2015年09月26日

天才ムエタイ少女「伊藤紗弥さん(八王子拓真高校2年生、16歳)」が9月27日、女子ムエタイの世界タイトル戦に挑む

 「尚武会」に通う天才ムエタイ少女「伊藤紗弥さん(八王子拓真高校2年生、16歳)」が、2015年9月27日ディファ有明(江東区有明)で女子ムエタイ世界タイトル戦に挑みます😃

 伊藤さんは200試合以上を戦い、ジュニアタイトルを多数獲得。「天才ムエタイ少女」と紹介され、女子格闘技界では広く知られており、中学卒業後にプロ選手となって以降は9勝2敗1引き分けの好成績で、WPMF(世界プロムエタイ連盟)の女子ピン級日本王座を持つ。

 ぜひ伊藤紗弥さんが、世界タイトルを獲得できるよう、皆さん応援しましょう😃

尚武会 http://shobukaigym.com/index.html
ディファ有明 http://www.differ.co.jp/index.html

【記事】
天才ムエタイ少女、世界戦へ 「リングの上が居場所」
(2015年9月24日 朝日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150924-00000017-asahi-soci

ジムで練習をこなす伊藤紗弥さん=八王子市横山町
天才ムエタイ少女 伊藤紗弥.jpg

 「リングの上が私の居場所」。八王子拓真高校2年生・伊藤紗弥さん(16)が、27日に女子ムエタイの世界タイトル戦に挑む。

 伊藤さんは200試合以上を戦い、ジュニアタイトルを多数獲得。「天才ムエタイ少女」と紹介され、女子格闘技界では広く知られている。中学卒業後にプロ選手となって以降は9勝2敗1引き分けの好成績で、WPMF(世界プロムエタイ連盟)の女子ピン級日本王座を持つ。

 兄の影響で、4歳から東京都八王子市にある総合格闘技ジム「尚武会」に通う。「ひじ、ひざを使った打撃もありで立ち技最強だと思った」と、ムエタイの強さにひかれた。

 同世代の女性にムエタイ選手はほとんどいない。子どものころは男子、現在は20〜30代の女性が主な対戦相手だ。ムエタイの本場のタイにも遠征。尚武会代表の今井勝義さん(53)は「気持ちが強い。格上の相手でも負けたら悔し泣きする。経験を重ねてどんどん強くなった」と言う。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック