2017年10月24日

マルベリーブリッジの延伸工事(八王子東急スクエアと接続)が、2019年度完成へ

 八王子駅北口のマルベリーブリッジの延伸工事(八王子東急スクエアと接続)が、2019年度完成します(^^)

 延伸ルートは、八王子駅北口から八王子東急スクエアを通り(八王子東急スクエアと接続)、西放射線ユーロードまで。

 八王子市が2017年10月20日発表したのプレスリリースには、イメージ図がありますので、具体的にわかるようになっています。
 
 マルベリーブリッジ八王子東急スクエアに接続することは、長年の懸案だったので、ようやく実現します(^^) これで八王子駅前の回遊性は抜群に良くなりますね(^^) 
 
 将来的には(2021年度に完成予定の)産業交流拠点と接続するようです。八王子駅は、どんどん便利になっていきます。


マルベリーブリッジの延伸工事
(2017年10月20日 八王子市プレスリリース)http://www.city.hachioji.tokyo.jp/shisei/001/001/009/001/p007708_d/fil/291020kaiken1.pdf

八王子駅北口から見た延伸後のマルベリーブリッジ(イメージ)
マルベリーブリッジの延伸工事1.png

西放射線ユーロードから見た延伸後のマルベリーブリッジ(イメージ)
マルベリーブリッジの延伸工事2.png

マルベリーブリッジ今回延伸区間の位置図
マルベリーブリッジの延伸工事3.png

【記事】
八王子市 マルベリーブリッジ延伸を9月に
(2017年10月23日 建通新聞)
https://news.minkabu.jp/articles/urn:newsml:www.kentsu.co.jp:20171023:481ffed115218e68d4dbed78c9a3d23c

 八王子市は、八王子駅北口マルベリーブリッジ西放射線延伸工事を2018年9月議会承認案件として発注する考えだ。18年度当初予算で工事費が計上できれば、4〜5月に解除条件付き一般競争入札の手続きに入る。本年度は準備工事を行い、18〜19年度の2カ年で延伸工事を進めていく。
 
 JR八王子駅北口のペデストリアンデッキ「マルベリーブリッジ」は、駅前広場を一周する形に整備し、回遊性を高める方針。14年には東放射線アイロードへ延伸し、主に京王線との連絡ルートとして利用されている。工事は飛島建設・黒須建設JVが担当した。
 
 今回の延伸工事では駅前広場の北側から東急スクエア前を通り、西放射線ユーロードにつなげる。延長約90b、幅員約3〜8bの鋼製箱桁で、東急スクエアとも接続。階段1基の他、エレベーター1基、エスカレーター4基(2人乗り2基・1人乗り2基)を設ける。実施設計は国際開発コンサルタンツ(新宿区)が担当。
 
 本体に先立ち実施する準備工事(予定価格843万円)は、10月31日に指名競争入札を行い、11月に着手。門やモニュメント、ガードレール、街路灯など周辺の道路施設を撤去する。水道・下水道については各占用企業者が移設工事を行う。
 
 八王子駅北口駅前広場改善検討協議会の報告書によると、この工事の完成後に駅前広場の北側からカラオケ館前を通り、東放射線アイロードへ延伸するルートを整備する。石森孝志市長は「将来的には(21年度に完成予定の)産業交流拠点と接続させたい」としており、明神町・旭町街区のまちづくりと一体的に整備する意向を示している。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。