2019年03月12日

不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」の「売りたい市区町村ランキング 2019」で八王子市急上昇、全国8位に

 以前ブログで【「2019年 LIFULL HOME‘s 住みたい街ランキング(首都圏版)」で、八王子が第2位にランクアップ!】(2019年2月5日)を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/464022554.html

 今度は、不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」の「売りたい市区町村ランキング 2019」で、八王子市が急上昇、2018年の47位から、2019年は全国8位となりました(^^)

 このランキングは、区画整理や再開発などで新陳代謝が進んでいる自治体が上位にくる傾向があり、また不動産の流動性・融通性を示しています。八王子市内の再開発や、活発な不動産市場を象徴していると言えますね(^^)


【記事】
リビンマッチ 売りたい市区町村ランキング 2019
(2019年3月12日 リビン総研)
https://www.lvnmatch.com/magazine/article/column/lvn_research/7989

リビンマッチ 売りたい市区町村ランキング 2019
「船橋市」が「世田谷区」から首位奪う!
2年連続1位の「世田谷区」は2位に転落!
TOP10初登場は「江戸川区」「八王子市」「川口市」「宇都宮市」


不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」を運営するリビン・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:川合 大無)は、「リビンマッチ」の不動産売却に査定依頼のあった不動産の行政区をもとに「売りたい市区町村ランキング 2019」を集計しましたので、概要をご報告いたします。

リビンマッチ 売りたい市区町村ランキング 2019.jpg

日本最大級の不動産売却一括査定サイト「リビンマッチ」で査定依頼件数が多かった行政区を集計したところ、「船橋市」が1位であることが分かりました。船橋市は1月〜3月、9月に1位を獲得し、2018年1月〜12月まで毎月トップ10内にランクイン。船橋市は、JR船橋駅周辺の土地が5年連続県内最高価格を付け、県内外からの人口流入が続き、区画整理や再開発など新陳代謝が進んでいるようです。

昨年まで2年連続1位だった「世田谷区」は2位に転落。世田谷区は4月〜8月、11月に1位を獲得し、毎月トップ10内にランクインしてたものの、トータル件数で船橋市に負けてしまいました。

以下、「足立区」「大田区」「練馬区」「鹿児島市」とトップ10の常連を占めるなか、「江戸川区」「八王子市」「川口市」「宇都宮市」がトップ10に初登場しました。江戸川区は10月に1位を獲得日s、年に8回、八王子市も年に8回、川口市と宇都宮市は5回ランクインしました。船橋市、鹿児島市、八王子市、川口市、宇都宮市は、中核市ですが、人口が50万人以上もおり、政令指定都市に匹敵する市です。その分不動産も流動的であると考えられます。

また、「倉敷市」(20位)、「那須塩原市」「富山市」(27位タイ)が昨年の圏外からトップ30以内に急浮上しました。倉敷市は1月に、那須塩原市は5月と12月にトップ10内にランクインしましたが、富山市はありませんでした。那須塩原市は、別荘地として有名なため、バブル景気の別荘ブームで購入した世代が高齢化し、売却を考えている人が多いのかもしれません。富山市は、現在行われている再開発も1つの原因ではないかと考えられます。

売りたい市区町村ランキング%202019(31-100位).jpg

100位までにランクインした行政区を見ると、東京都は19市区と一番多く、2位の神奈川県、大阪府、兵庫県(各7市区)の倍以上と大きく差をつけました。以下、埼玉県、千葉県、福岡県(各5市区)となり、昨年と比較すると、大きな都市だけでなく、地方都市などまんべんなくランクインしました。なかでも、「富山市」(27位)、「岐阜市」(32位)、「青森市」(49位)、「水戸市」(89位)、「秋田市」(93位)はその県初のランクインでした。

また、昨年のランキングと比較すると、「岐阜市」(32位)、「横須賀市」(39位)、「前橋市」(42位)、「青森市」(49位)、「いわき市」(53位)など圏外からトップ100にランクアップした行政区は27市区町。一方、「福岡市南区」(前年26位)、「文京区」(前年28位)、「福岡市早良区」(前年29位)、「浜松市中区」(前年32位)、「中央区」(前年35位)など昨年のトップ100から圏外にランクダウンした行政区は28市区ありました。

2018年は、日本最北端の北海道稚内市、最西端の沖縄県八重山郡与那国街を含む、全国1,791(2017年:1,808、2016年:1,806)市区町村の不動産査定依頼がありました。売りたい都道府県トップ5は、1位から東京都、大阪府、神奈川県、千葉県、埼玉県の順でしたが、逆に売りたくない都道府県トップ5は、1位から高知県、鳥取県、島根県、福井県、佐賀県の順となり、人口に比例する傾向にあります。

<調査概要>
■対象期間:2018年1月1日〜12月31日
■対象者:「リビンマッチ」の不動産売却ユーザー
■集計方法:「リビンマッチ」の不動産売却に査定依頼のあった行政区をそれぞれ集計
※本リリース内容の転載にあたりましては「リビンマッチ調べ」という表記をお使いいただけますよう、お願いいたします。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | 八王子ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。