2018年05月29日

洋菓子店「パティスリー・メゾンドゥース」(八王子市南大沢)のオーナーシェフ、伊藤文明さんが来年1月、フランスで開催の世界大会に日本代表として初出場へ

 洋菓子店「パティスリー・メゾンドゥース」(八王子市南大沢)のオーナーシェフ、伊藤文明さんが、フランス2019年1月開催される世界大会「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」に日本代表として初出場します(^^)

 「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」は、「お菓子のワールドカップ」とも呼ばれており、洋菓子製菓の技術を競うもの。22カ国の代表が集まります。

 伊藤文明さんには、ぜひ世界一を勝ち取ってほしいですね(^^)

パティスリー・メゾンドゥース https://sweetsguide.jp/shop/43067
パティスリー・メゾンドゥース.png
パティスリーメゾンドゥース1.jpg


【記事】
伊藤シェフ 世界大会へ
パティシエ 日本代表に
(2018年5月24日号 タウンニュース八王子版)
https://www.townnews.co.jp/0305/2018/05/24/432588.html

南大沢にある自店「パティスリー・メゾンドゥース」で作業をする伊藤さん
南大沢にある自店「パティスリー・メゾンドゥース」で作業をする伊藤さん.jpg

 南大沢にある洋菓子店のオーナーシェフ、伊藤文明(ふみあき)さん(38)が来年1月にフランスで開催される世界大会「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」に日本代表として初出場する。大会は洋菓子製菓の技術を競うもの。伊藤さんは18日、石森孝志市長を表敬訪問。石森市長は大会での活躍に期待を寄せエールを送った。

アメ細工部門 「長年の夢」

 伊藤さんは3月に都内で行われた国内選考会の「アメ細工」部門で金賞に輝き、世界大会への出場を決めた。

 アメ細工は砂糖を熱し、飴状になったものを、様々な形にする製菓技術。伊藤さんはホテルの調理部門で洋菓子の製造を担当していたとき、先輩の作業を手伝ったことがきっかけで親しむようになった。

個人店で初

 世界大会、国内選考会とも2年に1度の実施。選考会で伊藤さんは前回銀賞、前々回は入賞圏外だった。これまで金賞受賞者は大手メーカーやホテルのパティシエが多く、「個人店」としては伊藤さんが初めてという。

 金賞に選ばれた伊藤さんの作品は自転車をテーマとしたもの。高さは125cmで、重さは約15kg。「砂糖のかたまり」(伊藤さん)だそうで、大会では7時間の制限時間で作られた。「気負い過ぎて。終わったら歯に穴が開いていました」と笑って振り返った。

 世界大会は「お菓子のワールドカップ」とも呼ばれており、22カ国の代表が集まる。日本勢は過去3回の大会で続けて銀賞を受賞している。
posted by 銀河流星 at 23:32| Comment(0) | 八王子ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。