2016年06月07日

「説経節の会」が6月12日、八王子労政会館で、創立30周年の記念公演を開催

 三味線に合わせ、節をつけて物語を語る民衆芸能「説経節(せっきょうぶし)」。

 その主流の薩摩派八王子市で継承する「説経節の会」(東京都無形文化財保持団体指定)が、2016年6月12日創立30周年の記念公演を八王子市明神町にある東京都八王子労政会館で開催します(^^)

 現在、説経節は、八王子板橋秩父など東京近郊の限られた地域に何人かの太夫を残すだけとなってしまっています。

 八王子の伝統文化に触れる貴重な機会なので、みなさん、ぜひ参加してみてくださいね(^^) 入場無料。

薩摩派 説経節の会ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/satsu_sekkyo
説経節の会1.jpg
説経節の会2.jpg

東京都八王子労政会館
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/seminarform/map/?page=map_hachi_rousei


【記事】
「説経節の会」30年の歩み 地元八王子で12日に記念公演
(2016年6月6日 東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201606/CK2016060602000162.html

 三味線に合わせ、節をつけて物語を語る民衆芸能「説経節(せっきょうぶし)」。その主流の薩摩派を八王子市で継承する「説経節の会」が十二日、創立三十周年の記念公演を市内で開く。二つの演目を上演するほか、写真家の宮川孝之名誉会長(80)が撮りためた写真をもとに、会の設立から現在までを振り返る対談もある。入場無料。 (村松権主麿)

 説経節は、仏教の教えを説く語り物として中世から伝わり、江戸時代後期、薩摩若太夫らによって三味線芸能として江戸で完成、関東各地に伝わった。多摩地域では薩摩派が継承され、ガラス板に描いた絵に光を当てて映写する「写し絵」や、一人で人形を操る「車人形」などと共演。板橋区と埼玉県横瀬町では、薩摩派から分かれた若松派が伝わる。

 説経節の会は一九八六年、その二年前に亡くなった十代目薩摩若太夫の芸を守るため、宮川名誉会長や演者、地元商店の有力者らが協力して発足。九三年には、既に「説経浄瑠璃」として都無形文化財に指定されていた説経節の保持団体に認定された。

 記念公演は午後二〜四時ごろまで、都八王子労政会館(明神町三)で開かれる。三部構成の第一部は、プロジェクターの絵に合わせて「弁慶五条橋千人切」を上演。第二部は、十代目薩摩若太夫の思い出や、会発足の経緯、節目となった公演などについて、宮川名誉会長や三味線の雀屋(すずめや)妻三郎(67)らが語る。

 第三部は、二年前に襲名し、会の先頭に立つ十一代目薩摩津賀太夫(75)が京屋純の三味線に合わせ、「小栗判官一代記 判官照手(てるて)二度対面の段」を披露する。

 約五十人の会員がいる説経節の会は、月二回の稽古のほか、古い台本を読む研究などもしている。坂田宏之会長(48)は「公演で三十年の歴史を感じてもらい、興味を持った人は気軽に会に参加し、説経節を支えてほしい」と話す。問い合わせは澄川さん=電042(643)1451=へ。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

八王子まつり(8月5〜7日)の「民踊流し」が、「世界最大の盆踊り」としてギネス世界記録認定に挑戦

 八王子まつり2016年8月5〜7日)の「民踊流し」が、「世界最大の盆踊り」としてギネス世界記録認定に挑戦します(^^)

 曲は八王子ソングと言っても過言ではないくらい八王子市民に慣れ親しまれている「はっぱきらきら」の歌詞で有名な「太陽おどり」。

 現在のギネス記録は2015年8月、大阪・道頓堀で達成した2、025人。

 八王子まつり実行委員会と民踊流しの主管団体「八王子民踊協会」によると、これまでに2,600人以上の踊り手が参加を申し込んでいるそうなので、ぜひギネス記録更新を達成してほしいですね(^^)


八王子まつり http://www.hachiojimatsuri.jp/
八王子まつりの開催が決定しました!
平成28年8月5日(金)・6日(土)・7日(日)の3日間、開催します。
花火大会は平成28年7月30日(土)です。


【記事】
この夏、ギネス狙う盆踊り「はっぱきらきら」
(2016年06月01日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160601-OYT1T50034.html

ギネス世界記録認定を目指す八王子まつりの「民踊流し」(昨年8月)
ギネス世界記録認定を目指す八王子まつりの「民踊流し」.jpg

 今夏の東京都の八王子まつり(8月5〜7日)で、浴衣姿の市民が参加して盛り上がる「民踊流し」が「世界最大の盆踊り」としてギネス世界記録認定を目指すことになった。

 曲はもちろん、「はっぱきらきら」の歌詞で有名な「太陽おどり」だ。八王子市も来年の市制100周年記念プレ事業として全面的に応援する。

 まつり実行委員会と民踊流しの主管団体「八王子民踊協会」によると、これまでに2600人以上の踊り手が参加を申し込んでいる。現在のギネス記録は昨年8月、大阪・道頓堀で達成した2025人で、ギネスの公式サイトでは「The largest bon dance」として紹介されている。

 単純に多数が踊りに参加すればいい、というわけではなく、認定の基準はかなり厳しい。「5分間、同じ踊りの所作で、間違えた踊り手が全体の5%以下。衣装は民俗的なものに限る」とされ、ギネス公式認定員数十人が踊りの列に付き添い、参加者の動きを厳しくチェックする。浴衣、草履姿以外の服装も減点の対象だ。

 正確な人数を数えるために踊りの会場への出入りも限定される。3回の挑戦が認められており、道頓堀では2回目で記録達成に成功した。

 「民踊流し」は毎年、3000人の市民が参加し、2日目午後のメインイベントとして人気を集める。チャレンジ曲に選ばれた「太陽おどり」は「はっぱきらきら」と佐良直美さんの歌声に合わせて踊る八王子っ子にはおなじみのもの。ポップ調でTシャツ姿で踊る人もいるが、8月6日の挑戦中はご法度となる。会場の甲州街道への立ち入りも厳しく制限される。

 ギネス認定基準に合わせて「太陽おどり」(2分40秒)は2回繰り返して自然につながるようデジタル処理した。すでにギネスワールドレコーズジャパンに認定員派遣を申請している。

 市民にはおなじみの振り付けとはいえ、今年は例年より1か月早く、5月から同市八幡町の八王子織物工業組合講堂で月2回の講習会が始まり、所作を念入りにチェックしている。

 長年にわたって民踊流しを指導してきた八王子民踊協会の吉沢トシ子副会長(79)は「世界一への挑戦で市民の盛り上がりはすごい。ぜひ、1回の挑戦でギネス認定を果たしたい」と意欲満々だ。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

八王子花柳界で50年ぶりに、芸妓(げいぎ)の卵「半玉(はんぎょく)」として、5月11日、くるみさんデビュー

 八王子には多摩地区で唯一の花柳界がありますが、その八王子花柳界50年ぶり芸妓(げいぎ)の卵「半玉(はんぎょく)」として、2016年5月11日くるみさんがデビューしました(^^)

 芸妓を志す少女は京都に行くことが多く、八王子花柳界で一から修業する例はほとんどないそうです。くるみさんのデビューをきっかけに、今後も半玉八王子からどんどんデビューしてほしいですね(^^)

 同ニュースは、大手新聞社の記事だけではなく、地方紙、スポーツ紙、さらには海外記事にまでなり、非常に注目を浴びました(^^) 八王子芸妓の情報発信力はすごいものがあります。地域一丸となって八王子花柳界を盛り立てていきましょう(^^)


【記事@】
50年ぶり芸妓の卵 修業終え舞披露 八王子花柳界 くるみさん
(2016年5月12日 東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201605/CK2016051202000173.html

芸妓の卵「半玉」としてデビューしたくるみさん(左)=八王子市で
芸妓 半玉 八王子 くるみさん.jpg

 八王子市の花街「八王子花柳界」で中学卒業から二年間の修業を終えたくるみさん(18)が、芸妓(げいぎ)の卵「半玉(はんぎょく)」として約五十年ぶりにデビューし十一日夜に市内でお披露目会が開かれた。

 くるみさんは黒地の振り袖姿で、祝いの舞を披露。八王子芸妓組合に所属する芸妓のおはやしに合わせた、しなやかな動きと表情に出席者約九十人が見とれた。

 墨田区向島で育ったくるみさんは十歳から習った日本舞踊の師匠の紹介で、八王子花柳界の置き屋「ゆき乃恵」の門をたたき、住み込みで修業を始めた。

 置き屋の「お母さん」として面倒を見る芸妓めぐみさん(54)によると、芸妓を志す少女は京都に行くことが多く、八王子花柳界で一から修業する例はほとんどない。

 初めて触った鼓や三味線には今も苦労しているというくるみさんは「短い時間のお座敷でも『楽しかった』と思っていただける芸妓になりたい」と目を輝かせた。

 八王子観光協会によると、市はかつて絹織物産業が盛んで、明治時代には全国から商人が買い付けに訪れた。料亭での接待に芸妓が呼ばれるようなったのが八王子花柳界の始まり。現在はくるみさんを含め十九人が活動している。


【記事A】
50年ぶり芸妓の卵デビュー/東京・八王子花柳界
(2016年5月11日 四国新聞社)
http://www.shikoku-np.co.jp/national/life_topic/20160511000626

芸妓の卵「半玉」としてデビューし、お披露目会で舞うくるみさん=11日夜、東京都八王子市
芸妓の卵「半玉」デビュー 八王子.jpg

 東京都八王子市の花街「八王子花柳界」で中学卒業から2年間の修業を終えたくるみさん(18)が、芸妓の卵「半玉」として約50年ぶりにデビューし11日夜に市内でお披露目会が開かれた。

 くるみさんは黒地の振り袖姿で、祝いの舞を披露。八王子芸妓組合に所属する芸妓のおはやしに合わせた、しなやかな動きと表情に出席者約90人が見とれた。

 東京都墨田区で育ったくるみさんは10歳から習った日本舞踊の師匠の紹介で、八王子花柳界の置き屋の門をたたき、住み込みで修業を始めた。

 くるみさんは「短い時間のお座敷でも『楽しかった』と思っていただける芸妓になりたい」と目を輝かせた。


【記事B】
东京八王子市时隔50年迎新人艺妓 有才貌美(图)
(2016年05月13日 中国新闻网)
http://www.chinanews.com/gj/2016/05-13/7868864.shtml

 中新网5月13日电 据日媒报道,近来,日本东京都八王子市的艺妓界时隔约50年迎来了新出道的年轻艺妓。这位艺妓年仅18岁,艺名为“Kurumi”。日前,该市艺妓界为她举行了首次公开见面会。
八王子花柳界に芸妓の卵「半玉」1.jpg

 据报道,“Kurumi”初中毕业后就在八王子市的“八王子花柳界”(日本将艺妓所在行业称为“花柳界”)学习了2年。

八王子花柳界に芸妓の卵「半玉」2.jpg

 虽然目前仍不擅长使用鼓和三味线(日本的一种弦乐器,类似三弦)等乐器,但在见面会上,她还是神采奕奕地说:“即使可以在宴会表演的时间很短,但我希望能成为给客人带来欢乐的艺妓”。

八王子花柳界に芸妓の卵「半玉」3.jpg

 据了解,东京八王子市曾因丝织品产业而繁盛一时,当时的商人等会在宴席上邀请艺妓表演助兴。八王子花柳界也因此发展起来。随着“Kurumi”的加入,如今该市总共有19名现役的艺妓。

八王子花柳界に芸妓の卵「半玉」4.jpg

 说起艺妓,很多人会想到日本的京都,但以东京为中心的日本关东地区至今仍有几处有所保留。

 据称,在日本各地,志向成为艺妓的年轻女子大多会前往京都学习并寻求出道,而像“Kurumi”这样最初就在其他地方学习并出道的情况很少。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする