2018年05月09日

「八王子市長房地区まちづくりプロジェクト」(約3・1ha)の事業者決定は9月。2019年度着工、2020年度竣工へ

 以前ブログで【東京都都市整備局が11月29日、「八王子市長房地区まちづくりプロジェクト」(約3・1ha)事業実施方針を公表】(2017年12月06日)を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/455344777.html

 その「八王子市長房地区まちづくりプロジェクト」(約3・1ha)の手続きが本格的にはじまっています。

 商業や医療、福祉、オープンスペース、交流スペースなどの機能を備えた複合施設になるようですが、広い土地ですので、商業施設には、ぜひ八王子市内にはないジョイフル本田カインズホームを誘致していただきたい(^^)

 事業者決定は2018年9月。2019年度の着工、2020年度の竣工予定。八王子市では、市内各地で再開発が進行しています。今後の発展が楽しみですね(^^)

ジョイフル本田 http://www.joyfulhonda.com/

カインズホーム http://www.cainz.com/shop/


【記事】
東京都/長房団地都有地(八王子市)活用/複合施設開発事業者公募、4月12日説明会
(2018年3月29日 日刊建設工業新聞)
https://www.decn.co.jp/onlineservice/News/detail/3201803290405

 東京都は、八王子市にある都営長房団地の建て替えで創出された未利用都有地を活用し、複合施設を開発・運営する民間事業者を公募する。28日に募集要項(公募型プロポーザル方式)を公表した。4月12日に説明会を開く。同16〜17日に参加希望表明書、5月8〜9日に対話申請書、6月28日に提案書の提出を受け付ける。9月ごろに事業予定者を決定する。

 計画地は八王子市長房町340の12、39(対象面積3・1ヘクタール)。用途地域は第2種住居地域で、建ぺい率は60%、容積率は200%が上限。

 公募には民間企業の単体かグループが参加できる。商業や医療(診療所)、福祉、オープンスペース、交流スペースなどの機能を備えた施設計画の提案を求める。地域のかかりつけ医、在宅療養の支援などの役割が果たせる診療所を想定。福祉施設の事業例では居宅サービス、地域密着型サービスなどをイメージしている。

 事業予定者の決定後、基本協定、事業用定期借地権設定契約をそれぞれ結ぶ。19年度の着工、20年度の竣工を目指す。施設の運営期間は30年。
posted by 銀河流星 at 22:59| Comment(0) | 八王子タウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

国家公務員共済組合連合会(KKR)と日本郵便が、八王子大和田郵政宿舎等の土地2・1haを、フォレストプロパティ売却。マンションと商業施設の複合施設に

 国家公務員共済組合連合会(KKR)と日本郵便が、八王子市大和田町に所有する土地2・1haの一般競争入札開札が2018年2月23日に行われ、八王子市内で「フォレストモール南大沢」など近隣型ショッピングセンターの開発・運営を手掛けるフォレストプロパティが取得しました。

 同社は、ファミリー向け住宅(150戸以下)と商業施設の建設を行います。着工、完成の時期は未定。

 八王子大和田郵政宿舎などがあった同地に関しては、私も関心を持っていましたが、マンションと商業施設の複合施設になるので、近隣の方々はますます便利になりますね(^^)

 この土地の近くには、エコタウン八王子大和田店ムラウチホビー八王子店ダイエー大和田店などの商業施設があります。

 実は、私としては、住宅地に囲まれたこの広い土地に、ぜひ天然温泉付のスーパー銭湯をつくれば、相乗効果で更なる集客ができるし、周辺にお住まいの方々にも喜ばれる施設になると思っていました。

 厚かましいお願いですが、フォレストプロパティさんに、天然温泉付のスーパー銭湯をつくっていただければ嬉しいです! 道路の付け直しをして、ぜひ実現をお願いします(^^)

フォレストモール南大沢 https://minamiosawa.forest-mall.com/
 

八王子市大和田町にあるKKRと日本郵便の所有地(撮影:銀河流星)
大和田 郵政宿舎1.JPG
大和田 郵政宿舎2.JPG


【記事】
KKR/KKR・日本郵便所有地(八王子市)売却/フォレストプロパティに
(2018年3月7日 日刊建設工業新聞)
https://www.decn.co.jp/onlineservice/News/detail/3201803070411

 国家公務員共済組合連合会(KKR)は、KKRと日本郵便が所有する東京都八王子市の土地計2・1ヘクタールを40億10000万円でフォレストプロパティに売却した。2月23日に一般競争入札を開札。16日までに正式に契約を結ぶ。

 同社は八王子市にある「フォレストモール南大沢」など近隣型ショッピングセンターの開発・運営を手掛けるフォレストモールを所有する資産保有会社。

 同社によると、市が示した土地利用条件などに基づき、5階建て以下のファミリー向け住宅(150戸以下)と、2階建て以下の商業施設を建設する。着工、完成の時期は未定としている。

 市は、地域の利便性向上の観点から、子育て支援施設や医療・福祉施設、コミュニティーフロアなどの機能の導入検討も求めている。

 対象地は八王子市大和田町5の228の3ほか。京王線京王八王子駅の北東約0・8キロの住宅街に位置する。敷地面積は計2万1490平方メートル。

 内訳は、宅地が1万9474平方メートル(KKR所有分1万4835平方メートル、日本郵便所有分4639平方メートル)、公衆用道路2016平方メートル(KKR所有分)。

 用途地域は第1種住居地域で、建ぺい率は60%、容積率は200%が上限に指定されている。
posted by 銀河流星 at 00:27| Comment(0) | 八王子タウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

八王子にある警察犬訓練学校「中央警察犬・家庭犬訓練学校」(八王子市宮下町)

 先日ブログで【日本聴導犬協会が、八王子市横川町の事務所を支部に格上げ。八王子で訓練可能へ】を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/457379978.html

 今年は戌年HNK八王子にある警察犬訓練学校が放送されていたので、こちらもご紹介したいと思います(^^)

 警察犬訓練学校は都内に2カ所。その一つが、八王子市宮下町にある中央警察犬・家庭犬訓練学校です。

 今後とも八王子から立派な警察犬がたくさん生まれるといいですね(^^)

中央警察犬・家庭犬訓練学校(八王子市宮下町272−2)
http://www.policedog.or.jp/info2/ichiran.htm

【テレビ】
ピカピカ☆日本 警察犬を目指す犬たち
(2018年1月4日 HNKあさイチ)
https://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/180104/2.html

警察犬 八王子.jpg

 2018年戌年最初のピカピカは、ずばり“犬”。でもただの犬ではありません。それは警察犬を目指して訓練に励む犬たち。東京・八王子にある警察犬訓練学校では、新年早々から犬たちの息づかいが・・・。見るとシェパードやドーベルマンなど大型犬に混じって、チワワやトイプードルなど小型犬のかわいらしい姿も。

 2010年にチワワが警察犬に合格して以来、警察犬を目指す小型犬が増えているのです。警察犬になるには人の足跡を追う「足跡追求」や臭いを嗅ぎ取る「臭気選別」、人を捕まえたり護衛する「警戒防衛」のいずれかの能力が必要です。そこには犬の努力はもちろん、人と犬との信頼関係と飼い主の熱い思いが隠されています。今回は警察犬訓練の現場から、警察犬を目指す犬たちの魅力を掘り下げます。

中継場所:東京都八王子市
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | 八王子タウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする