2017年02月10日

JR八王子駅北口の歩行者デッキを西側に延伸する計画は、2019年度完成へ。八王子東急スクエア2階にも接続

 JR八王子駅北口の歩行者デッキマルベリーブリッジ)を西側に延伸する計画は、2019年度に完成するそうです(^^)

 マルベリーブリッジ延伸で、途中の八王子東急スクエア2階に接続、そしてイベントなどに使われる遊歩道「西放射線ユーロード」入り口に下りられるようになります(^^)

 これで八王子駅北口の回遊性が格段に向上し、とても便利になりますが、ようやく出来るのかという気持ちです。

 昔、私が初めて八王子駅を降りて北口に出たときに、目の前の大型商業施設「八王子東急スクエア」にデッキが接続されていないことに衝撃を受けました。なんて不便な街づくりをしているのかと。

 特に八王子東急スクエアは、商業施設ばかりでなく公共施設も入っています。このような街づくりを行っている八王子市が、市民や市外から来た人に喜ばれるわけがありません。

 八王子駅周辺はポテンシャルが高く、遅まきながら再開発が続きます。ぜひ利便性が高く、誇れる街づくりを目指し、今後も頑張ってほしいですね(^^)


【記事@】
<多摩の予算案>八王子市 市制100周年事業に10億円
(2017年2月8日 東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201702/CK2017020802000158.html

「子どもに焦点を当てた施策が多い予算案」と説明する石森孝志市長=八王子市で
八王子市 市制100周年事業に10億円.jpg

 今年の市制施行百周年の記念事業として、九〜十月の「全国都市緑化はちおうじフェア」など約五十事業を行う費用として、当初予算案に計約十億円を計上した。

 百周年のメイン事業として富士森公園などで開く同フェアでは、会場設営や運営費などに七億九千八百四十九万円を計上。期間中、ガーデニング講習会や森のハイキングツアーなど多彩なイベントを行う。

 子育て支援では、妊娠期から小学校入学までの相談窓口となるコールセンターを十月に開設する予定。六百五十二万円を計上した。大横保健福祉センターで保健師などの資格を持つ二人以上が対応し、必要があれば別の施設に直接つなぐ。

 石森孝志市長は「次の百年の主役となる子どもたちが、将来に夢や希望を持てる街づくりを進めたい。子どもに焦点を当てた施策が多い予算案になった」と説明した。

 JR八王子駅北口の歩行者デッキを西側に延伸する計画では、二〇一六年度の実施設計に続き、準備工事を行う千百万円を計上。延伸でイベントなどに使われる遊歩道「西放射線ユーロード」入り口に下りられるようになり、途中にある商業施設「八王子東急スクエア」の二階とも接続できる。一九年度の完成を目指す。

 大型の施設整備などが一段落したが、子育てや高齢者などの福祉施策を拡充したことで、一般会計は過去最大だった一六年度に次ぐ規模となった。(村松権主麿)


【記事A】
八王子・マルベリーブリッジ、2019年に延伸 市が新年度予算案発表
(2017年2月8日 八王子経済新聞)
http://hachioji.keizai.biz/headline/2248/

2017年度予算案を発表する石森孝志八王子市長
2017年度予算案を発表する石森孝志八王子市長.jpg

 八王子市は2月7日、2017年度予算案にあわせて、JR八王子駅から伸びるペデストリアンデッキ「マルベリーブリッジ」の西放射線通り商店街(ユーロード)通り側への延伸に向け、工事に着手することを発表した。

 予算案は石森孝志八王子市長が定例記者会見で発表。予算規模は一般会計が昨年に続き過去2番目となる1,971億円、予算総額は4,080億円となった。

 マルベリーブリッジについては、八王子駅前のショッピングセンター「八王子東急スクエア」(八王子市旭町)に接続し、三井住友銀行八王子支店(旭町)周辺にエスカレーターやエレベーターなどを整備することを目指して実施設計を進めており、今年9月〜10月にかけて行われる「全国都市緑化はちおうじフェア」の終了後、準備工事を始めることにしたという。竣工は2019年度中を予定。

 ほかにも中心市街地については、ユーロード周辺のにぎわい創出に向けて横山町公園や中町公園など沿道の公園を一体整備するほか、「全国都市緑化はちおうじフェア」の開催に合わせて路地や軒先など小さなスペースを緑化する「界わい緑化」も推進する。

 石森市長は「市政100周年を迎え、これからの100年に向けたまちづくりを続けていくことが大事。子どもたちが夢と希望を持てるまちづくりをしたい」と意気込む。

2016年07月28日

ダイエー八王子店跡地(八王子市横山町)は、商業一体型大規模複合開発タワーマンション「ブリリアタワー八王子」に

 以前ブログで【ダイエー八王子店跡地は、店舗付きタワーマンション。ブリリア八王子(17階)と店舗はイオンのフードスタイルストアか。2016年7月着工、2018年6月完成へ】を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/433876717.html

 そのダイエー八王子店跡地(八王子市横山町)は、「ブリリアタワー八王子」(17階)になることがわかりました。ホームページが2016年7月27日に開設されています。

 HPによると、プロジェクトの特徴は「商業一体型大規模複合開発タワーマンション」。商業施設は、前回も触れていますが、ダイエー再出店ではなく、イオンフードスタイルストアになると思います。

 お部屋は40uから、専有面積100u超のプレミアムプランまでもあり、都心で販売されるタワーマンションのような構成。当地はJR八王子駅北口から徒歩4分の場所で、八王子駅前の一等地。

 商業施設を併設し、駅からも近いですから、ブリリアタワー八王子は人気が出そうですね(^^)

 イオンは、このダイエー八王子店跡地、八王子駅南口のJR貨物再開発、八王子インターイオンモール八王子市内で3つの大型商業開発をほぼ同時に進めることになります。

 八王子は、ますます便利になっていきそうです(^^)

ブリリアタワー八王子 http://bt804.jp/top.html
ブリリアタワー八王子.jpg

ブリリアタワー八王子(2016/7/28撮影:銀河流星)
ブリリアタワー八王子1.jpg
ブリリアタワー八王子2.jpg

2016年04月21日

八王子市が「中心市街地まちづくり方針」を策定。駅周辺の約115haの面積要件を緩和し、市街地更新を促進へ

 八王子市が「中心市街地まちづくり方針市街地総合再生基本計画)」を策定しました。駅周辺の約115ha面積要件を緩和します。

 計画策定によって、市街地再開発事業の面積要件が「5000u以上」から「1000u以上」、優良建築物等整備事業では「1000u以上」から「500u以上」に緩和され、国の補助金の対象となることから、市街地更新を促進することが期待されています(^^)

 八王子駅周辺での再開発が進む八王子。計画策定によって、今後ますます市街地の開発が進み、発展していきそうですね(^^)

八王子市プレスリリース(2016年4月15日)
中心市街地まちづくり方針(市街地総合再生基本計画)の策定
〜わがまち八王子の再生を目指して〜
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/dbps_data/_material_/localhost/soshiki/kochokohoshitsu/koho/H28/kaiken280415.pdf


【記事】
面積要件緩和し更新促す/対象は駅周辺115ha/八王子市の市街地再生基本計画
(2016年4月18日 建設通信新聞)
http://www.kensetsunews.com/?p=64258

八王子市「中心市街地まちづくり方針」.jpg

 東京都八王子市は、「中心市街地まちづくり方針(市街地総合再生基本計画)」を策定した。市街地再開発事業と優良建築物等整備事業の面積要件を緩和し、市街地更新を促進する。再開発事業が計画されている旭町・明神町地区周辺まちづくりや、八王子医療刑務所移転後用地の活用検討などを、早期に取り組むリーデングプロジェクトに掲げている。2016、17年度で(仮称)八王子市中心市街地まちづくりルールを策定するほか、(仮称)既存ストックの活用促進事業を検討していく。

 石森孝志市長は15日の定例会見で、同計画の策定について「小規模街区や幅の狭い道路が多く、基盤整備が十分でない所があり、市街地の更新が進んでいない」と中心市街地の状況を指摘した上で、「まちなみ特性などを生かしたまちづくりを進め、本市ならではの市街地更新を促す」考えを示した。

八王子市「中心市街地まちづくり方針」1.jpg

 中心市街地活性化基本計画をハード面から進めるのが狙い。対象地域は、甲州街道(国道20号)沿道とJR八王子駅周辺の約115haで、京王八王子駅を含む商業集積、業務・文化機能を備えた地域。

 計画策定によって、市街地再開発事業の面積要件が「5000u以上」から「1000u以上」、優良建築物等整備事業では「1000u以上」から「500u以上」に緩和され、国の補助金の対象となることから、市街地更新を促進することが期待される。

 また、まちづくりを総合的に推進するため、商工会議所、商店街、企業、金融機関、市民、大学などを構成員とする「中心市街地活性化協議会」の設置も計画。関係機関と協議しながら16年度の設立を目指す。

 旭町・明神町地区の一体的なまちづくりは、明神町街区で東京都が産業交流拠点(仮称)複合施設を計画し、市の保健所も合築する。旭町街区では、市街地再開発事業が計画されている。市は、コンベンション誘致(MICE)を積極的に行い、中心市街地の誘客を促進していく考えだ。

 駅南口の八王子医療刑務所移転後跡地約5.3haは、「新たな集いのゾーン」(まちづくりの核)として、▽防災機能を持った「みんなの公園」▽次の100年につなげる「歴史・郷土ミュージアム」▽学び・交流・集いを促進する「憩いのライブラリ」−−からなる複合機能施設を計画している。

 このほか、リーデングプロジェクトとして、北口ペデストリアンデッキの延伸、富士見通りの無電柱化事業や、空き店舗改修費補助制度、中町地区まちづくり支援事業なども掲げている。

 地域内の回遊性を高め、中心市街地の活性化と防災性を向上させる。市街地再開発や優良建築物整備など市街地整備事業に関する各種要件の緩和や、民間投資による複合的な事業展開によって、中心市街地更新を加速させていく。

 17年度以降に本格化する駅周辺整備事業を見据えて創設した「八王子駅周辺整備基金」は、現在34億円となっている。