2015年11月22日

八王子実践高校(女子バレーボール)が東京都代表決定戦で優勝。「春の高校バレー」の全国大会出場へ

 「春の高校バレー」として行われる第68回全日本バレーボール高校選手権大会東京都代表決定戦が2015年11月21日墨田区総合体育館で行われ、女子は八王子実践高等学校八王子市台町)が優勝し、都の第1代表になりました(^^)

 全国大会は、2016年1月5日、渋谷区東京体育館で開幕します。バレーボール強豪校として有名な同校。これまで大林素子など数多くの日本代表を輩出してきました。

 「八王子」の名を冠する学校なので、「八王子」の地名を全国的に広める広報の役割も。ぜひ全国大会優勝を目指し、頑張ってほしいですね(^^)

八王子実践高等学校 http://www.hachioji-jissen.ac.jp/

【記事】
春高バレー 都代表6校、夢舞台へ
(2015年11月22日 産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151122-00000000-san-l13

【八王子実践−文京学院大女】第2セット、八王子実践・野嶋華澄のスパイクが決まる=21日午後、墨田区総合体育館(長尾みなみ撮影)(写真:産経新聞)
八王子実践・野嶋華澄のスパイク.jpg

■男子 東亜学園 駿台学園 東洋

■女子 八王子実践 文京学院大女 下北沢成徳

 「春の高校バレー」として行われる第68回全日本バレーボール高校選手権大会(日本バレーボール協会、フジテレビ、産経新聞社など主催)の東京都代表決定戦が21日、墨田区総合体育館で行われた。

 男子は、第1代表=東亜学園▽第2代表=駿台学園▽開催地代表=東洋に決定。女子は、第1代表=八王子実践▽第2代表=文京学院大女▽開催地代表=下北沢成徳が出場する。

 男子は、東亜学園が準決勝で安田学園に快勝。決勝は昨年の都大会覇者、駿台学園を振り切った。東洋は3位決定戦で安田学園にストレート勝ちし、出場できなかった昨年の雪辱を果たした。

 女子は、準決勝で八王子実践が3連覇を狙う共栄学園を破り、決勝は夏のインターハイ準優勝の文京学院大女に快勝した。下北沢成徳は3位となった。

 全国大会は来年1月5日、渋谷区の東京体育館で開幕する。



◆男子
▽準決勝
東亜学園 2 25−20 0 安田学園
       25−9

駿台学園 2 25−19 0 東洋
       25−22
▽3位決定戦
東洋 2 25−17 0 安田学園
     25−22
▽決勝
東亜学園 2 25−21 0 駿台学園
       25−15  



 東亜学園・佐藤俊博監督「(昨年)亡くなった小磯前監督へ恩返しを果たせた。全国大会は16強に進めば力が拮抗しているので、精度を上げたい」

 同・島田雅也主将「打倒駿台学園を目標にしてきたのでうれしい。ペースを乱さず隙のないバレーができた。攻撃、守備とも強化して春高に臨みたい」

 駿台学園・梅川大介監督「みんなで助け合い、よくしのいだが、自分たちのバレーができていない。あと1カ月あるので基礎からしっかり練習する」

 同・田上幹太主将「優勝を目指していたので何ともいえない。(全国大会では)高さを生かし、(準優勝だった)インターハイのリベンジをしたい」

 東洋・赤羽博監督「チームに(3年生で主将の)竹内を春高に連れて行くという気持ちが強かった。トスを磨き全国大会では緻密なバレーをする」

 同・竹内涼主将「うれしい気持ち以外、何も考えられない。チームを心の面で支えて、全国大会でもミスがないようにしたい。ベスト8以上を目指す」



◆女子 
▽準決勝
八王子実践 2 31−29 1 共栄学園
        18−25
        25−23

文京学院大女 2 25−23 1 下北沢成徳
         23−25
         25−22
▽3位決定戦
下北沢成徳 2 25−21 0 共栄学園
        25−23
▽決勝
八王子実践 2 25−22 0 文京学院大女
        25−21



 八王子実践・貫井直輝監督「選手が粘って、昨年出られなかった悔しさを晴らすことができ、本当にうれしい。全国大会はミスの少ない戦いで臨む」

 同・野嶋華澄主将「支えてくれた方々に恩返しができてほっとした。精神面の強化が必要。積極的に声を掛け合って戦意を高め、日本一を目指したい」

 文京学院大女・吉田岳史監督「率直にうれしい。不安はあったが、これでびびらなくなった。選手らはまだ幼いが、もう一つ上を目指して頑張りたい」

 同・北川茉奈主将「短い期間だけどまだ練習できるので、強くなって日本一を目指したい。全国で勝てるように、気持ちの部分を強くしたい」

 下北沢成徳・小川良樹監督「共栄学園戦では得意のブロックが決まり、勝利できた。全国大会までにもっと精神面を鍛え、上位を目指したい」

 同・熊井風音主将「3位はすごく悔しいし、満足していない。(今年1月の全国大会は)ベスト8で終わったので、次こそ決勝に進んで勝ちたい」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック