前の記事 TOP 次の記事

2016年03月31日

高尾駅の南北自由通路は2021年度、北口駅前広場は2022年度完成。北口の現駅舎は「東浅川保健福祉センター」の第2駐車場に移築・保存へ

 以前ブログで【高尾駅が橋上化、南北自由通路と北口バスロータリーを整備。2016年着工、2022年完成へ】を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/398866458.html

 その後、詳細が出ていたので紹介します。

 高尾駅のリニューアルですが、着工は2017年度から、南北自由通路2021年度北口駅前広場2022年度完成となります。商業施設もできるそうですよ(^^)

 北口の現駅舎は「東浅川保健福祉センター」の第2駐車場に移築・保存されるそうです。歴史のある寺社風建築の駅舎が保存されることになって良かったです(^^)

 以前ブログでも言及しましたが、駅舎移築と同時に、ぜひJR駅の新設をお願いしたいですね(^^)

関東の駅百選「高尾駅北口駅舎」が、高尾駅の橋上化のため旧東浅川駅に移築へ。JR新駅の設置を望む
http://welovehachioji.seesaa.net/article/421954731.html

高尾駅周辺整備事業の進捗状況(2016年3月23日 八王子市プレスリリース 市長発表資料A)
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/dbps_data/_material_/localhost/soshiki/kochokohoshitsu/koho/H28/0323kaiken.pdf
 

【記事】
JR高尾駅、往来しやすく 駅舎橋上化、南北に自由通路 八王子市、現駅舎移築へ
(2016年3月25日 日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO98826050U6A320C1L83000/

 東京都八王子市は2017年度、JR高尾駅の橋上駅化による南北自由通路の新設、駅前広場拡幅など周辺整備を始める。このほど、一連の都市計画決定の手続きを終えた。22年度までの供用開始を目指す。全国でも珍しい寺社風の現駅舎は解体後、約1.5キロ東にある市有地に移築する。

全国でも珍しい寺社風建築の高尾駅

 南北自由通路は北口の駅前広場から、既に高架化している南側の京王電鉄高尾駅に至る24時間通行可能な施設として整備する。延長は約100メートルで、うち北口から80メートル部分は市道になる。現在は南北を行き来するにはJRの入場券などが必要で、自由通路の設置を求める要望が地元住民から出されていた。

 駅舎の橋上化で新たに生まれるスペースにはJRの改札口や駅事務室、商業施設のほか、観光案内機能を備えた市の施設も設ける。自由通路の整備に伴い、JR駅に隣接する京王高尾駅の改札口は西側に移設する。

 北口の駅前広場は現在の1800平方メートルから5000平方メートルに広げる。バスやタクシーの乗車バースを増設するとともに一般車・障害者用乗降スペースを新設する。国道20号(甲州街道)に向かうアプローチ部分となる道路には、右折専用レーンを設けるとともに歩道を拡幅する。

 今後、東日本旅客鉄道(JR東日本)、京王電鉄との間で整備費の負担割合などに関する協議を進め、施行協定を締結。17年度中に着工し、自由通路は21年度、駅前広場は22年度の完成を予定している。

 現駅舎は解体後、市がJRから部材を譲り受け「東浅川保健福祉センター」の第2駐車場に移築・保存する。

 駅舎の移設を含めた総事業費は12年に実施した概略設計の段階で114億円と試算した。国の補助金などを活用するが、近年の建築単価の上昇などもあるため、改めて精査する。

posted by 銀河流星 at 00:00 | 八王子タウン

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa