子空襲体験記.jpg

 市内在住の石井忠明さん(81)が戦争について自身の体験をもとに小説仕立てのドキュメンタリーを書き上げた。タイトルは「ポチとター坊と焼夷弾 八王子空襲体験記」。石井さんは疎開先から戻ったその夜に八王子空襲を体験した。終戦記念日のきょう、石井さんに振り返ってもらった。

「映像が浮かぶよう」

 石井さんはこれまでも郷土資料館や公共施設、小中学校で戦争体験の講演を行ってきた。今回の本は、10年ほど前に書き始めた。(株)清水工房(追分町)から出版する。

 石井さんは戦後、日本テレビで長年報道の仕事に携わっていた。清水工房で編集を担当した山崎領太郎さんは「書き方が脚本っぽい。その時の情景が映像として浮かぶよう」と評する。

帰宅した夜に

 「八王子もそろそろ危ないぞ」。そんな話が聞こえてきた6歳のとき、母親の実家がある藤野(現在の相模原市)に母と兄との3人で疎開した。石井さん(ター坊)は「自宅の小門町なら浅川でドジョウをとったり、近くの公園で遊んだりと楽しめたのに、疎開先はつまらなかった。ただ食事だけは豪勢だったね。卵も出た」と振り返る。「3日目にして兄と一緒に、母親に『帰りたい』とせがんだ」おかげで自宅に戻った。父親からは「なんで今更」と怒られた。「その夜は9時か10時くらいに一度空襲警報が出たけど解除された。そこでウトウトしていると日付が変わった頃に空襲が始まった」

10m先で

 外に出ると八王子駅の方角は真っ赤に燃え上がっていた。あわてて桑畑に逃げ込んだ。「機銃掃射もあって、10メートルくらいの距離に別の家族が身を伏せていて、母親が子どもを抱えて座ったまま亡くなった」。壮絶な夜を乗り越えたが、この時、愛犬ポチのことを忘れていた。「最初の警報のときはリヤカーに積んだのに。もっときちんと父親に『ポチは乗せだ?』と確認すればよかった…」。今でも後悔している。

父の言葉

 「戦後、父親から何度も『大きくなったら、みんなに知らせるように』と言われてきた。それが形にできる」と石井さん。

 書籍は8月15日発行予定。A5判420ページ。定価1200円(税別)。市内各書店でも販売される。また、市内の小中高、大学に寄贈される予定。

1945年の家族写真=石井さん提供。一番右手前が石井さん。左端の女性が抱えているのがポチ
ポチとター坊と焼夷弾 八王子空襲体験記2.jpg
posted by 銀河流星 at 23:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

ロックカフェ「アルカディア」のマスター・高木純さんが【ロックカフェという生き方「アルカディア」の40年】を5月1日発売

 西八王子の老舗ロックカフェ「arcadia(アルカディア)」(八王子市千人町)のマスター・高木純さんが、【ロックカフェという生き方「アルカディア」の40年】を、2019年5月1日発売しました(^^)

 清水工房(八王子市追分町)の出版事業部門「揺籃(ようらん)社」から刊行された同書。ロックファンの方はぜひご購入ください(^^)

アルカディア http://www.arcadia-cafe.jp/

清水工房 https://www.simizukobo.com/news/1616
ロックカフェという生き方「アルカディア」の40年.jpg


【記事】
老舗ロックカフェ「アルカディア」マスターが新刊 開店40周年で
(2019年5月17日 八王子経済新聞)
https://hachioji.keizai.biz/headline/2773/

開店40周年を記念し本をまとめた高木さん
開店40周年を記念し本をまとめた高木さん.jpg

 西八王子の老舗ロックカフェ「arcadia(アルカディア)」(八王子市千人町3)のマスター・高木純さんによる書籍「ロックカフェという生き方 『アルカディア』の40年」が5月1日、発売された。

 フリーペーパー「はちとぴ」などを発行している清水工房(追分町)の出版事業部門「揺籃(ようらん)社」から刊行された同書。同店は1978(昭和53)年、八王子市千人町で開店。2008年には旧織物工場を改装した現在の店舗に移転した。

 「ロックカフェ」をうたい数千枚のレコードと音響機器を取りそろえるほか数多くのミュージシャンがライブを開催。カフェレストランとロックバーのそれぞれ役割を持つ。昨年、開店40周年を迎えたことを受け、高木さんが店を通じて感じたことや思いなどをまとめようと出版を計画。資金はクラウドファンディングで集め、目標の100万円を超える支援が集まったという。

 高木さんの自分史や開店から現在に至る店の話題だけでなく、ロックに関わるカルチャーなども紹介。ロックバンド「はちみつぱい」のベーシストで、高円寺にロック喫茶「ムーヴィン」を立ち上げたことでも知られる和田博巳さんとの対談や店のレコードコレクションの中から高木さん自らが選んだ100選を紹介するコーナーなど、さまざまな内容をまとめた。

 当初、出版については「考えてもいなかったが、『本を作りましょうよ』と提案してくれた人がいて面白いと思った。40年、それなりにいろいろと考えてやってきた」と高木さん。クラウドファンディングには店の常連やこれまで店で働いてきた人の友人などさまざまな人が協力。「お金を持って店に来てくれた人もいた」とも。

 原稿は1年半ほど前から少しずつ書きためてきたという。「5章仕立てというのは早い段階から決まっていた」。中でも、レコード100選については「どんどん出てきてしまって、100で収まらなかった。落とすのが大変で、絞り込んで120くらいになった」と高木さん。「メジャーなものばかりに注目が集まってしまうと多様性が出ない」とビートルズなどの著名作品はあえて紹介しなかったが、「クイーンは映画がはやったので急きょ入れた」と笑う。

 本が完成し「感動した」と高木さん。「昔は親に内緒で聴くのがロック。それは親からの自立も意味していて、店はメディアだった。どこまで伝えられたかは分からないが、70年代初頭のロックの自由な雰囲気と自由な場所でいろいろなことが起きて、仲間ができ連帯していったところを感じてもらえれば」と話す。

 A5版、184ページ。価格は2,000円(税別)。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

JR東日本の「エキナカ書店大賞」を受賞した山本幸久氏(元横山町出身)の小説『店長がいっぱい』(光文社文庫)

 昨年、JR東日本の関連会社などが企画する「エキナカ書店大賞」を受賞した小説『店長がいっぱい』(光文社文庫)の著者で、八王子市元横山町出身の山本幸久氏。

 株式会社くまざわ書店(八王子市八日町)の専務取締役の熊沢宏氏と小中学校時代の同級生だそうです。ぜひJR八王子駅北口のくまざわ書店でサイン会を開いてもらいたいですね(^^)

光文社 https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334775384
店長がいっぱい(光文社文庫).jpg


【記事@】
昨年、JR東日本の関連会社などが主催する「エキナカ書店大賞」を受賞した
山本 幸久さん  元横山町出身 52歳

(2019年3月7日号 タウンニュース八王子版)
https://www.townnews.co.jp/0305/2019/03/07/472331.html

「エキナカ書店大賞」受賞 山本幸久.jpg

「物語」蓄積し面白さ生む

 ○…受賞作では、外食チェーンの店長たちがそれぞれの人生と正面から向き合う姿を描いた。人間臭く不器用、でも愛される人たち。そんな持ち味とも言えるキャラクターを登場させ評価を受けたことに「やっぱり嬉しいですね。売上にも貢献できたようですし」。同じように見えても、中身はそれぞれ違うんだよ。そんなメッセージを込めたのだという。

 ○…元横山町出身。友だちと遊ぶよりも漫画を読んだり描いたりする方を選ぶ、そんな子だった。「物語を考えるのが好きなんですよ。だから当時も百ページぐらい漫画を描いても飽きることはなかったですね」。そんな才能が生きたのが前職である漫画雑誌の編集者時代。どうすれば読者から面白がられるのか――。蓄積した「物語」が売れる漫画づくりに役立った。「妻に言われ書き始めた小説でもそれが生きていますね」

 ○…「場所」をイメージしてから作品づくりにあたることが多いという。今回の受賞作も同じ。場所は札幌。最寄り駅から徒歩20分のところなどと想定し、自分ならどんな毎日をおくるのか。想像する間に、キャラクターが「ひとりでに」動いていくのだという。「だからネタが尽きることがないんです。主人公は基本、みんな僕自身なんです」。自称せっかち。それが人間臭さを出している。

 ○…八王子を舞台に、昭和から平成に生きた3世代の家族の物語を書きたいと考えている。先日、父親の法事のために戻った実家で初めて知った母親の若い頃。「女優の試験を諦めたことなど、そんなことがあったんだなあって」。だから祖先を振り返ってみたくなった、と。描く物語には無理に「仕掛け」はつくらないと話す。「だって人って”そのまま”でも十分に面白いんですよ」


【記事A】
「いつかサイン会を」
(2019年3月7日号 タウンニュース八王子版)
https://www.townnews.co.jp/0305/2019/03/07/472330.html

くまざわ書店 熊沢宏.jpg

 JR東日本の関連会社などが企画する「エキナカ書店大賞」を受賞した、小説「店長がいっぱい」(光文社文庫)の著者で元横山町出身の山本幸久さん=人物風土記で紹介=を「応援したい」と話すのが、株式会社くまざわ書店(八日町)の専務取締役を務める熊沢宏さん=写真。

 実は、熊沢さんと山本さんは小中学校時代の同級生で「いつか、うちの書店でサイン会を開いてもらいたいね」と熊沢さんはメッセージを送っている。
posted by 銀河流星 at 00:01| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする