2018年08月10日

「いのはなトンネル列車銃撃遭難者慰霊の会」が8月5日、小冊子『中央本線419列車 いのはなトンネル列車銃撃空襲の悲劇』(揺籃(ようらん)社)を出版

 終戦直前、八王子市裏高尾町の「湯(い)の花トンネル」に差しかかった列車が米軍機の銃撃を受けた史実を後世に伝えようと、八王子市内の住民らでつくる「いのはなトンネル列車銃撃遭難者慰霊の会」が、2018年8月5日、小冊子『中央本線419列車 いのはなトンネル列車銃撃空襲の悲劇』(揺籃(ようらん)社)を出版しました。

 銃撃があったのは、1945年8月5日

 新宿駅から長野駅へ向かっていた中央線の「419列車」が、P51戦闘機の機銃掃射を受け、50人を超える乗客らが命を落としたとされ、単独の列車を狙った空襲では、国内最大級の犠牲を出したとも言われています。

 もうすぐ8月15日。平和を考える上でも、ぜひお手に取りください。八王子市内の書店などで販売(税抜き600円)。

揺籃社http://www.simizukobo.com/
『中央本線419列車 ―いのはなトンネル列車銃撃空襲の悲劇―』.jpg


【記事】
終戦直前の悲劇 後世に…米軍機列車銃撃73年
(2018年8月8日 読売新聞)
https://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/news/20180808-OYTNT50062.html

終戦直前の列車銃撃を小冊子にまとめた斉藤さん
中央本線419列車 いのはなトンネル列車銃撃空襲の悲劇1.jpg

 八王子市裏高尾町で終戦直前、「湯(い)の花トンネル」に差しかかった列車が米軍機の銃撃を受けた史実を後世に伝えようと、市内の住民らでつくる「いのはなトンネル列車銃撃遭難者慰霊の会」が、被害状況などを小冊子にまとめ、出版した。執筆した高校教員の斉藤勉さん(60)は「銃撃の歴史を知って、平和について考えてほしい」と話している。

 銃撃があったのは、1945年8月5日。新宿駅から長野駅へ向かっていた中央線の「419列車」が、P51戦闘機の機銃掃射を受けた。50人を超える乗客らが命を落としたとされ、単独の列車を狙った空襲では、国内最大級の犠牲を出したとも言われる。

 斉藤さんは大学卒業後、空襲や戦災の記録をまとめてきた。83年、銃撃に関する証言を得るために、当時の乗客らによる座談会を開催。翌年には地元住民の有志らで慰霊の会を発足させ、毎年8月5日に慰霊の集いを開くようになった。

 不特定多数が乗り込む列車の場合、特定の地域を狙った空襲に比べ、犠牲者を特定することは難しかった。証言を集めるため、北海道の新聞に「尋ね人」の記事を載せ、遺族を捜し当てたこともある。

 3年ほど前には、米軍側の資料も新たに手に入った。一方で、当時のことを語ることのできる人は少なくなるばかり。「分かった事実を後世に残さないといけない」。小冊子の出版を決めた。



 小冊子は、過去に蓄積してきた乗客ら百数十人の証言や資料を基に作成した。満員の列車が銃撃され、乗客が逃げまどったことや、地元住民らが救護活動をしたことなどを、時系列に沿ってまとめた。

 「パンパンと機関砲弾の破裂する音が耳元で響き、人々の絶叫が起こった」「床は血の海で、歩くと血がくるぶしまで上がった」。情景をイメージしてもらえるように、細かい描写にもこだわった。「どんな説明も、事実の重さにはかなわない」との考えからだ。

 乗客が逃げ込んだとされる線路脇の沢や、負傷者が運び込まれた病院などの写真、列車の運行状況を示す地図なども随所に盛り込んだ。活字離れが指摘される若者にも、手に取ってもらうためだ。



 列車が銃撃されて73年の今月5日。慰霊の会は、この日を選んで小冊子を出版した。斉藤さんは「地元のことでも、伝えなければ忘れ去られる。戦争を経験していない人に読んでもらい、関心を持ってほしい」と話している。

 小冊子は「中央本線419列車 いのはなトンネル列車銃撃空襲の悲劇」(揺籃(ようらん)社)。八王子市内の書店などで販売している。税抜き600円。

平和願い 追悼の集い

列車が銃撃されたトンネルの近くで開かれた慰霊の集い(5日、八王子市で)
中央本線419列車 いのはなトンネル列車銃撃空襲の悲劇2.jpg

 慰霊の会は5日、トンネル付近で犠牲者を追悼する集いを開いた。遺族や地元の住民ら約70人が参列し、犠牲者の氏名を刻印した石碑に花を供えて黙とうした。

 集いは今年で35回目。来年には年号が新しくなることもあり、「昭和がさらに遠くなる」といった声も聞かれた。

 銃撃当時、列車に乗っていて、2歳上の姉を亡くした大田区の黒柳美恵子さん(86)は「戦争の歴史を正しく伝えていくことに責任の重さを感じます。二度と悲劇を起こさないように、さらに平和を願います」と話した。
posted by 銀河流星 at 01:07| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。