2020年11月18日

椚田町在住の写真家、小松由佳さんがノンフィクションエッセイ『人間の土地へ』(集英社インターナショナル)を9月25日に出版

 八王子市椚田町在住の写真家、小松由佳さんがノンフィクションエッセイ『人間の土地へ』(集英社インターナショナル)を、2020年9月25日に出版しました!

 皆さん、ぜひご一読ください。

集英社インターナショナル
https://www.shueisha-int.co.jp/publish/%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%AE%E5%9C%9F%E5%9C%B0%E3%81%B8
極限状況の人間を描くドキュメント!
日本人女性として初めてK2登頂に成功した著者と、ラクダと共に生きるシリアの青年。砂漠で出会った二人を待ち受けていたのは、「今世紀最悪の人道危機」、シリア内戦だった。徴兵された青年は、同胞に銃は向けられない、と政府軍を脱走する。辿り着いた難民キャンプは安全だったが、生きる意味を見い出せず、戦火のシリアに舞い戻る。人間は何を求めて生きるのか? シリア内戦を内側から見たノンフィクション


【記事@】
人物風土記関連
シリア難民の記録 小松さん「若い人に伝えたい」
(2020年11月12日号 タウンニュース八王子版)
https://www.townnews.co.jp/0305/2020/11/12/550668.html

小松さんが撮影したシリアの様子=公式HPより
人間の土地へ.jpg

 椚田町在住の写真家、小松由佳さん=人物風土記で紹介=が9月、ノンフィクションエッセイ「人間の土地へ」=画像=を集英社インターナショナルから出版した(2000円税別)。

 小松さんは2006年から中東シリアを取材。現地で出会ったシリア人男性ラドワンさんと結婚している。

 作品ではシリア内戦で難民となったラドワンさんについてや現地での自身の経験を記した。内戦によって人生が変わった「当事者の記録」だが、日本人である小松さんの視点から描写することで、「少しでも問題を身近に感じてもらえるのでは」と話す。

 「日本ではシリア問題の報道は年々減っていますが、現地の状況は以前よりも悪くなっています」と小松さん。日本は難民受け入れの基準が厳しいことや、もともとシリアと文化交流が少ない点も報道機会の減少に影響しているという。「幅広い人たちに、特に若い世代の人には手に取っていただきたい」。なお小松さん夫婦は市内外で講演活動も行っている。

人間の土地へ1.jpg


【記事A】
写真家で9月にノンフィクションエッセイを出版した
小松 由佳さん 椚田町在住 38歳
(2020年11月12日号 タウンニュース八王子版)
https://www.townnews.co.jp/0305/2020/11/12/550658.html


-----------------------------------------------------------

※2020年10月5日よりYouTubeをはじめました。
宜しければ、YouTubeへのチャンネル登録にご協力お願いします!
Ryusei Ginga チャンネル登録↓
https://www.youtube.com/channel/UCY4Xc4gG4CfJbx15v88-5wA?sub_confirmation=1
posted by 銀河流星 at 01:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。