2021年02月02日

八王子市が市民を対象に実施した世論調査で「市に住み続けたい」と回答した人が約9割!

 八王子市市民を対象に実施した世論調査で「市に住み続けたい」と回答した人が約9割に上りました! 八王子市が2020年8月〜9月に市内在住の18歳以上の5000人を対象にアンケートを実施した回答です。

 私は他の自治体の同様なアンケート調査を幾つか見たことがありますが、八王子市9割はとても高い数字だと思います。それだけ満足度が高く定住志向が強いという結果でしょう。八王子市民の半数以上は新規流入の市民ですから、数字には説得力がありますね。

 ただ交通に関しては、「交通の便が良い」という人と「交通の便が悪い」という人とに分かれます。八王子市域の中には、鉄道網などの公共交通機関が行き渡ってない地域もありますから、モノレールの早期着工が望まれます。


【記事】
市民の9割が「住み続けたい」…緑多く・交通の便が良く・買い物に便利な東京の街
(2021年2月2日 読売新聞)
https://news.yahoo.co.jp/articles/8464c9af27ee20be752924f3f5a9cf6a19d0c6f3

 東京都八王子市が市民を対象に実施した世論調査で、「市に住み続けたい」と回答した人が約9割に上り、市民の間で定住志向が強いことがわかった。

 市は昨年8〜9月、無作為で選んだ市内在住の18歳以上の5000人を対象にアンケートを実施した。2715人(54.3%)から回答が寄せられた。

 このうち、定住についての質問に関し、「住み続けたい」と答えた人が89.9%と、「市外へ移りたい」の8.2%を大きく上回った。住み続けたい理由は「緑が多く自然に恵まれている」(66.0%)、「交通の便が良い」(37.0%)、「買い物に便利」(31.2%)が上位を占めた。

 逆に、市外に移りたい理由については「交通の便が悪い」(43.5%)、「買い物に不便」(34.1%)、「市外に住みたいまちがある」(32.7%)が挙げられた。

 こうした結果について、市の担当者は「定住志向が強いが、市が広大なことから交通の便、買い物の利便性に格差感があることがわかる」と分析している。

----------------------------------------------------------------------

※2020年10月5日よりYouTubeをはじめました。
宜しければ、YouTubeへのチャンネル登録にご協力お願いします!
Ryusei Ginga チャンネル登録↓
https://www.youtube.com/channel/UCY4Xc4gG4CfJbx15v88-5wA?sub_confirmation=1
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | 八王子ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。