2018年05月09日

「八王子市長房地区まちづくりプロジェクト」(約3・1ha)の事業者決定は9月。2019年度着工、2020年度竣工へ

 以前ブログで【東京都都市整備局が11月29日、「八王子市長房地区まちづくりプロジェクト」(約3・1ha)事業実施方針を公表】(2017年12月06日)を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/455344777.html

 その「八王子市長房地区まちづくりプロジェクト」(約3・1ha)の手続きが本格的にはじまっています。

 商業や医療、福祉、オープンスペース、交流スペースなどの機能を備えた複合施設になるようですが、広い土地ですので、商業施設には、ぜひ八王子市内にはないジョイフル本田カインズホームを誘致していただきたい(^^)

 事業者決定は2018年9月。2019年度の着工、2020年度の竣工予定。八王子市では、市内各地で再開発が進行しています。今後の発展が楽しみですね(^^)

ジョイフル本田 http://www.joyfulhonda.com/

カインズホーム http://www.cainz.com/shop/


【記事】
東京都/長房団地都有地(八王子市)活用/複合施設開発事業者公募、4月12日説明会
(2018年3月29日 日刊建設工業新聞)
https://www.decn.co.jp/onlineservice/News/detail/3201803290405

 東京都は、八王子市にある都営長房団地の建て替えで創出された未利用都有地を活用し、複合施設を開発・運営する民間事業者を公募する。28日に募集要項(公募型プロポーザル方式)を公表した。4月12日に説明会を開く。同16〜17日に参加希望表明書、5月8〜9日に対話申請書、6月28日に提案書の提出を受け付ける。9月ごろに事業予定者を決定する。

 計画地は八王子市長房町340の12、39(対象面積3・1ヘクタール)。用途地域は第2種住居地域で、建ぺい率は60%、容積率は200%が上限。

 公募には民間企業の単体かグループが参加できる。商業や医療(診療所)、福祉、オープンスペース、交流スペースなどの機能を備えた施設計画の提案を求める。地域のかかりつけ医、在宅療養の支援などの役割が果たせる診療所を想定。福祉施設の事業例では居宅サービス、地域密着型サービスなどをイメージしている。

 事業予定者の決定後、基本協定、事業用定期借地権設定契約をそれぞれ結ぶ。19年度の着工、20年度の竣工を目指す。施設の運営期間は30年。
posted by 銀河流星 at 22:59| Comment(0) | 八王子タウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。