2017年10月01日

祝! コミュニティーFM局「八王子FM」(八王子市みなみ野)が、10月1日に開局

 以前ブログで【総務省関東総合通信局が8月3日、八王子FMに予備免許を交付、八王子FMが10月1日開局へ】を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/452740258.html

 コミュニティーFM局八王子FM」(八王子市みなみ野)が、2017年10月1日、ついに開局しました。普通なら準備から開局まで長い時間がかかりますが、八王子FMはわずか1年半で開局を迎えています。八王子の底力を感じますね(^^)

 周波数は77.5MHz。放送エリアは八王子市全域はもちろん、隣接する日野市昭島市多摩市・あきる野市・福生市の一部もカバー。皆さん、ぜひ視聴をしてみてください(^^)

八王子FM https://775fm.com/


【記事@】
八王子FM、10月1日に開局へ 当日は開局記念特番も
(2017年09月28日 八王子経済新聞)
https://hachioji.keizai.biz/headline/2396/

八王子FMのスタジオ
八王子FMのスタジオ.jpg

 八王子市内を対象としたコミュニティーFM局「八王子FM」が10月1日、開局する。

 八王子エフエム(八王子市みなみ野4)が運営する同局。昨夏、市制100周年に合わせ、まちおこしや防災、防犯、地域連携などを目的に開局準備室を設置。8月10日に総務省関東総合通信局が予備免許を交付、9月13日からは開局を前に試験電波の発射を行っている。

 平日は9時間、週末は6時間の地域情報ワイドプログラムを編成。火曜21時からは「歌う神主」という壮紫さんによる「わたくし歌う神主壮紫と申します!」、金曜22時にはジャーナリストで超常現象を取り上げた番組を多数手掛けた矢追純一さんによる「矢追純一のEncounter遭遇」、土曜12時にはプロバスケットボールチーム「東京八王子トレインズ」の和田尚之代表らによる「Trains Time」など、さまざまなレギュラー番組も放送する。このほか、歌手の東野純直さんや女優の林寛子さんらも番組を担当する。

 「音楽を始め趣味・教養・娯楽・観光・地域イベント・スポーツなど多彩な番組を編成し、 さらに著名タレントやミュージシャンなどの番組で聴いて楽しいラジオを目指す」と同社。9月22日には八王子市と「災害情報の放送に関する協定」を締結。災害時には可能限り災害情報を放送するという。

 開局当日は11時〜18時の間、本社スタジオから公開生放送を実施。11時から放送する開局記念特別番組では、画家のクリスチャン・ラッセンさん、俳優の辰巳琢郎さんや林寛子さん、歌手の桑江知子さんや岡村孝子さん、花*花、タレントの林家ペーさんら著名人からのコメントを放送するほか、地元で活躍しているさまざまゲストも招いて盛り上げるという。

 周波数は77.5MHz。ネットを使った配信も行う予定。


【記事A】
八王子FM いよいよ開局
みなみ野にスタジオ
(2017年9月21日 タウンニュース八王子版)
http://www.townnews.co.jp/0305/2017/09/21/399079.html

スタッフの横山咲耶さん(右)とパーソナリティの新井沙織さん。スタジオ前にて
スタッフの横山咲耶さん(右)とパーソナリティの新井沙織さん。スタジオ前にて.jpg

 地域ラジオ局「八王子FM」が市制100周年の記念日にあたる10月1日(日)、いよいよ開局する。「防災」「防犯・地域連携」「まちおこし」をその役割とし、八王子エリアの地域情報を発信していく。「ラジオを知らない世代も増えている。ぜひ電波で聞いてほしい」と同局は呼びかける。

10月1日から

 運営は(株)八王子エフエム(中野健次郎代表)。みなみ野にスタジオ(演奏所)があり、電波は市役所本庁舎屋上から送信する。周波数は77・5メガヘルツ。放送区域は市内全域、日野市・あきる野市・昭島市の各一部で、可聴人口は約110万人。インターネットを利用しパソコンやスマートフォンで聴くこともできる。

 24時間放送で、午前7時から午後7時まではスタジオから。そのうち、およそ9時間は生放送となる(土日は6時間)。

 八王子市だけでなく近隣の一部行政区を含んだ「八王子エリア」の情報を提供していく。ラジオパーソナリティは20人ほど。制作会社からの提供番組は使用せず、「自社番組100%」になるという。朝にはこの地域の暮らしに役立つ話題を届けるプログラム、夕方には1日のニュースを紹介するもの、また、矢追純一さんや林寛子さんら著名人の看板番組もある。

 なお今後市と防災協定を締結する予定で(9月8日取材時点)、災害時は市からの情報を優先して放送する。また平時でも避難所の周知など、啓発活動に力を入れる。

 スタジオは八王子みなみ野駅から西へ約1・5Kmのところで、通りに面した建物の1階にある。4つのスタジオ設備があり、メインスタジオは外から見えるようになっている。

「ぜひチューニングを」

 「八王子のみなさんにとって地域に特化したラジオは初めてと思います。日々の生活の一部になる存在になれれば。ぜひチューニングしてください」と中野さんは話した。

 中野さんらは昨年6月、地域ラジオ局の創設を思い立ち今年1月から本格的に準備を進めてきた。6月末、総務省に開局を申請し8月3日、開局準備のための仮免許が付与された。9月末から試験放送を開始し10月1日、開局となる。

 地域ラジオ局の運営に20年以上携わるスタッフは「準備から開局まで通常5年くらい、長い所は10年かかるところもある。八王子FMは信じられないくらいスムーズに進んでいる」と話す。音楽プロデューサーであり長く音楽業界に在籍する中野さんの行動力が大きかったことに加えて、周波数が空いている状態だったこと、総務省が新設を推奨していたこと、また市制100周年という節目の年であったことなど「いい条件」が揃い順調に進行した。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | 八王子タウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

「伝承のたまてばこ〜多摩伝統文化フェスティバル2017〜」と「東京キャラバン in 八王子」を9月9日に見学

 先日【9月9日・10日、「伝承のたまてばこ〜多摩伝統文化フェスティバル2017〜」と「東京キャラバン in 八王子」が、八王子駅前で同時開催】を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/453239834.html

 2017年9月9日(土)に、「伝承のたまてばこ〜多摩伝統文化フェスティバル2017〜」と「東京キャラバン in 八王子」を見学してきました(^^)

 お天気にも恵まれ、また内容も盛沢山で、ぜひこのような貴重な文化事業は、来年以降も継続してほしいですね(^^)

公式web「伝承のたまてばこ〜多摩伝統文化フェスティバル2017〜」
http://www.denshonotamatebako.tokyo/

公式web「東京キャラバン in 八王子」
http://tokyocaravan.jp/news/693


「伝承のたまてばこ〜多摩伝統文化フェスティバル2017〜」(撮影:銀河流星)
伝承のたまてばこ〜多摩伝統文化フェスティバル2017〜@.JPG
伝承のたまてばこ〜多摩伝統文化フェスティバル2017〜A.JPG
伝承のたまてばこ〜多摩伝統文化フェスティバル2017〜B.JPG
伝承のたまてばこ〜多摩伝統文化フェスティバル2017〜C.JPG
伝承のたまてばこ〜多摩伝統文化フェスティバル2017〜D.JPG
伝承のたまてばこ〜多摩伝統文化フェスティバル2017〜E.JPG

「東京キャラバン in 八王子」(撮影:銀河流星)
東京キャラバン in 八王子1.JPG
東京キャラバン in 八王子2.JPG


【記事】
踊って体感 日本文化…八王子市と都
(2017年09月10日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/news/20170911-OYTNT50287.html

舞踊の舞台に向かうため、人力車で勢ぞろいした八王子芸者衆(JR八王子駅北口商店街ユーロードで)
舞踊の舞台に向かうため、人力車で勢ぞろいした八王子芸者衆.jpg

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けた機運を高めようと、八王子市で9日、都と市がそれぞれ主催する文化イベントが始まった。10日まで。

 同市明神町の広場で始まったのは「東京キャラバンin八王子」(都主催)。劇作家の野田秀樹さんの提唱で全国各地をアーティストが巡り、文化交流を図る試み。昨年はリオデジャネイロ、東北、六本木で開催され、今年は八王子と京都、熊本でも開かれる。

 八王子でのテーマは「踊り」。アーティストの日比野克彦さんがデザインしたやぐらで、振付家の近藤良平さんがリーダーを務めて琉球舞踊、仙台すずめ踊りなどを披露した。また、市民はパラパラやロカビリーを踊り、盛り上がった。

 JR八王子駅北口商店街では多摩地区の伝統文化、芸能を紹介する「伝承のたまてばこ」(同市主催)が開幕。道沿いの三つの公園に設けられた舞台では、あきる野市の菅生歌舞伎や八王子芸者衆の舞が多くの観客を集めた。芸者衆が人力車を連ねた「お練り」で、「八王子芸者衆のお通りだーい」のかけ声とともに姿を見せると、あでやかな着物姿に大歓声が上がった。
posted by 銀河流星 at 00:01| Comment(0) | 八王子タウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

八王子警察署の新庁舎(八王子市元本郷町)が完成。旧庁舎の約3・1倍規模に。8月27日より新庁舎で業務開始

 以前ブログで【八王子警察署が新庁舎を建設。八王子市役所の隣地へ移転】を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/246767261.html

 その八王子警察署新庁舎(八王子市元本郷町)が完成しました(^^) 旧庁舎の約3・1倍規模に拡大しています。立派な新庁舎ですね(^^)

 新庁舎で業務開始は、2017年8月27日からとなっています。皆様お間違えないようお願いします。八王子の街はどんどん更新されていきますね。

八王子警察署
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/9/hachioji/iten/iten.htm


【記事@】
八王子署、新庁舎に移転 窓口業務は28日スタート
(2017年8月26日 東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201708/CK2017082602000124.html

業務開始が近づく新庁舎=八王子市で
八王子署新庁舎.jpg

 八王子署は二十七日午後、八王子市元横山町の現庁舎から約一・九キロ西の同市元本郷町に新築した庁舎に移転する。車庫証明など新庁舎での窓口業務は、二十八日午前八時半から。

 八王子市役所近くの新庁舎は、太陽光発電のほか屋上緑化を取り入れ、照明に発光ダイオード(LED)電球を使用するなど環境に配慮。一般の駐車スペースを現庁舎の七台分から十五台分と倍以上に増やすなど、利便性も高めた。地下一階地上六階建てで、延べ床面積は一万四千九百平方メートル。現庁舎の三・一倍の広さになる。

 一九八一年に建てられた現在の庁舎は、三十六年が経過。老朽化が進み、警察業務に支障を来す恐れも出てきたため、二〇一四年十月から六十五億円かけて新庁舎の建設工事を進めていた。(萩原誠)


【記事A】
八王子署キャラ「はちけいくん」…新庁舎に合わせ作成
(2017年8月25日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/news/20170825-OYTNT50114.html

千人同心がモデル
はちけいくん.jpg

 八王子署は、27日から新庁舎での業務が始まるのに合わせ、初めてマスコットキャラクター「はちけいくん」=イラスト=を作成した。窓口業務は28日から。今後は、同署が発行する防犯や交通安全のチラシなどで活用していく。

 はちけいくんは、江戸時代の武蔵国多摩郡八王子の警備と治安維持のために配置された「八王子千人同心(せんにんどうしん)」をモデルにした。

 特徴の大きな目には、街の隅々まで見渡すことができるようにという思いを込めた。左手には悪人を退治する警杖(けいじょう)を持ち、陣羽織には八王子署の記章、陣笠(じんがさ)には警察章をあしらった。

 署員からデザインを募集し、投票ではちけいくんが選ばれた。同署の担当者は「地域の人に親しまれるマスコットにしていきたい」と話している。

 八王子署の電話番号は移転に伴って042・621・0110に変更になる。
posted by 銀河流星 at 15:40| Comment(0) | 八王子タウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする