2014年05月10日

高尾山の動植物を紹介する高尾の里拠点施設「TAKAO 599 MUSEUM」が2015年夏オープン

 先日ブログで【高尾山口駅前、温泉が湧き出て「京王高尾山温泉」と命名。八王子市が駅前広場など周辺整備も】を紹介しましたわーい(嬉しい顔)
http://welovehachioji.seesaa.net/article/396100794.html

 京王高尾山温泉2015年春開業ですが、同年夏には八王子市が高尾山の動植物を紹介する「高尾の里拠点施設」も開設します。施設の名称は「TAKAO 599 MUSEUM」になるそうです。

 高尾山は国際観光地としてますます人気が出そうですねわーい(嬉しい顔)

高尾山マガジン(2013/03/14)「TAKAO 599 MUSEUM」
http://mttakaomagazine.com/archives/1697
TAKAO 599 MUSEUM1.jpg
TAKAO 599 MUSEUM2.jpg
TAKAO 599 MUSEUM3.jpg
TAKAO 599 MUSEUM4.jpg
TAKAO 599 MUSEUM5.jpg
TAKAO 599 MUSEUM6.jpg
TAKAO 599 MUSEUM7.jpg
TAKAO 599 MUSEUM8.jpg

【記事@】
高尾山に日帰り温浴施設 東京
(2014年5月5日 産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/140505/tky14050520560004-n1.htm

 東京都八王子市と京王電鉄は同市最大の観光資源である「高尾山」の魅力向上に取り組む。来年春をめどに京王線高尾山口駅前に日帰り温浴施設を開業し、同駅舎を全面リニューアル、駅舎内に観光案内所を設けるなどして、「高尾山周辺の魅力がさらに向上し、より多くの方々の来訪や満足度につながるものと期待している」(石森孝志市長)。

 日帰り温浴施設は鉄骨造2階建て・延べ床面積約1800平方メートルで、食事処、リラクセーションコーナーなどを設ける。泉質はぬるっとしたアルカリ性単純温泉で、高尾山の登山客や周辺住民ら年間40万人の利用を見込んでいる。

 高尾山口駅舎リニューアルは、「高尾山の玄関口としてふさわしい、わくわくする雰囲気を持った駅舎」とするため、日本を代表する建築家の隈研吾氏がデザインを担当する。

 両事業には京王電鉄がそれぞれ12億円、7億円を投じる。

 これに合わせて八王子市は新駅舎に観光案内所を移設し、駅前広場の整備や国道20号と駅前広場を結ぶ西氷川橋の補強、修景工事を実施する。また、高尾山の動植物を紹介する「高尾の里拠点施設」も平成27年夏までに開設する。

 日帰り温浴施設は当初、今年夏の開業を見込んで準備を進めていたが、温泉掘削に予定より時間がかかり、計画が遅れていた。

【記事A】
薬王院イメージ、巨大な軒 高尾山口駅、来春に新装
(2014年5月9日 東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014050902000116.html

 東京・高尾山の玄関口となっている、京王線高尾山口駅(八王子市)近くで、温泉の湧出が確認された。京王電鉄は来春、同駅舎の新装に合わせて、駅前広場に日帰り温泉施設を新設する。八王子市によると、地元で湧き出た温泉を使った公衆浴場は高尾山周辺では初めて。

 京王電鉄が同駅西側の隣接地の掘削を進めた結果、三月末に水温二六・二度のアルカリ性単純温泉の湧出を確認。ここに和風の外観の二階建て、延べ床面積千八百平方メートルの温泉施設をつくる。年間利用客を四十万人と見込む。

 駅舎は、新しい歌舞伎座(中央区)などを手掛けた建築家の隈研吾氏が設計。駅東側の入り口には、高尾山薬王院をイメージした巨大な軒を設置する。駅前広場は、現在の二倍の二千百平方メートルに拡張する。京王電鉄は「観光地らしく、わくわくする雰囲気で、印象に残る駅舎」としている。温泉施設を含む整備費は約二十億円。

 これに合わせて八王子市は、駅外の観光案内所を駅舎内に移し、外国語に対応するなど案内機能を強化。駅前広場から国道20号につながる「西氷川橋」を、駅舎と一体感のある外観とする。総事業費は約五千万円。

 高尾山は二〇〇七年にミシュランガイドで三つ星評価を受けて以来、登山客や観光客が増加。一三年度の高尾山口駅の一日平均乗降客数は一万三百九十一人で、〇六年から四割増えた。(村松権主麿)
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニューオープン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック