2015年05月16日

NHKが、八王子発のドラマ「ウエストサイド東京物語」を制作。今秋の放送へ

 NHKが、八王子発のドラマ「ウエストサイド東京物語」を制作しますわーい(嬉しい顔) 八王子ビッグウエストとも呼ばれていますねわーい(嬉しい顔) 

 ドラマの撮影は「八王子まつり」が行われる7月下旬から8月上旬にかけて行われるようで、「ウエストサイド東京物語」は、今秋の放送になるそうです。

 「東京の西の玄関口・八王子を舞台に、ハートウォーミングなコメディーをお届けする」とのことなので、これは必見ですexclamation×2

 ぜひ八王子の魅力あふれるドラマにしていただきたいですねわーい(嬉しい顔)

NHK: 八王子発ドラマ『ウエストサイド東京物語』(仮)制作開始!
http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/216486.html

【記事】
NHK、八王子を舞台にドラマ制作へ 「地域発」として秋以降に放送
(2015年5月13日 八王子経済新聞)
http://hachioji.keizai.biz/headline/1862/

ドラマは「八王子まつり」が行われる7月下旬から8月上旬にかけて制作
ウエストサイド東京物語.jpg

 NHKは5月12日、今秋の放送を目指して八王子を舞台にしたドラマ「ウエストサイド東京物語」(仮)を制作すると発表した。

 NHKが地域にスポット当てて、その土地を舞台にした物語を展開する「地域発ドラマ」として制作される同作品。同ドラマは各地の放送局が地域の伝統や文化、暮らしなどを織り込んでヒューマンドラマを制作するもので、昨年は、広島発の「戦艦ヤマトのカレイライス」や京都発の「鵜飼いに恋した夏」、高松発の「さぬきうどん融資課」、秋田発の「ザ・ラスト・ショット」の4本が制作・放送された。今回の「ウエストサイド東京物語」(仮)は、東京発のドラマとしては第1弾となる。

 どの企業からも内定をもらえない就職活動中の主人公・高山峰子と、その母・晴江ら高山家をメーンとしたストーリー。突然、主婦卒業を宣言し、「昔から憧れていた芸者になる」と唄や踊り、三味線などの稽古を母が始めるところから物語は動き出す。芸者としてのお披露目は毎夏の「八王子まつり」。浮かれて見える春江がどうしても許せない峰子はなんとか阻止しようとたくらむが、果たして初披露がうまくいくのか、そして、芸者になると言い出した春江の真の狙いは何かを描く。

 原作は昨年、NHK総合で放送されたドラマ「お葬式で会いましょう」や独立UHF局で放送されたドラマ「ねこタクシー」などで脚本を手掛けた池谷雅夫さんが担当。実際に「八王子まつり」が開催される今年7月下旬から8月上旬かけて制作する予定で、市内でのロケも行う。出演者はあらためて発表するという。「このドラマを見れば、あなたもきっと八王子に行きたくなる」とした上で、「東京の西の玄関口・八王子を舞台に、ハートウォーミングなコメディーをお届けする」とNHKの広報担当者。

 ドラマは今秋以降、BSプレミアムで放送予定。なお、今年の「八王子まつり」は8月7日〜9日の日程で開催される。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック