2014年02月08日

東京工科大学医療保健学部が、2014年4月「臨床検査学科」新設。看護学科の定員も120名に増員へ

 八王子市片倉町にある東京工科大学医療保健学部が、2014年4月「臨床検査学科」を新設。また看護学科の定員も40名増員して120名にしますわーい(嬉しい顔)

 日本は高齢化社会を迎えているので、今後も医療系の学部・学科が増えていくのでしょうね。

 東京工科大学は以前、このブログでも紹介しましたよ。
http://welovehachioji.seesaa.net/article/376618493.html

【記事】
東京工科大学
東京工科大学医療保健学部が2014年4月に「臨床検査学科」を新設――看護学科の定員も120名に増員
(大学プレスセンター 2013年11月20日)
http://www.u-presscenter.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=5942

 東京工科大学(東京都八王子市)は2014年4月、医療保健学部に「臨床検査学科」を新設する(入学定員80名)。また、看護学科の入学定員も80名から120名に増員。最先端の医療施設を備えた環境での学習や病院での臨地実習、特色あるカリキュラムなどを通して、医療現場に必要な幅広い知識や技術、および医療人としての心構えを身につけた人材の育成を目指す。

 東京工科大学医療保健学部では看護学科、臨床工学科、理学療法学科、および作業療法学科の4学科を現在設置。「実学主義」教育を掲げ、チーム医療の一員として活躍できる医療専門職の育成を目的に「コミュニケーション」「コラボレーション」「コンピュータ」に共通する頭文字であるCに因んだ「3Cスキル」を教育の中心に据えている。

 同学部は来春、新たに「臨床検査学科」を開設し、5学科体制とする。養成する臨床検査技師は、血液検査や生化学検査をはじめ、呼吸機能検査、心電図、超音波、脳波検査などの各種検査を行う専門家。病気の診断や治療計画に必要不可欠なデータを提供するため、チーム医療の要ともいえる。
 近年、団塊世代の臨床検査技師が定年となり、新たな人材のニーズが高まっている。また、臨床検査技師はさまざまな検査を行えるため、企業でも活躍できることを鑑み、学科新設の運びとなった。

 また、看護師の資質向上を求める国からの提言、昨今、深刻な問題となっている看護師の人材不足など補う事を目的に、看護学科の入学定員も40名増員。2014年度からは計120名を募集する。

 同大は今後も、医療現場に必要な幅広い知識および技術を備えた高度医療専門職の育成に尽力していく。

 臨床検査学科の情報は下記を参照。
●臨床検査学科HP
 http://www.teu.ac.jp/gakubu/medical/mt/index.html

 また、看護学科の定員増に伴う入試制度の変更は下記を参照。
●2014年度看護学科の入学定員の変更(増員)について
 http://www.teu.ac.jp/information/2013.html?id=316

▼本件に関する問い合わせ先
 東京工科大学 広報課
 〒192-0982 東京都八王子市片倉町1404-1
 TEL: 042-637-2119
 FAX: 042-637-2059
 E-mail. pr(at)so.teu.ac.jp(広報課)
※(at)はアットマークに置き換えてください。
posted by 銀河流星 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 学園都市 「八王子」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック