2015年09月17日

八王子市が、中町(花街地区)の2つの市道「一番通り」「二番通り」を石畳風に改修。2016年1月完成へ

 八王子市が、中町花街地区)の2つの市道石畳風に改修しますわーい(嬉しい顔) 完成は2016年1月

 八王子市中町は、多摩地区にある唯一の花街で、これまでも景観整備が進められてきましたが、今回の新たな景観整備の対象は、花街地区内の南北を並行して走る「一番通り」と「二番通り」。

 いずれも延長約130b、幅員約2.5b〜4bの市道で、これを天然石を並べたような石畳風デザインに整備します。

 花街地区・八王子芸者は、八王子の観光業にとっても大切な資源。市全体で、伝統が消えないように支援していきたいですねわーい(嬉しい顔)

中町商店会公式ウェブサイト http://802nakacho.jp/
置屋 ゆき乃恵 http://www.aoiro.gr.jp/yukinoe/okiya/index.htm
八王子発ドラマ「東京ウエストサイド物語」http://www.nhk.or.jp/shutoken/hachidra/

【記事】
花街の通り、石畳風に 八王子市が整備に着手、来年完成
(2015年9月9日 日本経済新聞)

八王子花街.jpg

 東京都八王子市は中町の花街地区の道路景観整備事業を拡大する。地区内を東西に横断する「中通り」=写真=などを石畳舗装にしたのに続き、新たに南北を結ぶ2つの市道を石畳風に改修する。このほど工事に着手、2016年1月の完成を目指す。

 市の貴重な文化遺産である花街の景観を改善することで、観光客らの増加につなげる。

 新たな景観整備の対象は花街地区内の南北を並行して走る「一番通り」と「二番通り」。いずれも延長約130b、幅員約2.5b〜4bの市道で、これを天然石を並べたような石畳風デザインに整備する。工事費は4200万円。

 花街地区の景観整備は09年度に江戸・東京の街並み情緒の再生を目指した東京都の補助金を活用し、北側入り口にある私道の「黒塀通り」を対象に石畳舗装や外壁の黒塀風塗装、行灯(あんどん)風の街路灯を設置したのが始まり。10年度には市が「中通り」を石畳に改修した。

 地元住民らも「中町地区まちづくり協議会」を設立。黒塀の清掃やマップ作成などに取り組み、最近では空き地を利用してミニ休憩スペースを整備した。
posted by 銀河流星 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック