2015年08月19日

八王子市在住の八木智哉投手(中日ドラゴンズ)が、8月18日の広島戦で今季3勝目

 八王子市在住の八木智哉やぎ ともや)投手(中日ドラゴンズ)が、2015年8月18日の広島戦で、今季3勝目をあげましたわーい(嬉しい顔)

 八木智哉投手は、八王子市にある創価大学出身。山梨県にある日本航空高校のときに甲子園にも出場しています。奥さんは、もともと八王子の方で、八王子で出会ったそうですね。

 同じ八王子市民、今後とも大いに活躍を期待したいですexclamation×2

中日ドラゴンズ公式サイト http://www.dragons.jp/
八木智哉投手(右)
八木智哉投手.jpg

【記事】
【中日】“鯉だけキラー”八木、また黒田に投げ勝った
(2015年8月19日 スポーツ報知)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150818-00000277-sph-base

◆中日3─1広島(18日・ナゴヤドーム)

 年俸1200万円のトライアウト男が、バリバリの元メジャーに投げ勝った。後半戦初となる3連勝の瞬間を、ベンチで見届けた八木。田島から受け取った記念球は尻のポケットにねじ込んだ。「相手が黒田さんなんで2点以上取られるとキツくなると思って、丁寧に投げました」。お立ち台で、いかつい顔をほころばせながら、目線は妻と5人の子供が声援を送る客席を追いかけていた。

 夏休みとあって、1週間ほど前に家族が東京・八王子市の自宅から単身赴任先の名古屋へ遊びに来た。長男・有将くん(8)とキャッチボールするなど、つかの間の家族サービスに努めた。2年間を過ごしたオリックスを解雇された昨オフ、長男に「(12年まで在籍した)日本ハムとオリックスのどっちが好き?」と聞いたところ、「日本ハム。オリックスは新しい人が入ってきたらすぐ辞めさせられる」との答えが返ってきたという。「家族は陰で支えてくれる最高のサポーター」と、子だくさんのパパは気合を込めた。

 これで広島戦は3勝1敗、防御率0・60。今季の勝ち星はすべてカープからで、黒田には4月4日に続いて2度も投げ勝った。逆に広島戦以外は0勝4敗、防御率11・34の“鯉だけキラー”だ。谷繁兼任監督も「何でですかね? 分かったら教えてください」と笑顔。八木は「これからも投げさせてもらえるなら、チームがいい流れになるようにしたい」と、このカードを終えてもまだ残り7試合もある広島戦へ目を向けた。(田中 昌宏)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック