2016年04月14日

『あなたの仕事は「誰を」幸せにするか?』(著者・北原茂実、ダイヤモンド社)

 北原国際病院(八王子市大和田町)や北原リハビリテーション病院(八王子市左入町)他、複数の病院・クリニックを展開する医療法人社団KNI北原茂実(きたはら・しげみ)理事長の著書『あなたの仕事は「誰を」幸せにするか?』(ダイヤモンド社)を読みました(^^)

 医療界きっての変革者である北原茂実理事長は、日本の医療を輸出産業とするため、実際にカンボジア等で実践をされています。このような先生が、八王子にいらっしゃるのは本当に素晴らしいことですね。

PS:そういえば、北原リハビリテーション病院回復期病棟の新設工事がはじまるそうですよ(^^)

北原国際病院 http://www.kitaharahosp.com/honnin/
北原リハビリテーション病院 http://www.kitaharareha.com/

『あなたの仕事は「誰を」幸せにするか?』(撮影:銀河流星)
『あなたの仕事は「誰を」幸せにするか?』.jpg
『あなたの仕事は「誰を」幸せにするか?』2.JPG


Kitahara Medical Strategies International(医療法人社団KNI 北原国際病院 関連企業)
カンボジアにおける合弁会社設立に関するお知らせ
http://kitaharamsi.com/2018


【記事@】
カンボジア王国「救急救命医療整備事業」に対する海外投融資貸付契約の調印
−カンボジアの医療水準向上と我が国医療の国際展開を支援−
(2015年6月26日 独立行政法人 国際協力機構)
http://www.jica.go.jp/press/2015/20150626_01.html

病院完成予想図
カンボジア王国「救急救命医療整備事業」.jpg

 国際協力機構(JICA)は、6月25日、日揮株式会社、株式会社産業革新機構、株式会社Kitahara Medical Strategies Internationalが出資するカンボジア法人Sunrise Healthcare Service Co., Ltd.(以下「SHS」)との間で、救急救命医療整備事業を対象として、プロジェクトファイナンスによる貸付契約を締結しました。

 本事業は、SHSがカンボジアの首都プノンペンにおいて、救命救急センターを併設した民間病院(病院名:Sunrise Japan Hospital Phnom Penh)を設立・運営することにより、日本の技術・ノウハウを活用した医療サービスを提供し、もって同国の疾病状況の改善に寄与するものです。JICAはSHSが本事業を行う上で必要な資金を融資します。

 カンボジアでは近年急速な経済成長に伴い、国民の生活・社会環境が変化し、生活習慣病が増加しています。特に生活習慣病と関わりの深い脳卒中は救急患者の処置が重要ですが、現在カンボジアでは脳神経外科分野の高度医療が十分に整備されていません。また、近年の自動車やオートバイの急速な普及により交通事故が急増している状況に対し、事故後の患者に対する救急処置を行う救急医療体制も十分に整備されていません。このような状況の下、本事業は日本人医師や看護師を中心とした質の高い医療サービスを提供することにより、カンボジアにおける高度医療及び救急医療水準の向上に寄与するものです。

 本件はJICA海外投融資による初のプロジェクトファイナンス案件であり、株式会社三井住友銀行がファシリティーエージェントを務めます。また、JICAは本事業に対する融資に加え、本事業によりSHSが開院する前に医療法人社団KNI・北原国際病院(東京都八王子市)で行われる、医師、看護師等カンボジア人病院スタッフ向けの研修を支援する技術協力を行います。

 日本政府の「日本再興戦略」では新興国を中心に日本の医療拠点を2020年までに10ヶ所程度創設するとされており、本事業はこの医療拠点の1つに位置づけられます。また日本政府の「インフラシステム輸出戦略」において医療分野は新たなフロンティアとされており、「健康・医療戦略」では医療の国際展開のためにJICA海外投融資を積極的に活用するとされています。本事業はこれらの政策を具体化するものであり、病院建設に加えて日本の優れた医療技術が活用され、また、カンボジア人病院スタッフの人材育成と一体で事業が実施されることから、質の高いインフラ投資の先進的な事例となります。

 JICAは今後も開発金融機関として海外投融資を積極的に活用し、技術協力と組み合わせることにより、途上国における医療水準の向上、我が国医療の国際展開、医療分野を含めたインフラシステムの輸出に貢献していきます。


【記事A】
医療を日本最大の産業に変える!! 脳外科医北原茂実氏 『あなたの仕事は「誰を」幸せにするか?』2014年9月26日(金)、TSUTAYAにてレンタル開始!
(2014年10月4日 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 TSUTAYAカンパニー)
http://www.sankei.com/economy/news/141004/prl1410040004-n1.html

 不透明なこの時代に、あなたはどう変わるべきなのか。答えはただ一つ。ブレない生き方。

 「学びは 知的エンターテインメント」をスローガンに、「学び」全般をテーマにしたDVDの発売及びレンタルをしておりますTSUTAYAビジネスカレッジでは、9月26日(金)日本の医療業界で革新的なビジネスを展開し、医療の海外輸出をすすめる医学博士・北原茂実氏のDVDを発売いたします。旧態依然とした医療界に新風を巻き起こす目的とは?起業家として成功への道を歩み続ける北原氏が生き方について語ったインタビューを講演会の模様とともに映像化し発売いたします。

【セールスポイント】
 閉塞感漂う今の世の中を変える唯一の方法は、政治でも善意でもなく、「ビジネス」である! ! ベストセラー『「病院」がトヨタを超える日』の著者にして、医療業界のフロンディアでもある北原茂実件氏が、「医療」を日本最大の基幹産業に変える方を説きつつ、不透明なこの時代に、あなたはどう変わるべきなのかを問いかける。
※同名書籍も、ダイヤモンド社より絶賛発売中。

【北原茂実氏プロフィール】
 脳外科医、経営者。1953年神奈川県生まれ。(医)理事長。東京大学医学部を卒業後、1995年東京都八王子市に北原脳神経外科病院(現・北原国際病院)を開設。救急・手術から在宅・リハビリまで一貫した医療を提供すべく、(医)KNIとして八王子市内に4施設、宮城県東松島市に1施設を経営。「世のため人のため より良い医療をより安く」「日本の医療を輸出産業に育てる」の2つを経営理念に、斬新な取り組みに挑戦しつづけている。特にカンボジア、ラオス等の海外において「総合生活産業としての医療」を輸出するビジネス的な試みは、大きな注目を集めている。著書に『「病院」がトヨタを超える日』『「病院」が東北を救う日』(講談社+α新書)。


【記事B】
八王子市 北原病院リハ棟新設 相武に決定
(2016年3月24日 建通新聞)
http://www.kentsu.co.jp/webnews/view.asp?cd=160323500080&pub=1

 【八王子】医療法人社団KNI(八王子市)は、北原リハビリテーション病院回復期病棟の新設工事の施工者を相武企業(八王子市)に決めた。着工は3月下旬で、完成予定は2017年5月末。


【記事C】
(仮称)北原リハビリテーション病院回復期病棟新築工事
http://www.kensetsu-databank.co.jp/osirase/detail.php?id=35278

住居表示:東京都八王子市左入町461
主要用途:病院  工事種別:増築
構造:鉄筋コンクリート造  基礎:現場造成杭  階数(地上):4階
延床面積:4610.47 u  建築面積:1232.42 u  敷地面積:21037.92 u
建築主:医療法人社団KNI
建築主住所:東京都八王子市大和田町1-7-23
着工:2016/03/30  完成:2017/05/31


※続報ブログ
【北原国際病院などが、日本式医療を丸ごと輸出し、9月20日、カンボジア・プノンペンに「サンライズジャパン病院」を開院】
http://welovehachioji.seesaa.net/article/442338847.html
posted by 銀河流星 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436289735
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック