2014年04月29日

高尾山口駅改装、駅前の日帰り温泉「極楽湯」は2015年春開業予定。京王電鉄が総額20億円を投資

 以前、【京王電鉄が高尾山口駅すぐの立地に日帰り温浴施設「極楽湯」を建設。2014年夏オープン!】を紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/302180734.html
極楽湯.jpg

 続報です。日帰り温浴施設「極楽湯」のオープンは、2015年春に延期されました。待ち遠しいですねわーい(嬉しい顔)

 新情報として、極楽湯ばかりでなく、高尾山口駅京王電鉄が総額20億円を投資して改装します。駅ビルなどもできるのでしょうかわーい(嬉しい顔) 一緒にホテルもつくってほしいですね。登山で疲れた体で温泉に入り直ぐにホテルで熟睡。最高ですわーい(嬉しい顔)

 また八王子市が運営する訪日外国人にも対応する観光案内所も設置されるそうですわーい(嬉しい顔) 今まで観光案内所がなかったのが不思議ですね。

【記事】
京王、高尾山の「玄関口」改装 日帰り温泉も建設
(2014年4月29日 日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO70550800Z20C14A4TI0000/

 京王電鉄は、高尾山登山の玄関口となる高尾山口駅(東京都八王子市)に重点投資する。総額20億円を投じ、駅舎を改装し、日帰り温泉も建設する。いずれも開業は2015年春の予定。東京都心から近い高尾山は気軽に自然が楽しめることもあり、登山客は年間300万人にのぼる。駅周辺の施設を充実させて利用者をさらに増やす。

 新しい駅舎は建築家の隈研吾さんが設計した。木目を生かしたデザインに改装する。八王子市が運営する訪日外国人にも対応する観光案内所を設置。登山客が利用しやすいよう、歩行者用にゆとりのある広場も設ける。

 駅の近くに日帰り温泉もつくる。2階建ての和風建築で延べ床面積は約1800平方メートル。天然の温泉が楽しめるだけでなく、食事やマッサージコーナーなども設ける。年間40万人の利用を見込んでいる。

 高尾山口駅の1日の平均乗降客は13年度で1万391人。登山ブームもあり、06年度と比べると4割増えている。

 少子高齢化で沿線の利用客の減少が見込まれるなか、京王電鉄は高尾山の魅力を高めて観光客の需要を取り込む。

※続報ブログ http://welovehachioji.seesaa.net/article/396100794.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック