2018年06月10日

川口土地区画整理組合が、川口土地区画整理事業域内の保留地を取得する民間事業者を11月までに決定へ

 以前ブログで【八王子市が「川口土地区画整理組合」設立を2月28日認可。事業の名称は「八王子都市計画事業川口土地区画整理事業」】(2018年04月16日)を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/category/20226461-1.html

 川口土地区画整理組合(理事長・高野英男八王子市まちづくり公社理事)が、川口土地区画整理事業域内の保留地を取得する民間事業者を、造成工事がはじまる2018年11月までに決定することがわかりました。

 売却する保留地は地区南西側の約20ヘクタール。用途地域は工業地域で、建ぺい率60%、容積率200%が上限。組合はICに至近で都心へのアクセス性に優れることを生かし、流通・物流拠点としての整備を掲げています。

 同事業は、圏央道八王子西インターに隣接し、流通・物流企業からの関心が高く、多くの企業が進出を希望しています。保留地を民間企業に売却することで、同事業のアウトラインが見えてきますね(^^)

 市の税収、雇用の面でも大きな貢献が期待される大規模事業ですが、併せて、インターチェンジに隣接しているので、近くに大規模商業施設が進出できるような土地を整備・供給できれば、地域住民にとっても役立つ開発になると思います。

5.圏央道八王子西インターチェンジ周辺まちづくり(2018年6月1日開催資料 八王子市)
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/shisei/001/001/009/001/p007708_d/fil/300601kaiken.pdf


【記事】
川口土地区整(東京都八王子市)/11月めどに進出事業者選定へ/組合
(2018年6月4日 日刊建設工業新聞)
https://www.decn.co.jp/onlineservice/News/detail/3201806040401

 東京都八王子市の川口土地区画整理組合(理事長・高野英男八王子市まちづくり公社理事)は、土地区画整理事業区域内の保留地を取得する民間事業者の選定を進めている。運送業や冷凍倉庫業、小売業などの事業者が取得を希望。組合は造成工事に着手する11月ごろまでに売却先を決定したい考えだ。

 計画地は八王子市川口町、上川町、美山町、西寺方町の各一部(区域面積172・3ヘクタール)。首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の八王子西インターチェンジ(IC)の北側に位置する。売却する保留地は地区南西側の約20ヘクタール。用途地域は工業地域で、建ぺい率60%、容積率200%が上限。組合はICに至近で都心へのアクセス性に優れることを生かし、物流拠点としての整備を掲げている。

 地区北側の96・8ヘクタールは都市計画公園や緑地として保全する。24年度に換地処分を行う。組合には業務代行者として大和ハウス工業・フジタJV、事業協力者として昭和が参画している。総事業費は約169億円を見込む。

 市は土地区画整理事業や、事業区域内に流通・物流を主体とした産業・業務系施設を誘導する方針を定めた地区計画などを2月に都市計画決定している。7月には地区計画条例を改正し、地区計画に強制力を持たせる見通しだ。1日に記者会見した石森孝志市長は「雇用や税収の増加が見込める重要な事業だ。制度などを整備し、着実に事業を進めたい」と語った。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。