2015年01月11日

八王子市など3カ所で、東京都が2月2日から無料講座、2020年東京五輪の「外国人おもてなし語学ボランティア」を育成

 八王子市など3カ所で、東京都が2015年2月2日から無料講座、2020年東京五輪の「外国人おもてなし語学ボランティア」を育成するそうです。

 一般向けで、中学レベルの語学力でコミュニケーションをする方法を学べる実践的な内容。参加者を募集中です。

 これは良い企画ですね。私も応募したいわーい(嬉しい顔)

募集要項はこちら。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/BOSHU/2015/01/DATA/22p19100.pdf

 ブログでも紹介しましたが、八王子市は、2020年東京オリンピックの自転車競技の誘致を表明しています。
八王子市が2020年東京オリンピックの自転車競技「マウンテンバイク(MTB)」と「BMX」の誘致を表明、大会組織委員会に要望書を提出
http://welovehachioji.seesaa.net/article/411302272.html

 ぜひ実現し、「外国人おもてなし語学ボランティア」も活躍できるといいですねわーい(嬉しい顔)

【記事@】
東京五輪へ語学ボランティア育成 都、一般向け無料講座
(2015年1月10日 産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150110-00000003-san-l13

 2020年東京五輪に向け、外国人に道案内などができる「外国人おもてなし語学ボランティア」を育てようと、都は9日、来月2日から、一般向けの無料講座を試験的に始めると発表した。中学レベルの語学力でコミュニケーションをする方法を学べる実践的な内容で、参加者を募集している。都は五輪までに、同ボランティアを3万5千人に増やす計画。今回の定員は計60人だが、平成27年度から講座を都内全域に拡大し、同年度中に3千人を育成したい考えだ。

 今回実施するのは、六本木や高尾山など、外国人の集まる観光スポットを抱える港区、八王子市、小金井市の3会場で、計5日間。修了後はボランティア登録し、イベント参加の告知などを送る予定という。募集要項などは、ホームページ(http://www.omotenashi−gogaku.tokyo)からダウンロードできる。

【記事A】
東京五輪に向けた「外国人おもてなし語学ボランティア」を募集 /東京
(2015年1月10日 THE PAGE)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150110-00000002-wordleaf-l13

 東京都では、2020年東京オリンピックを控え、外国人を「おもてなし」する語学ボランティア育成講座の参加者の募集を1月9日から始めた。参加費は無料。この講座を修了した人は「外国人おもてなし語学ボランティア」第1号として活動できる。募集締め切りは1月20日。

 今回の講座は、平成27年度からの本格的な事業実施に先駆けた、トライアル講座。講座の内容は、(1) おもてなし講座(4時間×1回)と(2) 語学講座(英語)(2時間×4回)。

 実施会場は、八王子市学園都市センター第1・5セミナー室(JR八王子駅北口・京王八王子駅徒歩5分)と、東小金井駅開設記念会館1階ギャラリー(JR東小金井駅徒歩5分)、国際交流スペース集会室1(地下鉄銀座線、半蔵門線、大江戸線青山一丁目駅徒歩5分)の3会場。

 募集人数は、各会場20人程度。応募者多数の場合は抽選を行う。

 募集は1月9日(金)から20日(火)まで(郵送の場合は必着)。申込方法は、下記の申込書(PDF形式:64KB)に必要事項を記載の上、郵送、ファクス又はメールで「外国人おもてなし語学ボランティア」トライアル講座事務局へ送付すること。

http://www.metro.tokyo.jp/INET/BOSHU/2015/01/DATA/22p19102.pdf

募集要項はこちら。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/BOSHU/2015/01/DATA/22p19100.pdf
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック