2019年12月18日

八王子出身の演歌歌手「植松しのぶ」が、ご当地ソング「高尾山」収録のCD「天狗ソーラン」を2019年11月リリース

 以前ブログで【女性演歌歌手の「植松しのぶ」は、八王子出身】(2015年12月11日)を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/430973738.html

 その八王子出身の演歌歌手「植松しのぶ」が、ご当地ソング「高尾山」収録のCD「天狗ソーラン」(12曲入り)を2019年11月リリースしました(^^)

 作詞作曲は、高尾山薬王院執事長の菅谷秀文さん(ペンネーム:飛天龍子)がされたそうです。

 「高尾山」といえば、北島三郎さんが歌う曲が有名ですが、こちらもぜひ応援してくださいね(^^)

植松しのぶ http://uk.seachan.jp/index.html
植松しのぶ.png


【記事】
高尾山に新ご当地ソング 地元歌手・植松さんが歌う
(2019年12月12日号 タウンニュース八王子版)
https://www.townnews.co.jp/0305/2019/12/12/509902.html

福生市のカフェで「高尾山」を歌う植松さん=左。ピアノは高橋さん
福生市のカフェで「高尾山」を歌う植松さん=左。ピアノは高橋さん.jpg

 高尾山についての歌と言えば北島三郎さんによるものがよく知られるが、このほど新しいご当地ソングが誕生した。歌うのは地元出身の演歌歌手、植松しのぶさん。先月の公演で初披露された。その楽曲「高尾山」はテンポの良いポップス演歌調で、歌詞は「薬師如来をまつる山」「法灯千二百年」など修験道としてのお山の姿も表現されている。植松さんはこれまで八王子を含め西多摩地域のご当地ソングを10曲以上歌っており、この曲も新たな地元歌として話題を呼びそうだ。

作ったのは薬王院僧侶先月発表

 植松さんは加住町に生まれ、2005年にデビュー。13年からは徳間ジャパンに所属している。その地域について歌うご当地ソングは、八王子に関する「松姫物語」「八王子加住音頭」など7曲、あきる野市は「あきる野町内会自治会音頭」など7曲、また檜原村のものも2曲と、多く持ち歌がある。

 ♪高尾この山 もみじの名所 開山行基大菩薩──。今回の「高尾山」は飛天龍子の名で先月発表されたCD「天狗ソーラン」に収められている。作詞作曲は飛天さんで、歌を植松さんが担当した。

 実は「飛天龍子」は高尾山薬王院執事長の菅谷秀文さんのペンネーム。菅谷さんは長年嗜んできた俳句を発展させ、2年ほど前から作詞作曲をするように。思いついた曲をテープに吹き込んでいた。

同級生が仲介

 一方、「松姫物語」などの作詞作曲をした森下晴男さん(あきる野市在住)は菅谷さんと高校の同級生で昨年末、2人は同院で数十年ぶりに再会した。森下さんはそこで菅谷さんが曲を作っていると聞く。ただ、楽曲は「アカペラ」状態でうまく音源にできていないとも言われた。そこで森下さんは解決策として知人で編曲家の高橋一郎さんを紹介した。

 「5、6回やりとりをしました。リズムの持って行き方など、菅谷さんと試行錯誤しました」。高橋さんは「高尾山」制作の経緯を話す。「できるなら今のうちに形に残したい」。菅谷さんの強い思いのもと、これまで書き溜めた曲が次々とできあがっていった。そして2人は歌を植松さんに頼むことにした。その歌唱力の評価はもちろんだが、植松さんの事務所と菅谷さんの寺院(天龍寺)が同じ北野町にあり、「ご近所」だった縁もあるようだ。

 「今年の夏の終わりに訊ねたらびっくり。12曲もできていると聞きました」と森下さん。菅谷さん、高橋さん、植松さんの作業はハイペースで進み11月、「高尾山」を含むCD「天狗ソーラン」(12曲入り)が完成。菅谷さんは500枚ほど作り関係者らに配布した。

詩に強さ

 「すごいものができました。12曲にはムード歌謡や昭和のデュエット風などいろいろな種類があります。どの曲にも詩の強さを感じます」と植松さん。♪諸縁吉祥 大願成就の高尾山――。そこには50年以上同院に従事する僧侶ならではの「生きた言葉」がつまっている。植松さんは「大事に歌っていきたいです」と笑顔で話した。

「高尾山」収録の「天狗ソーラン」
「高尾山」収録の「天狗ソーラン」.jpg
posted by 銀河流星 at 07:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

八王子のスナック嬢兼歌謡歌手 むげんもえ&大木凡人のデュエット「八王子スナック物語」が、ユーチューブ再生回数60万回を突破!

 八王子のスナック嬢兼歌謡歌手むげんもえ大木凡人のデュエット「八王子スナック物語」が、ユーチューブ再生回数60万回を突破したそうです!

 カラオケのダム(DAM)で「八王子スナック物語」を歌えます。宴会ソングにいいと思います。皆さん、ぜひお聞きください(^^)

八王子スナック物語 https://youtu.be/MYRecLsNIoI

むげんもえ Twitter https://twitter.com/moekw39810045
http://mao-y-entertainment.com/artist/
八王子スナック物語.png


【記事】
異色のデュエット60万回再生 むげんもえ&大木凡人「八王子スナック物語」 ユーチューブで好評
(2019年12月6日 中日スポーツ)
https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2019120602100006.html

「八王子スナック物語」をデュエットしたむげんもえ(左)と大木凡人
「八王子スナック物語」をデュエットしたむげんもえ(左)と大木凡人.jpg

「純烈」リーダー酒井一圭らも後押し

 スナック嬢兼歌謡歌手むげんもえ(24)とタレント大木凡人(74)の異色のデュエットとして話題になったシングル「八王子スナック物語」が、リリース約1年で演歌・歌謡界としては異例のユーチューブ再生回数60万回を突破した(関連動画含む)。「純烈」のリーダー酒井一圭(44)がブログで紹介するなど後押しもあり、もえの所属事務所「MAO.Y entertainment」には連日問い合わせが殺到しているという。

 同曲は、東京・八王子のスナックなどで現役スナック嬢として働く地元出身のもえが、客として来ていた47歳の土木作業員男性との恋をテーマに作詞した。2018年4月末より地元で手売りし、2週間で2000枚を売り上げ、同年8月22日にインディーズとして全国発売。ノリのよい昭和歌謡ロックサウンドに仕上がっている。

 「純烈」の酒井や、三山ひろし(39)らが自身のブログで同曲を紹介。さらに先月14日に大みそかのNHK紅白歌合戦出場歌手が発表され、純烈の2年連続2回目の出場が決定したことから、酒井のブログを見たファンから「八王子スナック物語」にも再び注目が集まり「どこでCDが買えるのか?」「純烈のブログで知ったのですが…」という問い合わせが相次いだ。

 今回の反響に大木は「たくさんの人に知られてきてうれしいです。まだ、印税に反映されていないので楽しみです(笑)。忘年会、新年会ソングにぴったりなので、歌ってもらいたいです」とコメント。もえは「最初に酒井さんにブログで取り上げていただき、とても感謝しております。純烈さんが紅白に出演されることで、再注目されて本当にうれしいです。カラオケでたくさんの人に歌ってもらいたい」と喜んでいる。

 もえは今月から活動の場を東京・池袋にも広げるようで、21日午後7時から池袋の居酒屋「優男〜はなれ〜」で忘年会ワンマンライブを行い、新曲となる池袋をテーマにしたデュエットソング「ブクロマ〜池袋ロマンス略して〜」を初披露する。

純烈の酒井一圭(右)との2ショットを披露したむげんもえ(むげんもえツイッターより)
純烈の酒井一圭(右)との2ショットを披露したむげんもえ.jpg
posted by 銀河流星 at 00:07| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

サックス奏者の尾崎一宏氏が、アルバム「ユーアートゥービューティフル」(IGAS Record)を発表、待望のソロデビュー

 八王子市犬目町在住のサックス奏者、尾崎一宏氏が、アルバム「ユーアートゥービューティフル」(IGAS Record)を2019年7月17日に発表、待望のソロデビューを果たしました(^^)

 2019年9月29日には鎌倉市鎌倉ダフネで、アルバム発売記念のライブを開催するそうです。ぜひ八王子でもライブしてほしいですね(^^)

You are too beautiful feat.Mitsuhiro Itagaki
https://www.amazon.co.jp/You-are-beautiful-feat-Mitsuhiro-Itagaki/dp/B07SNKL878


【記事@】
人物風土記関連
デビューCD タワレコでも
(2019年8月15日号 タウンニュース八王子版)
https://www.townnews.co.jp/0305/2019/08/15/493183.html

自宅スタジオでサックスを吹く尾崎さん
サックス奏者 尾崎一宏.jpg

犬目町・尾崎さん

 犬目町在住のサックス奏者、尾崎一宏さん=人物風土記で紹介=が7月、アルバム「ユーアートゥービューティフル」(IGAS Record)=下画像=を発表し待望のソロデビューを果たした。

 中学時代からサックスを吹く尾崎さんは箱バンミュージシャンを経験したのち、音楽教室の講師に。2000年代からは4人組のフュージョンバンド「アラバマクロスオーバー」を組み、アルバムを作り路上ライブもするなど精力的な活動を続けてきた。

20年来ピアニストと

 今回出したソロアルバムは20年来の付き合いがあるピアニスト板垣光弘さんとの共演でもある。すでに実績のある板垣さんからデビューを急かされて制作を進めたそう。

 CDは11曲入りで、リチャード・ロジャーズなどの楽曲のほか、中学時代に作ったオリジナル曲も含む。定価2000円税別。市内では明神町のタワーレコード八王子店で取り扱っている。

9月鎌倉でライブ

 なお9月29日(日)には鎌倉市の鎌倉ダフネで、アルバム発売記念のライブを開催する。

サックス奏者 尾崎一宏1.jpg


【記事A】
サックスプレイヤーで初のソロアルバムを7月に発表した
尾崎 一宏(かずひろ)さん  犬目町在住 47歳
(2019年8月15日号 タウンニュース八王子版)
https://www.townnews.co.jp/0305/2019/08/15/493182.html
posted by 銀河流星 at 23:14| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする