2016年04月04日

八王子みなみ野シティに大手企業の進出相次ぐ。業界大手の芙蓉総合リースも進出へ

 先日ブログで【学園都市「八王子」に企業の研究所が相次いで進出。製菓大手の明治も八王子に新研究所を建設へ。将来、学研都市としても成長が期待】を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/435042231.html

 このブログでも紹介しているように、最近、企業の進出が相次ぐ八王子市ですが、特に八王子みなみ野シティに大手企業の進出が集中しています。

 この度、みずほフィナンシャルグループ系で、業界5位の大手総合リース会社の芙蓉総合リースが、八王子みなみ野シティに進出することが明らかになりました。たぶん研究所か研修所になると思われます。

 八王子は、職住近接した快適な街になりつつありますね(^^)

芙蓉総合リース http://www.fgl.co.jp/


【記事】
都市機構/みなみ野シティ南八王子地区業務用地貸付/芙蓉総合リースに
(2016年3月8日 日刊建設工業新聞)
https://www.decn.co.jp/onlineservice/News/detail/3201603080414

 都市再生機構首都圏ニュータウン本部は、東京都八王子市の「八王子みなみ野シティ(南八王子地区)」にある業務用地(大船町1009、敷地面積1万0517平方メートル)の賃借事業者を決める価格競争入札を行い、芙蓉総合リースを落札者に決めた。落札額(月額賃料)は299万7357円。3月中旬に契約を結び、土地を引き渡す予定だ。

 事務所、店舗、研究所・研修所、スポーツ施設、教育施設、福祉施設、病院、診療所のいずれか、またはこれらの複合施設を整備することが条件。用途地域は準住居地域で、建ぺい率60%、容積率200%が上限に指定されている。借地期間は10年以上30年以内。


※参考【テレビ】
【首都圏ネットワーク】
<首都圏取材File>“税金を3年間返還”・八王子市の企業誘致策
(2016年3月30日 NHK総合)
 
 自治体や経済団体からも「再び工業分野の製造拠点を目指すのは、現実的ではない」との意見を多く聞く。
 こうした中、八王子市では平成16年に、企業が支払う固定資産税などを3年間企業に返すという制度を導入した。

 一時の税収を犠牲にしてでも、多様な企業を誘致しようという決断だった。

 八王子市企業支援課の山岸研課長は「何より働く場がなければいけない。奨励金制度を設け、企業立地に取り組むことにした」と話した。制度の存在が知られるにつれ、徐々に効果が現れてきた。

 おととし「イタリアントマト」は、首都圏4か所の施設を八王子市に集約、1日約2000個のケーキを作っている。
 橋口芳久執行役員は「首都圏の工場が老朽化し、集約したいと探していた。立地としてもちょうどいい。税金のキャッシュバックは3年間の長期で魅力」と話した。

 制度導入から10年余、食品会社の研究拠点や物流会社など100近い会社を誘致した。

 山岸課長は「約5000人の新たな雇用が生まれ、100億円超の税収が得られているので、大きな成果があった」と話した。
posted by 銀河流星 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436194721
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック