2016年10月22日

プロ野球ドラフト会議で、5球団が創価大学の田中正義投手を1位指名。競合の末にソフトバンクが交渉権を獲得

 プロ野球ドラフト会議が、2016年10月20日グランドプリンスホテル新高輪で開かれ、5球団が創価大学(八王子市丹木町)の田中正義投手を1位指名。競合の末にソフトバンクが交渉権を獲得しました。

 プロ野球から大きな注目を浴びていた田中正義投手。今後、大いに活躍してほしいですね(^^)


【記事】
ソフトバンク、創価大の田中に指名あいさつ
(2016年10月21日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/20161021-OYT1T50168.html

工藤監督のメッセージが入ったドラフトの当たりくじを手に、笑顔を見せる田中(左は小川編成・育成部長、右は山本スカウト)
田中正義投手.jpg

 ソフトバンクの小川一夫編成・育成部長らが21日、東京都八王子市の創価大を訪れ、5球団競合の末に交渉権を得た1位の田中正義投手(22)に指名のあいさつを行った。

 1年目から先発での活躍が期待される右腕は、「『田中がいて良かった』と言ってもらえるように頑張る」と言い切った。

 直球の最速は156キロを記録。小川部長は「伸びしろは大きい。1〜2年後に球界を代表する大投手になってほしい」と期待を寄せた。この日は、「日本一を共に目指そう」と工藤監督がメッセージを添えたドラフト会議の当たりくじと、王球団会長のサインボールが手渡された。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 学園都市 「八王子」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック