2018年04月16日

八王子市が「川口土地区画整理組合」設立を2月28日認可。事業の名称は「八王子都市計画事業川口土地区画整理事業」

 以前ブログで【川口土地区画整理組合設立準備会が、2018年3月、組合設立へ。物流施設の第1期供用開始は2020年度に】(2018年01月11日)を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/456133975.html

 
 八王子市が「川口土地区画整理組合」設立を2018年2月28日認可しました(^^) 

 事業名称は「八王子都市計画事業川口土地区画整理事業」。これで圏央道のネットワークを生かした広域物流と中継、地域配送を想定した大規模物流拠点が整備されます。工事も早速、本格的に始まります(^^)


 同事業は、八王子市川口、上川、美山、西寺方の各町にまたがる山林を中心とした東西約1.7q、南北約2.0qの約172.3haを対象にした大規模プロジェクト。

 土地利用計画として、天合峰に続く主尾根を境に、北側は緑地空間を保全するため「(仮称)天合峰公園」を整備するなど都市計画公園として位置付け、一方、南側は広域物流センター・地域配送センター・倉庫や流通加工機能を持つ物流施設の立地を想定した流通業務施設用地とします。

 またインランド・デポ(内陸保税蔵置場)設置も検討されていますよ(^^)

 事業は3期に分けて進め、第1期供用開始は2020年度、すべての事業は2025年度に完了する予定。八王子は地域の一大物流拠点となります。

 天合峰公園の整備も楽しみですね。天合峰は里山として、かつては人々の生活に密着した場所でしたが、現在では人の手が入らず、荒れ放題となっています。都市計画公園として整備されれば、地域内外から人々が訪れ、素晴らしい癒しの空間を提供してくれることでしょう。

八王子市プレスリリース(平成30年2月28日)
http://www.hachi-jtk.or.jp/kawaguchi-kukakuseiri/file/h300228pressrelease.pdf
平成30年2月28日 川口土地区画整理組合設立認可

川口土地区画整理組合 http://www.hachi-jtk.or.jp/kawaguchi-kukakuseiri/home.html

企業の皆様へ 川口土地区画整理事業 東京ブランド産業拠点のお知らせ
http://www.hachi-jtk.or.jp/kawaguchi-kukakuseiri/file/tokyobrand.pdf


【記事】
八王子に大型物流拠点 市が組合設立認可、圏央道沿いに25年度完成
(2018年3月7日 日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00464680?isReadConfirmed=true

 東京都八王子市は、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の八王子西インターチェンジに隣接する八王子市川口地区の「川口土地区画整理組合」の設立を認可した。これにより土地区画整理法に基づく整備事業が本格的に始まる。圏央道のネットワークを生かした広域物流と中継、地域配送を想定した大規模物流拠点が整備される。総事業費は169億円。2025年度に完成予定。

 事業名称は「八王子都市計画事業川口土地区画整理事業」。八王子市の川口町、上川町、美山町、西寺方町の一部の172万3000平方メートルを整備する。自然環境の保全に配慮し、124万平方メートルを自然環境保全ゾーン、48万平方メートルを流通業務ゾーンに区分する。流通業務ゾーンは地区内道路を整備し、その沿道にヘクタール規模の街区を構成、最大街区は10万平方メートルの平地を有する。

 同事業は八王子市都市計画マスタープランに基づき、地域経済の振興や首都圏物流の効率化を目的に、圏央道を生かした広域物流拠点を整備するもの。八王子市川口地区の地権者らが10年に設立準備会を発足し、環境影響評価や市街地測量などの手続きを進めてきた。八王子市は条例に基づき総事業費のうち43億8000万円を助成する。川口土地区画整理組合は13日15時から大和ハウス九段ビル(東京都千代田区)で進出企業向けの事業セミナーを開く。土地区画整理事業の概要を説明する。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。