2016年08月31日

八王子市に住む原爆被爆者の上田紘治さんが、『広島・長崎 今、伝えたい被爆の実相』(天地人企画)を自費出版

 以前ブログで【「八王子 平和・原爆資料館」(八王子市元本郷町)の移転・活用を考える】を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/438273373.html

 八王子市に住む原爆被爆者上田紘治さん(74歳)が、被爆者13人の声を集めた中国語日本語の対訳本『広島・長崎 今、伝えたい被爆の実相』(天地人企画)を自費出版しました。

 「多くの言語に訳すことで、多くの国の人に直接、被爆者の声を伝えていきたい」とのことで、これまでベンガル語版の対訳本を出版しており、ロシア語版やフランス語版も計画しているそうです。

 世界中の多くの方に、原爆の恐ろしさ、原爆被爆者の声を伝え、平和を考える契機としていただきたいですね。

 本は、八王子市内のくまざわ書店などで入手できます。価格は2000円(税別)。


【記事】
自費出版
被爆者の声、中国語で 八王子・上田紘治さん ロシア語、フランス語版も計画 /東京
(2016年8月30日 毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20160830/ddl/k13/040/087000c

中国語版とベンガル語版の対訳本を手にする上田さん=八王子市内で
広島・長崎 今、伝えたい被爆の実相.jpg

 八王子市に住む原爆被爆者、上田紘治さん(74)が、被爆者13人の声を集めた中国語と日本語の対訳本「広島・長崎 今、伝えたい被爆の実相」(天地人企画)を自費出版した。上田さんは2014年にも同様のベンガル語版の対訳本を出版しており、ロシア語版やフランス語版も計画している。「多くの言語に訳すことで、多くの国の人に直接、被爆者の声を伝えていきたい」と話している。【黒川将光】

 上田さんは3歳のころ、広島市内の爆心地から10キロほど離れた自宅で、家族とともに被爆した。就職のため18歳で上京。電機会社で営業の仕事をしながら被爆者連帯運動にも参加し、住居地の八王子市内に組織した被害者の会の事務局長などを務めた。退職後は老人福祉関係のNPO代表として活動している。

 対訳本の出版は、10年に東京のモスクであった原爆関係の展示会で知り合ったバングラデシュ人男性に「外国人に原爆の被害を伝える本を作ってみてはどうか」と、勧められたことがきっかけ。知人の広島の被爆者17人から原稿を集め、バングラデシュの公用語、ベンガル語版の対訳本「広島の声」(東洋書店)を、14年に自費出版した。ただ、政情不安もあり、せっかくの対訳本も現地へ送ることが難しい状況が続いている。

 そうした中、15年春の核拡散防止条約(NPT)再検討会議で、日本が世界の指導者に被爆地訪問を促したことに中国が反発した。この話を聞いた上田さんは「中国の人にも原爆被害の姿を知ってほしい」と思い立ち、広島9人、長崎4人の被爆者の声で構成する中国語版を8月、自費出版した。

 上田さんは「私も被爆者手帳を持つ。国からの支援を社会に還元するのは当然だ」と話している。当面は現地図書館への寄贈を進めるが、中国国内への販売ルート確保も検討している。国内では八王子市内のくまざわ書店などで入手できる。価格は2000円(税別)。

--------------------------------------------------

【八王子市イベント情報】
☆2016年9月3日(土)・4日(日)
第15回 踊れ西八夏まつり
http://www.248shop.net/event/2016-summer.html

☆2016年9月11日(日)
巨 人 ― DeNA (イースタン・リーグ)
於・ダイワハウススタジアム八王子(八王子市民球場)
http://www.sponichi.co.jp/baseball/npb/2016/schedule/eastern09.html

☆2016年9月17日(土)
越中八尾おわら風の舞 in 八王子
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/sangyo/shogyo/event/030875.html
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック