2014年03月29日

多摩地域外在住者の市町村名称認知度で、八王子市が1位

 都市長会が都内のリサーチ会社に委託した調査で、多摩地域外(23区と山梨、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川県)在住者の多摩地域市町村名称認知度では、八王子市が98・8%で1位となりましたわーい(嬉しい顔)

 八王子の知名度は、関東近県で高いことが今回の調査で裏付けされたましたが、他の地方においても八王子の認知度は高いといわれています。

 その理由としては、全国有数の学園都市であることや、ミシュラン三ツ星の高尾山など有名な観光地を有していること、天気予報に地名が出ること、ご当地ナンバーの八王子ナンバーがあること、八王子出身の有名人が多いこと、天皇陵の武蔵陵墓地があること、八王子駅が大きなターミナル駅であること、八王子城滝山城の城跡があること、桑都と呼ばれ絹織物の産地・集積地であったこと、商都と称されるほどの商業都市であったこと、複数の高速道路のインターチェンジがあることなど様々な理由が考えられます。

 でもよく考えてみると、昔から八王子は名前が知られていました。昔の地図や書物にも八王子が出てくるのは、八王子が長い歴史を持つ拠点都市であることの表れですね。

【記事】
多摩地域の住民9割「定住したい」
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyotama/news/20140327-OYT8T00855.htm
(2014年3月28日 読売新聞)

 摩地域の住民の定住意向は9割を超え、住み心地への満足度が極めて高いことが都市長会の調査で分かった。

 一方、多摩地域という名称について、都区部や近隣県在住者の1割近くが認知していないということも明らかになった。

 調査は昨年9月、関東に5年以上在住の20〜69歳を対象にインターネットを通じて実施。都内のリサーチ会社に委託し、有効回答数は多摩地域内の在住者が4217件、多摩地域外(23区と山梨、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川県)の在住者が5104件。

 それによると、多摩地域のイメージでは、「公園が多く、豊かな自然に恵まれている」が、地域内在住者は80・3%、地域外が67・7%でともに最多。しかし、「全体的によいイメージ」は地域内76・4%、地域外39・4%、「日常の買い物に便利」は地域内61・9%、地域外25・3%と、大きな隔たりがあった。治安の良さや医療施設の充実度なども、地域内が上回った。

 総じて多摩地域への評価は住民ほど高く、それは定住意向の強さにも表れた。地域内在住者のうち、計92・6%が「ずっと」もしくは「当分は」住み続けたいと回答。近隣自治体の市民意識調査では、世田谷区83・3%、相模原市75・1%(ともに2013年度)、川崎市74%、横浜市62・6%(ともに12年度)で、多摩地域が大きく上回っている。

 一方で多摩地域外の在住者で、多摩地域の「名称も場所も」知っていたのは60・2%、「名称は」が31・7%で、「知らない」も8・1%に上った。

 「名称も場所も」「名称は」を合わせた名称認知度を都(23区のみ)県別で比較すると、トップは埼玉県の93・8%で、23区(93・6%)をわずかに上回った。

 最下位は茨城県の88・2%。23区で名称も場所も知っていた20歳代男性は62%、女性は50%に過ぎず、若い世代の認知度が特に低かった。

 地域外在住者の市町村名称認知度では、八王子市が98・8%で1位。以下、三鷹、立川、武蔵野、調布、町田、府中、青梅、多摩、国分寺、国立、小金井市と続き、13位の東村山市(93・1%)まで90%を上回った。

 この調査は、「多摩地域におけるシティプロモーションについて」と題する13年度の政策提言の基礎資料として実施。昨年の国体開催を機にさらなる地域活性化を図る狙いで、研究テーマにした。

 都市長会事務局の小林達哉企画政策室長は、「外から見る以上に、住民は多摩に良いイメージを持っている。暮らしやすさを始め、多種多様な魅力を効果的にPRすべきだ」と話している。
posted by 銀河流星 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック