2017年05月31日

特定非営利活動(NPO)法人ひなげしが、リユース食器レンタルの作業所(八王子市松木)を5月オープン リユース食器

 特定非営利活動法人ひなげしが、リユース食器レンタルの作業所(八王子市松木)を2017年5月オープンさせました(^^)

 お祭りやコンサート、スポーツ観戦といったイベント会場では、使い捨て容器の利用が主流となっていますが、「祭りのあとには大量のごみ」という状況を改善するために、リユース食器の導入を中心とした取り組みを進めているそうです。

 また新作業所では障害者の雇用につなげようと、20人の利用者を募集しています。素晴らしい活動ですね。皆さん、ぜひイベントの際は、ひなげしをご利用ください!

特定非営利活動法人ひなげし https://www.npo-hinageshi.com/

リユース食器ネットワーク http://www.reuse-network.jp/
 リユース食器ネットワークは、使い捨て容器に替えて、繰り返し洗って使用するリユース食器の普及を中心に、3R(スリーアール)<リデュース(Reduce)・リユース(Reuse)・リサイクル(Recycle)>に取り組む全国の団体をつないだネットワークです。


【記事】
リユース食器
都内初の作業所完成
(2017年5月25日号 タウンニュース八王子版)
http://www.townnews.co.jp/0305/2017/05/25/383337.html

滅菌設備や食堂などもある
NPO法人ひなげし.jpg

 NPO法人「ひなげし」(竹内ひで子理事長)が今月、リユース食器の作業所(松木35の7の102)をオープンした。同NPOは2012年設立。主婦ら7人が集まり、昨年から個人宅で洗浄を行っていた。新作業所では障害者の雇用につなげようと、20人の利用者を募集している。

 リユース食器は、使い捨て容器の代わりにイベントの際に使ってもらうもの。主催者側が行政の補助金などを受けながら利用するケースが多い。これまで家賃が高いなどの理由で都内ではリユース食器の福祉作業所はなかったという。また、収益がイベントの有無に左右され、運営は安定しにくい面もある。竹内さんは「企業のコーヒーカップや幼稚園のお弁当箱など新たな需要を掘り起こせれば」と話す。今後、同施設はコミュニティスペースとしての利用も予定している。(問)【電話】042・675・3411 
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニューオープン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450393362
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック