2014年04月27日

コニカミノルタの研究開発施設「SKT」(八王子市石川町)が、2014年4月竣工。研究員約1,500人を集約

 このブログで以前【コニカミノルタが、八王子市石川町に新棟(地上7階、延べ床面積約4万1,008u)を建設。2013年4月着工、2014年4月完成】をお伝えしました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/322236260.html

 予定通り、コニカミノルタの研究開発施設「SKT」(八王子市石川町)が2014年4月竣工し、グランドオープン式典には石森孝志八王子市長も出席したそうです。SKTは、同社の研究員約1,500人を集約させ、研究開発の中枢施設となりますわーい(嬉しい顔)

 まるでリゾートホテルを思わせる吹き抜けがあり、快適に研究も進みそうですねわーい(嬉しい顔)

 ところで先日、日清食品の研究施設「the WAVE」(八王子市戸吹町)が、2014年3月5日オープンしたことを紹介しました。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/390928444.html

 八王子国道16号20号、高速道路の中央道圏央道が交差する交通の節点として飛躍的に地域の要衝としての地位を高めており、先端技術企業、物流企業、研究機関などが集積しつつあります。今後も企業の進出が進みそうですね。

 コニカミノルタ八王子に事業所、研究機関まで置いたのですから、本社自体も八王子に引っ越してきてはどうでしょうかわーい(嬉しい顔)

【記事】
コニカミノルタ:新研究開発施設、八王子にオープン /東京
(2014年4月26日 毎日新聞)
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20140426ddlk13020107000c.html

中央部に大きな吹き抜けを設けて、快適に研究活動ができるように工夫された「SKT」の内部
コニカミノルタ研究開発施設SKT.jpg

 コニカミノルタ(千代田区、山名昌樹(しょうえい)社長)の新しい研究開発施設「SKT」が、八王子市石川町の同社「東京サイト八王子」内に完成し、グランドオープン式典があった。八王子市の石森孝志市長ら約80人が出席した。

 「スマートオフィス」「知的活動」「超越」の英語の頭文字をとってSKTと命名した。鉄骨造り7階建て、延べ床面積は4万281平方メートル。同社の研究開発の中枢施設で、これまで「東京サイト八王子」「東京サイト日野」に分かれていた研究員約1500人を集約させた。

 また、50ある会議室の多くがテレビ会議の設備を備えるなど、海外の研究拠点や大学、他の研究機関との共同作業が可能になった。総事業費は約100億円。

 同社は新興国市場を中心に大きな伸びが予想される「大型デジタル印刷機」をSKTで開発するとしている。山名社長は「この施設で研究開発のスピードアップを図り、コニカミノルタを世界で勝ち抜ける企業にしたい」と語った。【黒川将光】
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック