2014年07月09日

JR東日本の「(仮称)八王子新総合現業事務所」(八王子市旭町)の起工式が、7月2日開催。2015年11月竣工へ

 以前、ブログで【JR東日本八王子支社が、八王子駅南口に8階建ての「(仮称)八王子新総合現業事務所」を2014年5月着工】をお伝えしました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/382632411.html

 そのJR東日本の(仮称)八王子新総合現業事務所新築工事の起工式が、2014年7月2日開催されました😃 2015年11月竣工予定です。

 ターミナル駅の八王子駅周辺は、ますます大きく変わっていきますね😃

工事が進む八王子新総合現業事務所(撮影:銀河流星)2015/3/16追記
八王子新総合現業事務所.jpg

【記事】
JR東日本/八王子新総合現業事務所新築が起工/15年11月竣工へ
(2014年7月3日 日刊建設工業新聞)
https://www.decn.co.jp/onlineservice/News/detail/201407030404

八王子新総合現業事務所.bmp

 JR東日本は、東京都八王子市で「(仮称)八王子新総合現業事務所新築工事」=完成イメージ=に着手した。2日に現地で起工式を開いた。設計はジェイアール東日本建築設計事務所、監理はJR東日本の八王子建築技術センターと八王子機械技術センター、施工は東鉄工業が担当。15年11月の竣工を目指す。

 神事では、ジェイアール東日本建築設計事務所の前田厚雄社長が苅初、JR東日本の佐藤裕八王子支社長が鍬入、東鉄工業の小倉雅彦社長が鋤入の儀をそれぞれ行い、工事の安全を祈願した。

 神事後の直会で佐藤支社長は「最近増えている女性職員に配慮した設備を導入する。新事務所は業務の品質を高めてくれるだろう」とあいさつ。小倉社長は「当社の実績とノウハウを活用し、高品質の建物に仕上げたい」と述べた。

 建設地は八王子市旭町1の8(敷地面積5293平方メートル)。建物はS造8階建て延べ1万1086平方メートルの規模となる。吹き抜けを利用し、天井から光を取り入れるデザインを採用。屋上緑化や防災用備蓄倉庫なども整備する。

 □近藤稔現場所長(東鉄工業)の話□

 「資材搬入の際に車両が通る住宅街に配慮した施工を進めたい。建設地の北側を通る線路に資材やごみなどが落ちないように監視員も配置する予定だ」。

【記事A】
工事名称 (仮称)JR東日本八王子新総合現業事務所新築工事(2015/7/25追記)
(2015年7月25日 東鉄工業)
http://www.totetsu.co.jp/topics/1835_20140725_1juchuu.pdf#search='%E5%85%AB%E7%8E%8B%E5%AD%90%E6%96%B0%E7%B7%8F%E5%90%88%E7%8F%BE%E6%A5%AD%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%89%80'

工事概要:本工事は、JR東日本八王子支社管内の保線・土木・建築・機械・電力・信号通信などの各技術センターが入る事務所の新築工事です。隣接するJR八王子支社の2階部分と新事務所3階部分が連絡通路で接続され、フロア中央には吹き抜けを設け、自然光を取り入れるほか屋上緑化にも取り組むなど、環境にも配慮した設計となっています。(WTO政府調達協定対象工事の一般競争入札による受注)
発注者:東日本旅客鉄道株式会社 八王子支社
工事内容:事務所新築 鉄骨造 8階建 延床面積11,086u
施工:東鉄工業株式会社 八王子支店


※続報ブログ
【JR東日本八王子総合事務所が完成。4月28日に開所式が行われる】
http://welovehachioji.seesaa.net/article/437789583.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック