2015年04月09日

タイ仏教寺院「ワッパープッタランシー」(宮下町)で4月9日、火災発生。本堂や寄宿舎などが全焼。早期の復旧を祈願

 東京都でも数少ないタイ仏教寺院八王子市宮下町にあるのですが、そのタイ仏教寺院「ワッパープッタランシー」で2015年4月9日、火災が発生し本堂や寄宿舎などが全焼。タイ僧侶の1人が肩に軽いやけどを負ったそうです。

 同寺院は、在日タイ人の拠り所の一つで、在日タイ大使館ホームページでも紹介されているタイ仏教寺院。早期の復旧を祈願いたします。

タイ仏教寺院「ワッパープッタランシー」http://www.buddharangsee.com/
タイ仏教寺院「ワッパープッタランシー」.jpg

【テレビ】
八王子のタイ仏教寺院で火災 僧侶けが
(2015年4月9日 NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150409/k10010043051000.html

 9日昼前、東京・八王子市にあるタイの仏教寺院で、本堂や寄宿舎など合わせて9棟が焼ける火事があり、タイ人の僧侶の男性1人が軽いけがをしました。

 9日午前11時45分ごろ、八王子市宮下町にあるタイの仏教寺院「ワッパープッタランシー寺院」から火が出ていると消防に通報がありました。

 東京消防庁からポンプ車など27台が出動して消火に当たった結果、火はおよそ1時間半後に消し止められましたが、本堂や寄宿舎など6棟が全焼したほか、倉庫など3棟がそれぞれ一部焼け、合わせて9棟、およそ320平方メートルが焼けました。

 警視庁と東京消防庁によりますと、この火事で、タイ人の50代の僧侶の男性1人が肩に軽いやけどをして手当てを受けたということです。警視庁のこれまでの調べで、出火当時、寺院にはやけどをした僧侶など2人がいて、「寄宿舎内から煙が上がっていた」と話しているということです。警視庁などが火事の詳しい原因を調べています。

 現場は、JR五日市線の東秋留駅からおよそ2キロ離れた大学や住宅などが立ち並ぶところです。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック