2018年09月13日

中央大学多摩キャンパス(八王子市東中野)に、国際経営学部国際経営学科が、2019年4月開設

 以前ブログで【中央大学が2016年度中に、キャンパスマスタープラン(将来計画)を策定へ。多摩キャンパスに新学部開設も】(2016年05月11日)を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/437756824.html

 中央大学多摩キャンパス(八王子市東中野)に、国際経営学部国際経営学科が、2019年4月開設されます(^^)

 中央大学は、一部学部(法学部)を都心のキャンパスに移転させる計画で、多摩キャンパスが少し寂しくなると思ってた方もいらしゃったかも知れません。

 しかし、多摩キャンパスの活性化のため新学部の開設で、きちんと対策してありますので心配はいりませんよ(^^)

中央大学 多摩キャンパス 国際経営学部 国際経営学科 2019年4月開設
http://www.chuo-u.ac.jp/admission/global_f/gm/
中央大学 多摩キャンパス 国際経営学部 国際経営学科.png


【記事】
【中央大学】「国際」2学部が始動 -- 2019年4月に国際経営学部、国際情報学部を開設
(2018年9月4日 大学プレスセンター)
https://www.u-presscenter.jp/2018/09/post-40003.html

 中央大学は、2015年10月に中長期事業計画「Chuo Vision 2025」を策定し、(1)学部増設による総合大学としての魅力向上、(2)二大キャンパス体制の形成、(3)グローバル化の推進、(4)スポーツ振興事業 を計画の主な柱とする、本学における今後10年間の方針を定めました。
 中長期事業計画「Chuo Vision 2025」に基づき、2019年4月、多摩キャンパス(東京都八王子市)に「国際経営学部」と、市ヶ谷田町キャンパス(東京都新宿区)に「国際情報学部」、2つの学部を開設します。

■国際経営学部
 国際経営学部は、「国際感覚の醸成」と経営学を中心とした「専門知識の体系的習得」を目的とする学修構成が特徴です。グローバルビジネスの現場において互恵関係を築き、それに伴って経済及び社会を発展させ、もってクローバル共生社会を実現する力を有する人材を輩出することを目指します。

<カリキュラムの特色>
1.設置科目の7割以上が外国語(主に英語)による授業
 必修科目や多くの科目が英語による授業のため、卒業に必要なすべての単位を英語で行われる科目で修得することも可能です。
2.授業の内容、理解を深めるチュートリアル授業の実施
 基礎となる専門必修5科目は、通常の授業(使用言語:英語)に加えて、授業の内容をフォローし、理解を深めてもらうためのチュートリアル授業(使用言語:英語+日本語もしくは中国語)を実施。
3.中国語による授業も複数科目設置
 ※科目によっては、日本語による授業を同時開講します。

 また、1年次に海外短期留学を必修科目とし、早い段階から海外の企業活動や異文化に触れることで、語学と国際経営学の学修意欲を向上させる仕組みとなっています。

<国際経営学部 募集要項>
学部・学科名称:国際経営学部 国際経営学科
定員:入学定員300名、収容定員1,200名
キャンパス:多摩キャンパス
学位:学士(国際経営)
入学試験選抜方法:

 一般入試
 大学入試センター試験利用入試(単独方式/併用方式)
 英語外部検定試験利用入試
 統一入試

<国際経営学部 特設サイト> http://www.chuo-u.ac.jp/admission/global_f/gm/

(ご参考)
「平成31年度からの私立大学等の収容定員の増加に係る学則変更予定一覧(平成30年6月29日)」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/daigaku/toushin/attach/1406605.htm (文部科学省Webサイト)
「平成31年度開設予定の大学の学部等の設置届出について(平成30年4月分)」
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ninka/1406554.htm (文部科学省Webサイト)


■国際情報学部
 ICT技術が進化し、新しい技術によって、これまで「できなかった」ことが「できる」ようになっています。しかし、技術の進化で「できること」がすべて「行ってよいこと」とは限りません。時には技術の進化が速すぎるあまり、その技術がもたらすサービスが人々の倫理観、社会通念や慣習を越え、人々に悪い影響を与えることもあります。
 国際情報学部では、これらの技術が社会や人々に与える問題に対して、情報技術と、規制するルールや社会で活用するためのルールといった視点から解決策を導き、社会への実装を提案していきます。また、ルールを作るためには、それが社会に適しているかどうか、といった倫理観や世界の文化的な違いの視点も重要であると考えています。ICT情報基盤、情報の法学、グローバル教養の専門知識を学び、これらの視点を統合することによって解決策を導きだし、将来の変化にも柔軟に対応できる力を身に付けます。

<学びの特色>
1.情報基盤、情報の法学、グローバル教養が融合した「文系情報学部」
● 人と人をつなぐICT情報基盤(情報技術、情報コミュニケーション等の素養)
● 情報の法学(法規範のみならずグローバルな社会規範も包含した情報規範)
● グローバルな感性(異文化理解や倫理・哲学・宗教学等のグローバル教養)
  これらを合わせた総合的な視点から解決策やその社会実装を実現する
2.基礎理論の修得重視と専門発展科目が連携した教育課程編成
● 情報基盤、情報法の基礎理論を学ぶための66単位の必修科目
● 基礎理論を踏まえた豊富な専門発展科目(情報実践科目)
3.実践科目の配置と実務家教員
● 情報社会をリードする産官学の現場から実務家教員を招へい
(官庁、グローバルICT企業、デジタルメディア企業など)
● 3・4年次には、現在の最先端の情報や課題の解決策を学び実践力を修得
4.新宿区市ヶ谷田町での学びと発信
● 市ヶ谷田町の立地を生かした産官学の組織連携による学び
● 教育研究の成果をリアルアイムで発信できる情報発信キャンパス

<国際情報学部 募集要項>
 学部・学科名称:国際情報学部 国際情報学科
 定員:入学定員150名、収容定員600名
 キャンパス:市ヶ谷田町キャンパス
 学位:学士(国際情報)
 入学試験選抜方法:

 一般入試
 大学入試センター利用入試(単独方式/併用方式)
 英語外部検定試験利用入試

<国際情報学部 特設サイト> http://www.chuo-u.ac.jp/admission/global_f/itl/

<国際情報学部 オープンキャンパス>
日時:2018年9月8日(土)、9日(日)10:00〜17:00
場所:市ヶ谷田町キャンパス
スケジュール:
10:00〜11:20 学部ガイダンス・模擬授業(1回目)
 教授 平野 晋:「ターミネーター」と「強いAI」規制(ロボット法)
 准教授 岡嶋 裕史:インターネット、SNS、サブカルチャー
11:30〜13:00 プログラミング体験教室(1回目)
 准教授 岡田 大士:ゼミ生によるロボットプログラミング
13:30〜14:50 学部ガイダンス・模擬授業(2回目)
15:00〜16:30 プログラミング体験教室(2回目)
10:00〜17:00 個別相談
 ※1回目と2回目の内容は同一です。
備考:事前予約制のため、下記URLよりお申込みが必要です。
http://www.chuo-u.ac.jp/admission/connect/event/lineup.html
(Connect Web 中央大学 受験生ナビ >イベント情報 >その他のイベント)

 なお、国際情報学部の設置については、収容定員変更に関する学則変更認可申請(届出)も同時に行っており、受理されております。
(ご参考)
「平成31年度開設予定の大学の学部等の設置届出について(平成30年6月分)」
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ninka/1408540.htm (文部科学省Webサイト)

■ご参考
中長期事業計画 Chuo Vision 2025
http://www.chuo-u.ac.jp/aboutus/chuovision2025/
(中央大学公式Webサイト> 大学紹介> 中長期事業計画 Chuo Vision 2025)

<本件に関するお問い合わせ>
・国際経営学部について         
 中央大学国際経営学部開設準備室事務室  
 TEL:042-674-3896 ・

・国際情報学部について
 中央大学国際情報学部開設準備室事務室
 TEL:042-674-2311           

<取材に関するお問い合わせ>
 中央大学広報室
 TEL:042-674-2050
 Email:kk@tamajs.chuo-u.ac.jp

 ご希望がございましたら、国際経営学部、国際情報学部のパンフレットを送付させていただきますので、報道関係者の皆様におかれましては、広報室(kk@tamajs.chuo-u.ac.jp)まで送付先をお知らせください。

▼本件に関する問い合わせ先
中央大学広報室
住所: 〒192-0393 東京都八王子市東中野 742-1
TEL: 042-674-2050
FAX: 042-674-2959
E-mail: kk@tamajs.chuo-u.ac.jp
posted by 銀河流星 at 00:01| Comment(0) | 学園都市 「八王子」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

首都大学東京(八王子市南大沢)が、2020年4月から旧名の東京都立大学に改名へ。大学名称が復活!

 東京都小池百合子知事が、2018年8月24日の定例会見で、「首都大学東京」(八王子市南大沢)の大学名が、2020年4月に旧名「東京都立大学」に戻ると発表しました(^^)

 首都大学東京の名称については、「知名度が下がった」など不満の声が相次いでいました。

 本当にそうですね。私もおかしな名前を付けたなと2005年に首都大学東京に改名されたときに思っていました。多くの方がそう感じてたと思います。

 ようやく名称が東京都立大学に戻されます。これで、東京都立大学の知名度と、更なる発展が期待できそうですね(^^)

東京都立大学 https://www.tmu.ac.jp/


【記事@】
「東京都立大学」復活へ 首都大学東京が2020年4月に改名を正式決定
(2018年3月24日 弁護士ドットコム)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00008422-bengocom-soci

首都大学東京
首都大学東京から東京都立大学へ.jpg

 首都大学東京(東京都八王子市など)は8月24日、2020年4月に「東京都立大学」に改名すると正式発表した。同大学は石原慎太郎都知事時代に東京都立大学など4つの大学を統合して2005年、設立された。

 知名度の低さや、小池百合子都知事が7月に「東京都立大学」への名称変更の可能性を提案したことなどを受け、運営法人が検討、8月24日に公式サイトで正式発表した。公式サイトで上野淳学長は、「東京都が設置したことが明確になる『東京都立大学』への名称変更は、本学が更なる発展を遂げる機会ともなり得ると前向きに捉えています」などとコメントした。


【記事A】
首都大学東京、再び都立大へ 小池知事発表、20年から
(2018年8月24日 朝日新聞)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000062-asahi-pol

 東京都の小池百合子知事は24日の定例会見で、「首都大学東京」(八王子市)の大学名が、2020年4月に旧名「東京都立大学」に戻ると発表した。大学名をめぐっては、関係者から「知名度が下がった」など不満の声が相次いでいた。

 首都大学東京は、石原慎太郎知事時代の05年に都立大など4大学・短大を統合して発足した。当初から学内では名称に不満があり、昨秋の学生対象のアンケートでも半数近くが「改善してほしい点」として「大学名・知名度」と答えた。

 小池知事は7月、都庁内の会議で「都立の大学であると分かりやすく発信するため、『東京都立大学』も一つの考え方」と発言。同大が今月22日に審議会を開き、24日に都に名称変更の方針を伝えたという。小池知事は会見で「成果を都に還元するという存在意義が明確になる」と話した。

 都立大と同時に、産業技術大学院大学も都立産業技術大学院大学に変更する。(斉藤寛子)
posted by 銀河流星 at 00:01| Comment(0) | 学園都市 「八王子」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

東京都が、八王子市鑓水に「都立南多摩地区特別支援学校」を新築。2021年着工、2024年開校へ

 東京都が、八王子市鑓水に「都立南多摩地区特別支援学校」を新築します。2021年着工で、想定している校舎棟の延べ床面積は1万3491平方メートル。2024年開校を目指します。

 八王子市鑓水エリアについては、このブログで【日本商業開発が、八王子市鑓水に大型商業施設(4万5656u)と物流施設(4万5785u)を建設へ】(2018年02月12日)を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/456848558.html

 同エリアでは、今後、様々な開発が進んでいきそうですね。


【記事】
東京都財務局/南多摩地区特別支援学校新築基本設計(八王子市)プロポ公告
(2018年6月25日 日刊建設工業新聞)
https://www.decn.co.jp/onlineservice/News/detail/3201806250405

 東京都財務局は25日、「都立南多摩地区特別支援学校(仮称)(30)新築工事基本設計」の委託先を決めるプロポーザルの手続きを開始する。7月2〜6日に参加表明書を受け付けた後、同13日に技術提案書の提出を受け付ける。10月4日に選定事業者と見積もり合わせを実施。同5日に契約する。予定価格の目安となる参考業務規模は約5700万円(税込み)。

 八王子市鑓水2の88の1(敷地面積1万4718平方メートル)に新築する特別支援学校の建築、設備、外構、グラウンドの基本設計を委託する。想定している校舎棟の延べ床面積は1万3491平方メートル。用途地域(第1種中高層住居専用地域、準防火地域など)を踏まえ、具体的な規模や構造を検討する。履行期限は19年7月31日。

 19〜20年度に実施設計を引き続き委託。21年度に新築工事を開始し、24年4月の開校を目指す。3年制の普通科、職能開発科を設ける。
posted by 銀河流星 at 00:20| Comment(0) | 学園都市 「八王子」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする