2014年07月19日

セブン―イレブン記念財団が2015年4月、川町に「高尾の森自然学校(仮称)」を開校。管理施設や散策路などを整備

 先日、ブログで【川町の都有地(約27ha)に都とセブン‐イレブン記念財団が、自然環境保全・体験学習の活動拠点施設を整備。2014年7月着手】を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/399835563.html

 続報です。セブン―イレブン記念財団2015年4月八王子市川町の都有地に「高尾の森自然学校(仮称)」を開校しますわーい(嬉しい顔) 都は基本方針を策定して上下水道などの基盤を整備、セブン―イレブン記念財団が管理施設や散策路などを整備します。

 民間の力を利用したこの手法はとても良いですわーい(嬉しい顔) ぜひ八王子市所有の土地で遊休地となっている場所があれば、同様の手法で活用したらどうでしょうか。市の財政負担ありませんし、社会貢献に積極的な企業へのスキームづくりにもなります。

 「高尾の森自然学校」開校で、高尾山周辺の観光資源がまた一つ増えることになります。都民に親しまれ多くの方が利用できる施設となれば良いですねわーい(嬉しい顔)

【記事】
セブン財団、八王子に自然学校 森林保全など体験
(2014年7月19日 日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO74455620Y4A710C1L83000/

 セブン―イレブン記念財団(東京・千代田)は2015年4月をメドに東京都八王子市にある都有地に自然学校を開く。週末に親子で希少種の観察や森林保全ボランティアなどに参加してもらい、環境体験学習に役立てるほか、自然環境の維持につなげる。

 開校する「高尾の森自然学校(仮称)」は東京都八王子市川町で、高尾駅から北にバスで15分の場所にある。都有地である約27ヘクタールの樹林地を無償で借り受け、地元関係者の意見を踏まえながら管理施設や散策路などの整備を進める。

 樹林地にはカワセミやホトトギス、ゲンジボタルなどの希少種が生息するという。週末に希少種の観察会や間伐材の炭焼きなどの体験プログラムを有料で提供する。間伐や下草刈りといったボランティア活動にも参加できる。入場は無料で散策を自由に楽しめるが、安全面を考慮して昼間のみ開放する。

 東京都と自然環境保全・環境体験学習事業に関する協定を結んだ。都は基本方針を策定して上下水道などの基盤を整備する。都民に親しまれる自然学校にすることで手つかずの森林を適切に管理できるようにする。セブン財団の運営費は年間3千万円を見込む。

 セブン―イレブン記念財団は10年設立でセブン―イレブン・ジャパン本部と加盟店が一体運営している。加盟店舗で消費者が寄せた募金や本部からの寄付金を事業資金としている。

※続報ブログ
約27haの広大な都有地に、環境体験学習施設「高尾の森自然学校」が、4月10日に開校
http://welovehachioji.seesaa.net/article/417135112.html
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 八王子ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このセブン・アイの行動、理解に苦しみますね環境保全はイオンの専売特許だし、加えてセブン・アイと行政は相性が悪い筈(ヨーカドー出店時に売場面積を三分の二にカット、八王子駅南口再開発に手を上げたのに門前払い、JR再開発でそごうは勧奨退店)高尾で噂される大和ハウスの商業施設とのシナジー効果を狙ってヨーカドー八王子店をセブン・アイ新戦略のグランツリーにレベルアップしてイオンに対抗?する予兆かな。更に謎は高尾駅大改造!行政、JR、京王、余程のインセンティブが無ければギャンブルはしないよね。そこで駅改造図を確認するとJR駅舎と平行に京王ストアの後方を貫く協定通路が東方向に。これは大和ハウスの商業施設へのショートカット?推論すると大和ハウスはJR、京王と競合しない施設を作るのか?ズバリそれはアウトレットモール、大和ハウスは沖縄でアウトレット展開済みで、高尾はアウトレット出店の条件(観光地、高速道路、郊外の鉄道駅、丘陵地帯,用地面積)を全て満たしているからね。最後に大和ハウスのテナントはヒューゴ・ボス、アルマーニ、フェンデイ、等々で羊頭狗肉の三井アウトレットと違い期待は大きい。全て状況証拠とプロファイリング?
Posted by into the woods at 2014年07月22日 14:48
into the woods さま

コメントありがとうございます。

>高尾はアウトレット出店の条件(観光地、高速道路、郊外の鉄道駅、丘陵地帯,用地面積)を全て満たしているからね

高尾にアウトレットですか!!
実は私も高尾にアウトレットができるといいなと思っていたんです。
せっかく人気の高尾山観光客の消費を八王子市内にほとんど取り込めてないからです。

八王子市南部の南大沢のアウトレットとも重複しないので理想的な立地だと思います。

高尾山には来年、高尾山温泉、TAKAOミュージアムの開業など観光地としての魅力が高まります。
アウトレットができると高尾山周辺で1日遊べるようになるでしょう。

ぜひぜひ大和ハウスに実現してほしいですね。
Posted by 銀河流星 at 2014年07月22日 20:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック