2016年08月05日

ムエタイ興行「ムエローク2016八王子チャリティ興行」が8月6日、八王子市富士森体育館で開催

 今日から八王子まつり(2016年8月5日〜7日)。2016年8月6日には、盆踊りギネス挑戦もあり、今年の八王子まつりは、大いに盛り上がると思います(^^)

盆踊りでギネスに挑戦 6日、八王子まつりで2300人参加
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201608/CK2016080402000135.html

八王子まつり http://www.hachiojimatsuri.jp/

 その他、八王子まつりの期間中には、様々なイベントがあります。

 その一つが、ムエタイ興行ムエローク2016八王子チャリティ興行」です。2016年8月6日(土)15:30試合開始、八王子市富士森体育館で開催されるので、ぜひご観戦ください(有料)。

 ムエタイ興行は、盆踊りギネス挑戦と時間帯が被っているようなので、時間配分が難しそうですが、両方見たいですね(^^)

尚武会 http://blog.livedoor.jp/shobukai/

8月6日 土曜日 15:00開場 15:30試合開始
会場:八王子市 富士森体育館、無料駐車場:200台
最寄駅:京王線山田駅  JR中央線西八王子駅南口 徒歩10分
主催:尚武会
認定:WMC世界ムエタイ評議委員会
協力:東京八王子いちょうライオンズクラブ
問い合わせ 042-651-5184(尚武会)

カード
オープニングジュニアファィト第1試合 30kg級2分2ラウンド
コウガ(尚武会) vs  大和(ウルフキックボクシングジム)

オープニングジュニアファィト 第2試合 2分2ラウンド
中村大空(尚武会) VS 西山朝登(晴山塾)

第1試合 55kg級契約  3分3ラウンド
赤坂昭彦(超人クラブ) VS 西 孝之(八王子FSG)

第2試合 WMC 56Kg級3分3ラウンド
中根真淑(エイワスポーツ) VS ショウエイMDK (晴山塾)

第3試合 レジェンド2分3ラウンド
小俣智紀(尚武会)  VS 高木慎一(ウルフキックボクシングジム)

第4試合 WMC45kg級 3分3ラウンド
バンフース・小次郎(尚武会) VS 村井雄誠(チューティンムエタイジム)

第5試合 WMCスーパーライト級 3分3ラウンド
DAIJU(尚武会/ TEAM3RDPLACE)  VS 中尾満(エイワスポーツジム)

第6試合 WMCスーパージュニア34kg 2分3ラウンド
吉成士門(エイワスポーツジム) VS 中野悠成(大原道場)

第7試合 WMCスーパージュニア40kg契約 2分3ラウンド
小宮山怜虎(尚武会) VS 石渡悠真(チューティンジム)

第8試合 WMCフェザー級 3分3ラウンド
バンフース・ハンター(尚武会) VS サックスワン・GTジム(タイ)

第9試合 WMC世界スーパーフライ級ランキング戦
佐々木雄汰(尚武会) VS Daniel Gyllenberg (スゥェーデン)

第10試合 WMC女子スーパーフライ級2分3ラウンド
佐々木蝶里(尚武会) VS キム・ヒョジン(E.M.Aムエマル)

第11試合 ムエローク58kg級
下田祐樹(尚武会) VS 昇龍(リーズテコンドー)


【記事】
【ムエローク】佐々木姉弟が国際戦に挑む
(2016年8月4日 イーファイト)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160804-00000009-gbr-fight

天才少年・佐々木雄汰(右)はMAX MUAYTHAIに出場しているダニエル(左)と対戦
ムエローク2016八王子チャリティ興行.jpg

 8月6日(土)東京・八王子市富士森体育館で開催される『ムエローク八王子興行』の全対戦カードが決定した。

 今大会では佐々木雄汰(尚武会)がWMC世界スーパーフライ級ランキング戦として、ダニエル・ギルレンバーグ(スウェーデン)と国際戦を行う。

 佐々木はジュニアで国内はもとよりタイでも戦績を重ね、2015年6月に15歳でプロデビュー。WMC世界フライ級王者の貴・センチャイジムを首相撲でコカしまくり、結果はドローだったが関係者を驚かせた。その後、タイ人相手に2敗を喫したが、昨年12月にわずか5戦目でMuayThaiOpenスーパーフライ級王者となり、今年3月にはWPMF日本スーパーフライ級王座も獲得した。

 対戦相手のダニエルはムエタイの国際大会『MAX MUAYTHAI』に出場している選手で、長いリーチから繰り出されるパンチを得意とするが、ヒジやヒザ蹴りなどムエタイの戦い方に慣れているファイターのようだ。フィジカルに優る欧米選手に佐々木の技は通用するか。

 姉の佐々木蝶里(尚武会) はキム・ヒョジン(韓国)と対戦。蝶里もジュニア時代から活躍してきた選手で、パワフルなミドルキックを得意とする。3月のWPMF日本女子フライ級王座決定戦ではベテランのグレイシャア亜紀に敗れて王座獲得はならず、今回が再起戦。

 対するヒョジンは2014年4月、REBELSに来日してWPMF日本女子フライ級王者(当時)いつかと対戦している。当時の肩書きは大韓プロムエタイ協会フライ級1位。あれからキャリアを積んでさらに実力をアップさせているのか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック