2018年03月06日

「高尾山ケヅメリクガメ招福亀甲園」(八王子市高尾町)が、3月25日オープン

 「高尾山ケヅメリクガメ招福亀甲園」(八王子市高尾町)が、2018年3月25日オープンします(^^) ケヅメリクガメは、砂漠やサバンナに住む大型の陸亀。

 ミシュランガイド三ツ星観光地で、年間300万人、世界一の登山者数を誇る高尾山。近年、京王高尾山駅の改装や、京王高尾山温泉/極楽湯高尾599ミュージアム開業など観光地として魅力を増す高尾山ですが、同園は新たな観光スポットになりそうですね(^^)

 ぜひケヅメリクガメに癒されに行きましょう(^^) 近隣の大型商業施設「イーアス高尾」の駐車場が無料化されたそうなので、お帰りの際は、イーアス高尾でショッピングやお食事も楽しめます。

 高尾エリアはどんどん魅力を増していますね(^^)

イーアス高尾 http://takao.iias.jp/


【記事@】
高尾にカメ園 来月開業
(2018年2月22日号 タウンニュース八王子版)
https://www.townnews.co.jp/0305/2018/02/22/420479.html

整備中のカメが入るゾーンを案内する丸山さん。園内には駐車場や亀の石像も(左)/ケヅメリクガメ(右)
高尾山ケヅメリクガメ招福亀甲園.jpg

 「高尾山ケヅメリクガメ招福亀甲園」(高尾町2093の1)が3月25日(日)に開業する。ケヅメと触れ合うことができる珍しい施設だ。園長の丸山久雄さん=人物風土記で紹介=はあきる野市在住で、開園にあたり近隣市で候補地を探した結果、「世界で一番登山客が多い」と言われる高尾山の麓を選んだ。ケヅメは砂漠やサバンナに住む大型の陸亀。

 「60〜70年ほどの寿命がある」と丸山さんは飼育の大変さを話す。当面は丸山さんの研究所(あきる野)にいる8頭でスタートする。「カメのゆったりした動きを見ていると癒されますよ」と丸山さん。

 大人800円。高校生まで400円。未就学児無料。木曜定休。(問)同園【電話】042・673・8188(開業1週間前から開通予定)。


【記事A】
高尾町にケヅメリクガメ専門園をオープンさせる
丸山 久雄さん あきる野市在住 55歳
(2018年2月22日号 タウンニュース八王子版)
https://www.townnews.co.jp/0305/2018/02/22/420478.html

丸山 久雄  ケヅメリクガメ.jpg

亀のように一歩ずつ力強く

 ○…「亀は笑顔を与えてくれる動物。ケヅメを全国に知ってもらいたい」。大きな体から自信に満ちた声が響く。ケヅメリクガメ専門の園は日本でもおそらく唯一という。30年務めた大手企業を早期退職して、38歳であきる野の自宅に「生態研究所」を設立。「ケヅメ所長」として話題に。2011年にはテレビ出演をきっかけに本も出版した。

 ○…最初に飼ったケヅメは、ペットショップで「飼ってくれ」と目で訴えていたという「グレート」。全長1メートル、体重100キロを超える大型で推定42歳。3年前に脳梗塞で生死の境をさまよったとき、朦朧とした意識の中にグレートが現れて三途の川を渡るのを引き留めてくれたそう。「だから施設は亀への恩返し」と笑う。「亀は神秘的な動物。縁起もいい」。園には神社を作って「パワースポット」にもする計画だ。

 ○…趣味はボディビルとデカ盛り食べ歩き。23歳のときに「アントニオ猪木が好きすぎて」プロレスラーを目指した。身長が足りずに断念。しかし、凝り性で一度始めると終わらない。自宅敷地内のプレハブに本格的なマシンを導入して体を鍛え続けた。大食い記録は回転ずし86皿、ビール8リットルなど。グレートといいライバルだという。

 ○…「最初はピンポン玉くらいなのに成長が早く、5年で30センチを超える。そうすると飼えなくなる人もいる」。ペットショップで3万円程度。気軽に買える点が問題と訴える。大型のカメが街中に出現してニュースになる場合、たいてい捨てられたケヅメリクガメだという。「捕まれば殺処分になってしまう」。だから園は動物保護施設という側面もある。「現在は結果をすぐに求める時代。亀のような生き方がいいと思う」。好きな言葉は「継続は力なり」。園は構想7年。ゆったりとした歩みでも、ゴールは目の前。「実は結婚する予定なんです。3年前に出会った彼女と」。もう一つのゴールも目前のようだ。
posted by 銀河流星 at 00:01| Comment(0) | ニューオープン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。