2014年06月21日

武蔵陵墓地(長房町)で、天皇・皇后両陛下のご陵の工事始まる

 武蔵陵墓地八王子市長房町)で、天皇皇后両陛下のご陵の工事が始まりました。造成工事の前に大規模な地盤改良工事が必要だそうです。同地は、自然に恵まれパワースポットとしても紹介されています。

 宮内庁によると、工事区域は大正天皇陵(多摩陵)の南西の約5350平方メートルで、両陛下のご陵はこの区域のすぐ北側に造成される予定。今回の工事により将来、鳥居が建てられる一般拝所や参道なども整備されます。

 歴代の天皇皇后両陛下が眠ることになる八王子は、全国でも特別な地となっていくのでしょうね。

関連ブログ:http://welovehachioji.seesaa.net/article/267078993.html

【記事】
武蔵陵墓地:大規模な地盤改良工事始まる
(2014年6月14日 毎日新聞)
http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20140614k0000e040223000c.html

(左から)工事が進むご陵予定地の一部、大正天皇陵、貞明皇后陵=東京都八王子市で2014年6月9日、本社ヘリから小関勉撮影
武蔵陵墓地.bmp

 天皇、皇后両陛下のご陵の造成が予定されている武蔵陵墓地(東京都八王子市)で、大規模な地盤改良工事が本格的に始まった。予定地の周辺が湿地帯のためで、重機で斜面を切り崩して平地にし、地面に約660カ所の穴を開けてセメントを流し込んで、土と混ぜ合わせるなどして地盤を固める。工事は来年2月までで地下調整池や防火水槽も設ける。

 宮内庁によると、工事区域は大正天皇陵(多摩陵)の南西の約5350平方メートル。滝のように水が流れている部分もあり、豪雨の場合は斜面が崩壊して大正天皇陵などに被害が及ぶ恐れがあるという。

 両陛下のご陵はこの区域のすぐ北側に造成される予定で、今回の工事により、将来鳥居が建てられる一般拝所や参道なども整備される。ご陵は、両陛下の意向で「寄り添い、不離一体の形」となる計画。【真鍋光之】
posted by 銀河流星 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック