2019年03月08日

八王子輩出の偉人、肥沼信次(こえぬま のぶつぐ)博士の生涯を伝える絵本「ドクター肥沼ものがたり」が完成

 以前ブログで【八王子市出身の肥沼信次(こえぬま のぶつぐ)医師とドイツのヴリーツェン市の絆が絵本に。『ヴリーツェンの風のなかで』出版】(2015年10月08日)を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/427446631.html

 八王子輩出の偉人、肥沼信次博士の生涯を伝える、新しい絵本ドクター肥沼ものがたり』が完成しました!

 市民団体「Dr.肥沼の偉業を後世に伝える会」が3,000冊を作成し、市内の公立小全70校に40冊ずつ配布、市立図書館、市民センターにも配るそうです。

 皆さん、ぜひご覧ください。


【記事】
肥沼博士の偉業絵本に 八王子
(2019年3月5日 読売新聞)
https://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/news/20190304-OYTNT50170/

肥沼博士の偉業絵本に 八王子.jpg

市内公立小に配布

 第2次大戦後の荒廃したドイツで、伝染病治療に命をささげた八王子市出身の医師、肥沼信次博士の生涯を伝える絵本「ドクター肥沼ものがたり」=写真=が完成した。市民団体「Dr.肥沼の偉業を後世に伝える会」が3000冊を作った。市内の公立小全70校に40冊ずつ配布し、市立図書館、市民センターにも配る。

 肥沼博士は医学留学中のドイツで終戦を迎えた。帰国せず、ベルリン近郊の小都市ウリーツェンでチフスなどの伝染病に苦しむ多くの市民の命を救ったが、自らも感染して37歳で客死した。献身的な治療は今も市民の敬愛を集め、八王子市との交流が続いている。

 伝える会会員の田中尚子さん(49)が、博士の生涯を紙芝居に仕立てており、絵本では田中さんの原画を使用した。

 8日は博士の命日。ウリーツェン市の墓前で慰霊式が行われる。八王子市では2017年に同市中町の生家跡地に顕彰碑が設置されており、同日に献花式が行われる。伝える会は献花式で絵本を供える予定だ。

 伝える会の塚本回子代表(77)は「きれいにできあがってうれしい。各校で大事に使ってもらえれば」と話している。
posted by 銀河流星 at 00:01| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。