2014年10月27日

八王子インター北「イオンモール」工事の進捗状況を報告(2014年10月27日現在)

 以前、このブログで【八王子インター北のイオン工事(2013年4月12日〜)を見学】を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/360945184.html

 このときは、、2013年5月12日の工事状況をお伝えしましたが、2014年10月27日現在の八王子インター北「イオンモール」工事の進捗状況は、以前の景色を思い出せないくらいに変わっていました。

 パワーシャベルがフル稼働し、急ピッチで工事が進められています。予定では2015年2月に造成工事が完了し、2015年3月より建物着工、2016年3月にイオンモールのオープンとなりますわーい(嬉しい顔)

 工事も順調に進んでいるので、イオンモールのオープンが楽しみですねわーい(嬉しい顔)

八王子インター北「イオンモール」工事(撮影:銀河流星)
Dゲート(※北西部幹線道路の一部となる道もつくっています)
八王子インター北「イオンモール」1.jpg
八王子インター北「イオンモール」2.jpg
八王子インター北「イオンモール」3.jpg
八王子インター北「イオンモール」4.jpg

Cゲート
八王子インター北「イオンモール」5.jpg
八王子インター北「イオンモール」6.jpg
八王子インター北「イオンモール」7.jpg
八王子インター北「イオンモール」8.jpg

【続報ブログ】
2015年1月18日現在、八王子インター北に建設される「イオンモール」の工事状況
http://welovehachioji.seesaa.net/article/412888234.html

2014年07月08日

イオンモールが当初計画より規模拡大! 総延べ床面積は約18・3万u、商業棟は延べ9万2800uの巨大ショッピングセンターが八王子に誕生!

 以前、【イオンモール(千葉市美浜区)が、八王子インター北に17万uの複合施設。オープンは2016年3月】を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/381821273.html

 その中央道八王子インター北にできるイオンモールですが、当初計画より規模拡大し、総延べ床面積は約18・3万u(当初計画は約17万u)、商業棟は延べ9万2800u(当初計画は約8万6100u)の巨大ショッピングセンターになります。驚きましたexclamation×2

 これによって多摩地区のみならず、東京都で一番大きなショッピングセンターが誕生するのではないでしょうか。どんなテナントが入るのか楽しみですねわーい(嬉しい顔)

 この「八王子インター北SC建設事業」には、更なる驚きがあるのではないかと予感していますがどうでしょうか? 期待してみますわーい(嬉しい顔)

【記事@】
イオンモール/八王子インター北SC(東京都八王子市)計画概要/15年春着工
(2014年7月3日 日刊建設工業新聞)
http://www.decn.co.jp/?p=14675

東京都八王子市で計画している八王子インター北SC建設事業
イオンモール八王子.jpg

 イオンモールは、東京都八王子市で計画している大型商業施設「八王子インター北SC建設事業」の概要をまとめた。商業棟と別棟など3棟で構成し、総延べ床面積は約18・3万平方メートル。15年春に着工し、16年春の完成を目指す。

 建設地は、組合施行による「八王子インター北土地区画整理事業」(約15・4ヘクタール)が行われている地区の一部(八王子市左入町と滝山町1の1、敷地面積9万4300平方メートル)。敷地を南北の街区に分け、北街区に店舗や映画館、アミューズメント施設などが入る商業棟(5階建て延べ9万2800平方メートル)、南街区にサービス施設などが入る別棟(平屋約1200平方メートル)を建設する。

 このほか約3500台を収容する駐車場も整備する。設計者は非公表。区画整理は鹿島の施工で造成工事が進み、15年2月に完了する予定。


【記事A】2014/7/23追記
三井物産・三井不「大手町一丁目2地区開発」/環境影響審に7月24日諮問
(2014年7月23日 建設通信新聞)
http://www.kensetsunews.com/?p=35730

【規模は2棟35万u】
 三井物産と三井不動産が東京都千代田区で進める「大手町一丁目2地区開発事業」の事業規模が明らかになった。2万0800uの敷地に、2棟総延べ35万u規模の高層建築物を建設する。国際競争力に資する最先端の業務機能や文化・交流機能を有し、大手町の魅力的な街づくりに貢献することを目指す。

 順調に進めば2016年度にも着工し、19年度から一部供用開始する予定だ。日建設計に委託して作成した環境影響評価書案で明らかにした。

 計画地は千代田区大手町1−2。事務所、ホールなどが入るA棟は地下5階地上30階建て、事務所やホテルなどを整備するB棟は地下5階地上41階建てで、総延べ床面積は35万2000u。駐車場は地下3階に自走式、地下4階に機械式駐車場を設置、約600台分を確保する計画だ。

 事業方針として、▽大規模広場空間の整備▽地上・地下の歩行者ネットワーク強化による皇居周辺の回遊性向上▽国際競争力に資するビジネス活動を支援する社交・交流機能整備▽防災対応力の強化および環境配慮への寄与−−を挙げ、連続的・一体的な緑のネットワークの形成、歩行者ネットワークの拡充、大手町地区の地域冷暖房施設の更新などを実施する計画となっている。

 評価書案は24日に開かれる「第3回環境影響評価審議会総会」に諮問される予定だ。同日はこのほか「産業廃棄物(埋設廃棄物等)処理施設建設事業」や「(仮称)八王子インター北SC建設事業」の環境影響評価書案が諮問される予定となっている。

 シグマテックが計画する産業廃棄物(埋設廃棄物等)処理施設建設事業では、大田区城南島3−1−5のスーパーエコタウン事業用地に埋設廃棄物および汚染土壌の処理施設を建設する。敷地面積は8947u、うち5055uを建築面積に充てる。工事予定期間は15年7月から16年9月まで。同10月の供用開始を予定している。

 イオンモールが計画する(仮称)八王子インター北SC建設事業は、八王子インター北土地区画整理事業区域内(八王子市左入庁および滝山町1丁目の一部)に商業施設などを建設する。

 核店舗や専門店、シネマコンプレックス、レストランなどを整備する地上5階建て延べ床面積9万2800uの商業棟と平面駐車場と屋上駐車場からなる北街区(総延べ14万4500u)と、サービス施設などを配置する別棟と地上3階建ての立体駐車場、平面駐車場からなる南街区(総延べ3万8500u)で構成する。駐車場は全体で約3500台を確保する計画だ。15年春に着工し、16年春の供用開始を予定している。組合施行による同区画整理事業の施行区域は約15.4ha。業務代行者の鹿島が造成工事も担当している。

2013年12月03日

イオンモール(千葉市美浜区)が、八王子インター北に17万uの複合施設。オープンは2016年3月

 イオンモール千葉市美浜区)が、八王子インター北に17万uの複合施設を建設します。オープンは2016年3月わーい(嬉しい顔)

 事業計画によると、敷地の北側に店舗やシネマコンプレックス(複合映画館)、アミューズメント機能などを導入する地上5階建て延べ約8万6100uの商業棟と、延べ約4万7200uの駐車場などを配置。南側には、別棟として整備する約1100uのサービス施設と、約3万4900uの立体駐車場を整備。
 駐車場台数は平面駐車場も合わせて計3500台。店舗面積は約5万uとなっています。

 待望のシネマコンプレックス(複合映画館)が入りますねわーい(嬉しい顔) 他にどんな施設ができるのか楽しみですexclamation×2

※イオンモール続報(2014/7/8追記)
http://welovehachioji.seesaa.net/article/401175398.html#comment

【記事@】
15年3月に着工/八王子IC北区整域内17万u複合施設/イオンモール
(2013年12月3日 建設通信新聞)
http://www.kensetsunews.com/?p=22924

 イオンモール(千葉市美浜区)は、(仮称)八王子インター北SC建設事業の環境影響評価調査計画書をまとめた。東京都八王子市の八王子インター北土地区画整理事業区域内に商業施設や立体駐車場などで構成する延べ約16万9300uの複合施設を建設する。大規模小売店舗を核に、多種多様な業種形態の専門店を配置するなど、地域に新たな商業拠点を生み出す。

 工事予定期間は2015年3月から16年3月まで。16年3月のオープンを予定している。
 事業対象地は、土地区画整理事業区域内の西側の街区(八王子市左入町および滝山町1丁目の一部)にある約9万4300u。国道16号(東京環状)と国道411号(滝山街道)、都道169号(新滝山街道)、中央自動車道八王子インターチェンジ(IC)など、広域交通の要衝に立地する。

 事業計画によると、敷地の北側に店舗やシネマコンプレックス(複合映画館)、アミューズメント機能などを導入する地上5階建て延べ約8万6100uの商業棟と、延べ約4万7200uの駐車場などを配置。南側には、別棟として整備する約1100uのサービス施設と、約3万4900uの立体駐車場を整備する。

 駐車場台数は平面駐車場も合わせて計3500台。店舗面積は約5万uとなっている。
 工事では、既成コンクリート杭を地盤面からマイナス8−20mまで埋め込む。基礎の掘削深度は地盤面からマイナス1−2m程度で山留壁の設置はない。実施に当たっては粉じん、騒音・振動の防止など、各種環境保全のための措置を徹底するとしている。

 また、エネルギー計画では、省エネルギーの観点から、熱交換率の高い空調システム、再生可能エネルギー(太陽光発電など)の導入を積極的に検討していく方針だ。
 組合施行による同土地区画整理事業の施行区域は約15.4ha。業務代行者の鹿島が造成工事も担当している。工期は14年度末の予定。

【記事A】追記
イオンモール/東京都八王子市に大型SC計画/設計・施工一括発注へ
(2013年12月5日 日刊建設工業新聞)
http://www.decn.co.jp/?p=2723

 イオンモールは、15年3月から東京都八王子市で総延べ17万平方メートル規模のショッピングセンターの建設工事に着手する。設計者・施工者は未定だが、設計・施工一括での発注を予定している。16年3月の竣工を目指す。

 建設地は、組合施行による「八王子インター北土地区画整理事業」(約15・4ヘクタール)が行われている八王子市左入町と滝山町1丁目の一部で、敷地面積は9・4ヘクタール。イオンモールは敷地を北街区と南街区に分けて総延べ約16万9300平方メートル規模の3棟を建設する。

 南街区にはシネマコンプレックスや飲食店などが入る商業棟(5階建て延べ約8万6100平方メートル)、北街区には立体駐車場(3階建て延べ約3万4900平方メートル、収容数約3500台)、別棟(平屋約1100平方メートル)を建設する。区画整理は鹿島の施工で造成工事が行われ、15年2月に完了する予定。造成完了後にショッピングセンターの建設工事に着手する。

 区域内では、このほかに約2・3ヘクタール分の敷地が地権者住宅、約1ヘクタール分が公園となる予定。地権者数は27人。組合は今年1月に都から設立認可を受けた。