2016年03月18日

学園都市「八王子」に企業の研究所が相次いで進出。製菓大手の明治も八王子に新研究所を建設へ。将来、学研都市としても成長が期待

 以前ブログで【都市機構の八王子みなみ野シティ施設用地(八王子市七国)を、明治が約40億円で落札】を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/409692376.html

 建通新聞によると、製菓大手の明治八王子みなみ野シティ八王子新研究所を建設するそうです。

【民間建築情報】(建通新聞)
http://www.kentsu.co.jp/config/login.asp?type=minkan&cd=160307500000002&minkbn=1
公開日付:2016/03/11
地域:東京
建築物名:株式会社明治(仮)八王子新研究所
用途:その他

株式会社明治(仮称)八王子新研究所> 2016/4/1追記
http://www.kensetsu-databank.co.jp/osirase/detail.php?id=35548
地名地番: 東京都八王子市七国1-29-1ほか
住居表示: 東京都八王子市七国1
主要用途: その他(研究所)
工事種別: 新築  構造: 鉄骨造、鉄筋コンクリート造  基礎: 杭基礎
階数(地上): 7階
延床面積: 33090.78 u  建築面積: 8343.62 u  敷地面積: 40452.04 u
建築主 株式会社明治
着工: 2016/06/01  完成: 2017/10/31

 20以上の大学を擁し、全国的に学園都市として有名になった八王子に、実は最近、企業の研究所が相次いで進出しています。

 このブログでも

オリンパスが技術開発センター石川(八王子市石川町)内に新研究・開発棟を建設
http://welovehachioji.seesaa.net/article/403828686.html
コニカミノルタが、八王子市石川町に新棟(地上7階、延べ床面積約4万1,008u)を建設。2013年4月着工、2014年4月完成
http://welovehachioji.seesaa.net/article/322236260.html
日清食品ホールディングスが、八王子市戸吹町に研究所を新設。完成は2013年11月
http://welovehachioji.seesaa.net/article/316956699.html
ニッスイ「東京イノベーションセンター」
http://welovehachioji.seesaa.net/article/199780549.html

 など幾つかを紹介してきました。

 八王子学園都市としてばかりでなく今後、多摩シリコンバレーの中心地、学研都市としても成長し、有名になっていきそうですね(^^)

【記事@】
東京)八王子、学園都市だけでなく学研都市にも期待大
(2016年2月26日 朝日新聞)
http://digital.asahi.com/articles/ASJ2T3W7BJ2TUTIL00V.html?rm=446

今夏の完成を目指して建設が進むオリンパスの研究棟=八王子市石川町
オリンパスの研究棟 八王子市石川町.jpg

 八王子市で大企業の研究拠点の新設や増設が相次いでいる。大学が多い学園都市として知られる同市だが、学研都市としても期待が高まっている。

 JR北八王子駅近くの北八王子工業団地には企業の工場や物流拠点が立ち並ぶ。その一角にある光学機器・電子機器大手のオリンパス(新宿区)の「技術開発センター石川」の敷地内では、クレーンが建材を引き上げていた。11階建ての延べ床面積約1万5千平方メートルの研究棟で、今夏の完成を予定している。2010年にも研究棟2棟が建設され、主力事業である内視鏡の開発を手がける。同社広報によると、従業員5千人規模の同社の国内最大拠点になるという。

 このほか、同市では企業の研究所の開設が続く。いずれも各地に散っていた研究所を集約させた中枢施設だ。各社が利点として上げるのは、JR中央線や京王線で本社がある都心まで約1時間というアクセスの良さだ。市場競争が激化する中で、技術者も研究に没頭するだけでなく、本社のマーケティング担当者らと頻繁な打ち合わせが求められているという。

 即席めん大手の日清食品ホールディングス(新宿区)は14年、新商品開発などの研究所を滋賀県草津市から移転。広報担当者は「首都圏は技術や情報が集まり、海外との往来もしやすい」とし、製品開発のスピードが上がったという。

 多摩信金地域経済研究所の中西英一郎研究員は「近年は企業の都心回帰現象が起きていて、地価が安く用地取得が比較的容易な多摩地域が注目されている」と話す。

 市内の産業構造は変わりつつある。09年に日本ビクター(現・JVCケンウッド)の工場が、13年にはかつて沖電気工業の半導体製造拠点だった工場が撤退。オリンパスとコニカミノルタの研究施設も、以前は製造拠点だった。市企業支援課によると、需要減少に伴う生産拠点の統廃合や海外移転などが理由だ。同課によると、さらに研究所を新設する動きがあるといい、「製造ラインは海外への移転があるが、(都心回帰の)研究所は簡単には移らないだろう」と見込む。

 また、同市は市内や市周辺の25大学・高専で組織する大学コンソーシアムがある全国有数の学園都市だが、市内には中小企業が多く、地元への就職率が低いのが課題だ。市学園都市文化課の小浦晴実課長は「世界的な企業の拠点があれば学生の意識も変わる。産学連携など新たな展開に期待したい」と話す。(加藤勇介)


【記事A】2016/04/13追記
明治/東京都八王子市に新研究所を建設
(2016年4月13日 メーカーニュース)
http://makernews.biz/201604136401-11/

 明治ホールディングスは4月13日、事業子会社である明治の新研究所を東京都八王子市に建設する、と発表した。

<明治の新研究所 イメージ>
明治の新研究所 東京都八王子市.jpg

 神奈川県小田原市と埼玉県鶴ヶ島市にある研究所を統合する。投資金額は、約165億円。

 2016年6月に新研究所建設工事を着工し、2017年10月新研究所完工、2018年3月研究開発機能の統合完了を予定している。

 現在、小田原では乳・乳製品を中心に、鶴ヶ島では菓子を中心に研究開発を行っている。

 今回、これらを東京都八王子市に移転・集約し、商品開発研究、基盤研究、生産技術研究、品質科学研究など、明治が保有する全ての研究開発機能を統合する。

 新研究所は、「食イノベーション 〜明治じゃないとできないことを〜」をコンセプトとして掲げる。

 明治のイノベーションを担う中核拠点として、研究開発に関する社内外の知見・技術を結集して「知」の融合を図り、顧客との連携・対話を深め、新たな価値を共創していくという。

■新研究所の概要
所在地:東京都八王子市七国1-29-1,2
敷地面積:約4万平方m
建築面積:約8300平方m
延床面積:約3万3000平方m
posted by 銀河流星 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック